2022年1月31日月曜日

石野真子



1月31日は、女優・歌手の石野真子の誕生日です。

石野 真子 (いしの まこ、1961年1月31日 - ) は、日本の女優、歌手。別名、石野 眞子。

兵庫県生まれ。フロム・ファーストプロダクション所属。日本テレビ『スター誕生!』出身。第20回日本レコード大賞新人賞受賞、NHK紅白歌合戦出場歴2回。実妹に女優のいしのようこ (旧表記・石野陽子)と宝乃純。

1977年1月26日、『スター誕生!』の予備審査と予選会を勝ち進み、本選の大阪大会(豊中市民会館、テレビ放送日1977年2月13日)に出場。ダニエル・ビダルの『天使のらくがき』を歌った。3月23日、『スター誕生!』第20回決戦大会に出場(会場:東京・後楽園ホール、放送日: 1977年4月3日)。再びダニエル・ビダルの『天使のらくがき』を歌う。「11番、石野真子、一所懸命頑張りました、どうぞよろしくお願いします!」と挨拶した石野に対し、スカウト意向の芸能事務所プラカードが16社挙がる。スカウト希望した事務所には、ビクター音楽産業、バーニングプロダクション、田辺エージェンシー、第一プロダクション、キングレコード、徳間音楽工業、ワーナーパイオニア、日本コロムビア、長良音楽事務所(名称は放送当時)などがあった。尚、同決戦大会の合格者には石野の他、翌1978年の同期歌手デビューの渋谷哲平がいた。

1978年3月25日、デビュー・シングル「狼なんか怖くない」(作詞: 阿久悠/作曲: 吉田拓郎/ジャケット撮影: 篠山紀信)がビクターから発売。12月31日、『失恋記念日』が第20回日本レコード大賞新人賞を受賞。

1981年6月、シンガーソングライター・フォーク(当時)歌手の長渕剛と婚約・結婚を前提に交際宣言を発表。その際石野は同年8月末をもって、歌手活動を含めた芸能界からの引退を表明する。

1983年5月、離婚と同時に芸能界へ復帰の記者会見を開き、本格的な芸能活動の再開を発表する。主に女優として活動し、所属事務所はデビュー時のバーニングプロダクションと同じグループ会社のフロム・ファーストプロダクションへ移籍。

1990年、舞台共演がきっかけで親しくなった広岡瞬と2度目の結婚をしたものの1996年に離婚(石野にとって2度目の結婚と離婚)。

2003年後半以降、16年ぶりに歌手活動を本格的に再始動。2004年、テレビ朝日系列の子供番組『特捜戦隊デカレンジャー』に、白鳥スワン役でレギュラー出演。

アイドル歌手“石野真子”がデビューした時のキャッチフレーズは「百万ドルの微笑」で、トレードマークはタレ目と見事な2本の八重歯だった。八重歯タレントの多くは歯列矯正して八重歯を卒業してしまうケースが多く、石野も例外ではない。トレードマークだった2本の八重歯は1985年に矯正、美しい歯並びに直した。

引用元:石野真子 - Wikipedia





2022年1月30日日曜日

清原果耶



1月30日は、女優・ファッションモデルの清原果耶の誕生日です。

清原 果耶(きよはら かや、2002年〈平成14年〉1月30日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。本名同じ。
大阪府大阪市出身。アミューズ所属。「アミューズオーディションフェス2014」グランプリ。ファッション雑誌『Seventeen』元専属モデル。所属レーベルはColourful Records。
「第34回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」で初の10代及び史上最年少19歳での助演女優賞の受賞者といった記録を残した。

家族そろってPerfumeのファンで、Perfumeに憧れて幼少期より歌とダンスのスクールに通う。小学1年生からクラシックバレエを習い、小学5年生から中学1年生までは兵庫県西宮市に本拠地を置く劇団「Youth Theatre Japan (YTJ)」 に通ってダンス・歌・ミュージカル・バレエを習っていた。

2014年、12歳(中学1年生)のとき、母がPerfumeの所属するアミューズのホームページで見つけた同社の新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」に好奇心で応募し、同年10月に開催された最終審査会で3万2214人の中からグランプリおよびポイント賞を受賞し、同事務所に所属する。

2015年より本格的に芸能活動を開始し、1月から三井不動産グループ、アステラス製薬の2社のCMに起用され「あの美少女は誰?」と注目を集める。

2015年3月発売のファッション雑誌『nicola』4月号より同誌専属モデル(ニコモ)に加わる。2018年1月号で初の単独表紙を飾った後、同年3月28日開催のイベント「nicola 東京開放日2018」をもって3年間務めた同誌専属モデルを卒業した。

2018年8月1日発売の『Seventeen』9月号より同誌専属モデルを務める。2019年4月1日発売の同年5月号で初の単独表紙を飾り、同月号より「かやのなんやかんや」を連載する。

2015年9月から同年度後期のNHK連続テレビ小説『あさが来た』にレギュラー出演し、女優としてデビュー、女中・ふゆ役を演じて注目を集める。

2016年3月から放送の『放送90年 大河ファンタジー 精霊の守り人』で、綾瀬はるか演じるヒロイン・バルサの少女期を演じる。

2019年7月には、『あさが来た』『透明なゆりかご』での演技で見せた「芯の強さ」が評価され、同年度前期のNHK連続テレビ小説『なつぞら』で2度目の朝ドラ出演を果たす。

