2020年11月28日土曜日

菅原文太



11月28日は、俳優の菅原文太の命日です。2014年11月28日没。81歳。

菅原 文太(すがわら ぶんた、1933年〈昭和8年〉8月16日 - 2014年〈平成26年〉11月28日)は、日本の俳優、声優、ラジオパーソナリティ・農業従事者である。愛称は文ちゃん・文太兄い。

父は洋画家、詩人の狭間二郎(元新聞記者)。妻は菅原のマネージャーを務めており、長男は菅原加織。他に娘が2人いる。宮城県仙台市出身。

2014年11月13日に定期健診で病院を訪れてそのまま入院、入院中に高倉健(2014年11月10日没)の死去を知り、『健さん、東映、映画のことは時間を置いて自分で(思いを)書きます』と関係者に伝えていたという。しかし11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全により東京都内の病院で永眠。享年82(満81歳没)。晩年は山梨県北杜市に住んでおり、11月30日に福岡県太宰府市の太宰府天満宮祖霊殿で家族葬を行った。12月1日、菅原文太の死去を発表するに際して妻が東映を通じてコメントを発表した。高倉と共に東映任侠映画の二大巨頭として、ブームの立役者であった菅原も高倉の後を追うかのように鬼籍に入った。

引用元:菅原文太 - Wikipedia




エディさん、78年来日時に菅原文太さんと交流 デコトラに大興奮!?― スポニチ Sponichi Annex 芸能



2020年11月27日金曜日

真木ひでと



11月27日は、歌手の真木ひでとの誕生日です。グループサウンズ「オックス」のリードボーカルとして一世を風靡した。

真木 ひでと(まき ひでと、1950年11月27日 - )は、日本の歌手。本名は野内 正行(のうち まさゆき)。GSバンド、「オックス」のヴォーカルを務めた後、演歌を中心とした歌手として活動。福岡県田川市出身

1968年5月に「オックス」のヴォーカルとしてデビュー。芸名は野口英世にあやかって野口ヒデトと名乗る。「ガール・フレンド」「ダンシングセブンティーン」「スワンの涙」「僕は燃えてる」といったTOP10、TOP20ヒットを出した。「ガールフレンド」「スワンの涙」と、もう2曲は筒美京平の作曲だった。デビュー当初は赤松愛の人気が先行したが、2枚目のシングル「ダンシング・セブンティーン」を発売する頃には、人気投票では圧倒的に愛を引き離し、人気の中心は野口ヒデトに移った。GSブーム中期〜後期には、沢田研二・萩原健一・野口ヒデトの3人の対談も、雑誌等で数多く見られるようになった。
1971年5月31日にオックス解散。同年「仮面」でソロデビュー。以降は「他になにがある」「夜空の笛」等のシングルを発表し、本人自作の「笑いを忘れたピエロ」が収録されているアルバム「ひでとからあなたに」をリリースする。
1975年、YTV「全日本歌謡選手権」に引退を覚悟して挑戦、10週を勝ち抜いた。恩師山口洋子の命名により「真木ひでと」に改名し、「夢よもういちど」で演歌歌手として再デビュー。
1979年、8枚目のシングル「雨の東京」をリリース。「雨の東京」はカラオケ・有線で流れ、ロングセラー賞を受賞。
平成に入り「子供の頃からエースで4番」の歌詞で始まる歌「元気の星」が「雨の東京」以来のヒット曲になり、今も読売ジャイアンツの2軍の試合で演奏されている。
2017年、ナンバ一番でプロ歌手としてスタートして50年目。2018年にはオックスでのデビューから50周年を迎えた。

引用元:真木ひでと - Wikipedia







2020年11月26日木曜日

フワちゃん



11月26日は、お笑いタレントでYouTuberであるフワちゃんの誕生日です。

フワちゃん(1993年11月26日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。本名は不破 遥香(ふわ はるか)。 2020年8月現在、事務所には所属しておらずフリーで活動している。

東京都八王子市出身。身長161cm。弟が2人居る。自身の性格についてフワちゃん自ら「マジで真っ当な人気者タイプで、超明るかった」と話している。小学2年生から小学4年生までアメリカ、ロサンゼルスに住んでいた帰国子女。
芸人を始めたきっかけは、学生時代にギャルの友人から芸人になることを勧められたことである。

フワちゃんは自身のことを「賞レースやバラエティからでなく、YouTube発祥の新しいタイプの芸人」としている。どこにも所属せずフリーで活動する理由として「自分はどうせ変なことをやるので、(もし所属していたら所属先から)怒られそうだし、だけど怒られるのは無理だから、それなら自分でやった方がいい」という趣旨の説明をしている。
ヴィヴィッドなカラーのスポーツブラにミニスカート、またはホットパンツという格好で街や海外などに出掛け、出掛け先で一般人から有名YouTuberまで、海外では現地の人に“ダル絡み”するなどの動画活動を展開、アバンティーズ、SUSURU TV、しばなんらのYouTuberと、SunSetTVの企画でははじめしゃちょーともコラボした。帰国子女であることもあって英語が堪能で、英語でコミュニケーションをとることもある。本人自身、海外へ行くことが大好きだと公言している。

引用元:フワちゃん - Wikipedia





2020年11月25日水曜日

Mac Fan 2021年1月号 (11月27日発売) 表紙は女優の馬場ふみか ! 対応iPhone/iPadで使えるお得な「eSIM」付き



Mac Fan 2021年1月号は、11月27日に発売。Cover Model Close Up!には女優の馬場ふみかを起用。特別付録に対応iPhone/iPadで使えるお得な「eSIM」付き。



