2014年3月16日日曜日

2014F1オーストラリアGP 決勝レース結果




ロズベルグが独走V。リカルドはマグヌッセン下す - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)ロズベルグが独走V。リカルドはマグヌッセン下す - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

F1開幕戦オーストラリアGPの決勝が16日(現地時間)、メルボルンにあるアルバートパーク・サーキットで行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが通算4回目となるトップチェッカーを受け、2014年の開幕ウイナーに輝いた。ケータハムの小林可夢偉は、0周リタイアで復帰初戦を終えている。

 新しいパワーユニットをはじめとする、大幅なレギュレーション変更により大変革のシーズンを迎えた2014年のF1。オフのテストでも王者レッドブルにトラブルがが相次ぐなど、例年以上に予測困難な状況でシーズンのスタートを迎えた。






スタート直後の第1コーナーの突っ込み


F1第1戦オーストラリアGP、決勝レース結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)F1第1戦オーストラリアGP、決勝レース結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

F1第1戦オーストラリアGP、決勝レース結果



第1コーナーでマッサに追突した後のマシンから脱出の小林

F1開幕戦オーストラリアGP決勝で、ケータハムの小林可夢偉は0周リタイアに終わった。

 14番グリッドから好スタートを決めた可夢偉だったが、1コーナーのブレーキングでタイヤをロック。マシンのコントロールを失うと、前を走るフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)のリヤに激しく追突してランオフエリアに消えた。可夢偉はフェラーリのキミ・ライコネンにも軽く接触している。

 レーススチュワードは可夢偉をレース後に審議することを決定。今年はペナルティポイント制度が導入され、累積12ポイントで次のレースに出走できなくなる。


なんとなくマッサに怒られて恐縮している様に見える小林


小林可夢偉、クラッシュの原因はブレーキトラブルでペナルティ無し 【 F1-Gate.com 】小林可夢偉、クラッシュの原因はブレーキトラブルでペナルティ無し 【 F1-Gate.com 】

小林可夢偉のF1オーストラリアGPの決勝レースでのフェリペ・マッサとのクラッシュの原因がブレーキトラブルであったことが判明。小林可夢偉にペナルティを科せられることはなかった。

小林可夢偉は、F1オーストラリアのスタート直後の1コーナーのブレーキングでタイヤをロックさせてフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)にクラッシュ。両者はその場でリタイアとなり、この事故はレース後の審議にかけられていた。

しかし、レース後の調査の結果、小林可夢偉のマシンのリアブレーキにトラブルがあったことが判明。ドライバー側の責任ではないと判断され、ペナルティが課せられることはなかった。



今日のサーキット美人

人気の投稿(過去7日間)