2014年3月17日月曜日

リカルド、燃料流量規制に違反でレース失格


左がレッドブルのダニエル・リカルド。レッドブルの違反は仕方がないけれど、表彰台後にこういう事があると雰囲気ぶち壊しで興ざめなんだよね。せっかく2位だったのに、サーキットはもとより、現地オーストラリアも大変な盛り上がりを見せていたのに、がっかりだよ。残念。

リカルド失格で2位剥奪。レッドブルはすぐに控訴 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)リカルド失格で2位剥奪。レッドブルはすぐに控訴 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

FIAは、F1開幕戦オーストラリアGPで2位チェッカーを受けたレッドブルのダニエル・リカルドが燃料流量規制に違反していたとして、レース失格の処分を言い渡した。

 2014年のレギュレーションでは、新たにエンジンの最大燃料搭載量が100kgに制限されるとともに、最大流量も毎時100kgまでと定められた。

 しかし、決勝レースを2番グリッドからスタートし、オーストラリア人ドライバーとして初の母国表彰台2位を獲得したダニエル・リカルドのレッドブルRB10は、レース後にスチュワードから燃料流入量100kg/hを“一貫して”超過していたと指摘された。

 数時間にもおよぶ調査の結果、FIAの技術委員会は、リカルドのRB10が燃料流入量100kg/hの規制に違反していたと結論づけ、リカルドの2位を決勝レース結果から除外すると公式に発表した。

 この結果、3位チェッカーを受けたケビン・マグヌッセン以降の順位がひとつづつ繰り上がり、マクラーレンのジェンソン・バトンが3位に昇格。4位フェルナンド・アロンソ、5位バルテッリ・ボッタス、6位ニコ・ヒュルケンベルグ、7位キミ・ライコネン、8位ジャン-エリック・ベルニュ、9位ダニール・クビアトと変わり、11位だったフォース・インディアのセルジオ・ペレスが10位1ポイントを獲得することになった。

 しかしながら、レッドブルはリカルドの失格裁定にすぐさま控訴する意志をFIAに通知。「チームとルノーは、エンジンに供給された燃料がレギュレーションに完全に準拠していたと確信している」と述べている。



人気の投稿(過去7日間)