対応iPhone/iPadで使えるお得な「eSIM」付き

●特別付録 3GBのデータ通信&初期費用が無料! ※1
IIJmio × Mac Fan特別コラボ付録
【お試しeSIMサービス エントリーコード】

●Cover Model Close Up!
【馬場ふみか】

●巻頭特集
“異常“な性能を秘めた独自開発チップで、Macは今、次の時代へ突入する
【M1チップの衝撃】

日本時間11月11日、AppleはMacのために設計したはじめてのチップ「M1」を発表しました。このチップは、これまでAppleが作ってきたチップの中でもっともパワフルであり、CPU性能を最大3.5倍、GPU性能を最大6倍、機械学習を最大15倍高速にします。そして同日、M1チップを搭載したMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniも発表されました。どのモデルも史上最高のチップの恩恵を存分に受け、性能面で劇的な向上を遂げています。これからの2年間で、MacはIntel製のチップからApple Siliconへと完全に移行していくのです。その素晴らしい幕開けを祝いつつ、その驚異の性能を紐解いていきましょう。

●第1特集
全4モデルを実機で徹底比較、あなたに最適の1台がわかる!
【iPadの選び方 まるわかり大全】

現在発売中のiPadシリーズは4モデル、5種類のサイズから選択することができます。iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad miniと、それぞれ毛色の異なるモデルが存在するため、どれを選べばいいのか、いまいちピンとこない人も多いことでしょう。価格だけで選んでしまっては、性能に不満を持つこともありますし、逆に性能を持て余すことだって考えられます。そのため、モデルごとの特徴をしっかり理解して、自分にもっとも合った1台を選ぶのが大切です。本特集では、各モデルの特徴はもちろん、それぞれどんな用途に向いているのか、実機を使って徹底検証しています。“今、iPadが欲しい“あなたは必見!

●第2特集
初心者も、買い替えユーザも必見! 最新ラインアップの正しい選び方を徹底解説
【はじめてのApple Watch 購入の手引き】

「Series 6」「SE」が新たに発売され、ますます充実するApple Watchシリーズ。でも、Apple Watchを選ぶのって、はじめてだと意外と大変ですよね。モデルは何を選べばいいの? バンドの種類は何があるの? ぴったりのサイズを選ぶにはどうすればいいの…?などなど。Appleの公式オンラインストアでサクッと購入したくても、ズラッと並ぶたくさんの情報の中から、ぴったりの1台を選ぶのはひと苦労。そこで本特集では、はじめてApple Watchを買う人、そして久々にApple Watchを買い替える人に役立つ今どきの正しい買い方・選び方を解説します。今すぐ最新Apple Watchのある生活をスタートさせましょう。

●SPECIAL
ケースやアダプタ、ワイヤレスイヤフォンに充電器、そして大注目のスマートスピーカまで!
【新iPhoneにおすすめのアクセサリ】

●MF FOCUS
最新OSの新機能をチェック!
【macOS Big Sur】

●Mac Fan BASIC
初心者でも簡単に楽曲を制作できる!
【「Dropbox」の基本・実践・応用】

●NEWS
・iPhone 12 mini/12 Pro Max試してわかった驚きのポテンシャル
・2020年度最後の決算で見えた、次の「Appleが変える分野」
・複数台持ちで真価が見える!? 「HomePod mini」は絶対買い!
・日本でも始まった「Apple One」条件によっては入らなきゃ損!?
・「Apple Music TV」が米国で開始、“音楽を観る"文化が再びブームに?
・「EL Trackpad」アプリでiPhoneやiPadをトラックパッド化!

※1: SIMカードは入っていません。アンケート回答が必須です。






椎名林檎



11月25日は、歌手・シンガーソングライターの椎名林檎の誕生日です。ロックバンド「東京事変」でも活動する。

椎名 林檎(しいな りんご、1978年11月25日 - )は、日本のシンガーソングライター。有限会社黒猫堂所属。レコードレーベルはEMI Records。2004年からはロックバンド・東京事変のボーカリストとしても活動している。
2009年、平成20年度芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)受賞。2017年12月、東京オリンピックの『4式典総合プランニングチーム』に選出。
夫は映像ディレクターの児玉裕一。実兄はシンガーソングライターの椎名純平。叔父はイラストレーター、ブックデザイナーの辰巳四郎。またその娘であるイラストレーターの藤森玲子とは従姉妹にあたる。

「椎名林檎」という芸名は高校生のとき、「ここでキスして。」「ギブス」「茜さす帰路照らされど…」「虚言症」などの作品を初めてJASRACへ著作者登録をする際に筆名が必要となり、あくまで一時的なつもりで使用したのが始まり。なぜ「林檎」と命名したかについては、自身のバンド活動もドラマーから始まったということもあってビートルズのドラマーだったリンゴ・スターの名前を借用したと語っている。また名前が人の名前とは思えない、物体そのものを表すものだということについては、漫画家の吉田戦車のペンネームからの影響があると語っている。もともとの由来は、子供のころはかなりの恥ずかしがり屋で、学校で先生に指されるとすぐほっぺたが真っ赤になってしまっていたから。

引用元:椎名林檎 - Wikipedia





人気の投稿(過去7日間)