2021年には、抜群の演技力と将来性に「凛とした佇まい」と「思いの強さを感じさせる真っすぐな眼差し」が評価を受け、オーディションなしにキャスティングにより選出され、同年度前期放送のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主演及びヒロインを務めた。

2022年1月スタートの『ファイトソング』(TBS)で民放ドラマに初主演。

引用元:清原果耶 - Wikipedia





2022年1月29日土曜日

きゃりーぱみゅぱみゅ



1月29日は、歌手・ファッションモデルのきゃりーぱみゅぱみゅの誕生日です。

きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日 - )は、日本のタレント、女性歌手、ファッションモデル。正式名はきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ。所属芸能事務所はアソビシステム。音楽出版活動に関しては芸映と業務提携をしている。血液型はB型。身長は158cm。略称はKPP、旧称及び愛称はきゃりー。公式ファンクラブは「KPP CLUB」。

2009年に原宿で撮影したストリートスナップで『KERA』に初登場し、読者モデルとしての活動を開始する。

2010年に歌手活動を開始し、2011年7月16日にYouTube上で公開したメジャーデビューシングル収録曲「PONPONPON」のMVが世界的な注目を集めた。以降「つけまつける」「ファッションモンスター」「にんじゃりばんばん」など多数のヒット作を発表。

原宿の青文字系ファッションの魅力を分かりやすく凝縮した独自のファッションセンスと、音楽・MVなどのパフォーマンスで世界中にファンを獲得し、支持を集めている。

芸名“きゃりーぱみゅぱみゅ”は、もともと高校時代、よく被っていた金髪のウィッグを見た友人から冗談で外国人風に“きゃりー”と呼ばれていたのが起源で、その後ブログの開始に伴い、“きゃりー”では短くて物足らず、八木真澄(サバンナ)の同名の一発ギャグにあたる“ぱみゅ”をかわいいと思い拝借“ぱみゅぱみゅ”を、“きゃりー”のニックネームに続けた。この“ぱみゅぱみゅ”の発音は日本語話者にとって発音しづらく、アナウンサー泣かせと言われている。

引用元:きゃりーぱみゅぱみゅ - Wikipedia





2022年1月28日金曜日

田中芽衣



1月28日は、ファッションモデル・女優の田中芽衣の誕生日です。

田中 芽衣(たなか めい、2000年(平成12年)1月28日 - )は、日本のファッションモデル、女優。熊本県出身。クオリアム所属。

身長 164 cm 血液型 O型

2014年12月にティーンファッション誌「Ranzuki」の専属モデルとして活動を開始。

2017年11月からさまざまなファッション誌でレギュラーモデルを務める。

テレビドラマなどにも出演し女優としても活躍の幅を広げている。

写真家としても2017年4月、2018年8月に単独個展を開催。アパレルブランドへのデザインディレクションを行うなどクリエイターとしても活動。

引用元:田中芽衣 - Wikipedia









2022年1月27日木曜日

夏夕介 (田浦幸)



1月27日は、俳優の夏夕介の命日です。2010年1月27日没。59歳。

夏 夕介(なつ ゆうすけ、1950年10月30日 - 2010年1月27日)は、日本の俳優。本名、田浦 久幸(たうら ひさゆき)。身長175cm、体重76kg。血液型はO型。妻は元女優の伊藤めぐみ。長女は元宝塚歌劇団宙組の娘役・愛花ちさき。

出生地は熊本県荒尾市。千葉市立松ヶ丘小学校、高石市立高石中学校を経て、大阪府立泉大津高等学校卒業。

大阪のバンド「グランプリーズ」でオルガンを担当していた。1969年春に高校卒業後は、グランプリーズのヴォーカルとして活動していた和田アキ子のプロデビューをきっかけに上京。和田の所属事務所であるホリプロよりルックスの良さを買われ、同年5月に脱退した赤松愛の後を引き継ぐ形で、当時人気絶頂だったグループ・サウンズ「オックス」に「田浦 幸(たうら ゆき)」の芸名で参加。

1970年「オックス」在籍中に芸名を「夏夕介」に改め、ソロ歌手として「涙が燃えて」でデビュー、同時に俳優業に進出し『野良猫ロック・ワイルド・ジャンボ』で映画デビュー。1971年、5月末をもってオックスが解散。テレビドラマ『美人はいかが?』などに出演する傍ら、劇団NLTの研修生となる。

1972年、10月から12月にわたり放送されたステージショー形式の異色のヒーロー番組『突撃! ヒューマン!!』(日本テレビ系)で主役・岩城淳一郎役に抜擢(ばってき)される。

1974年、『ラブラブライバル』(TBS系)では、脇に回り、コミカルな演技をこなす一方、梶原一騎原作の人気コミックのドラマ化作品『純愛山河・愛と誠』(東京12チャンネル - 現・テレビ東京)では主役・太賀誠役として、本作がデビュー作となった池上季実子の相手役を務め、一躍人気俳優となる。

1976年、『愛のなぎさ』(監督:根本順善、東宝)で映画初主演を果たす。同年『宇宙鉄人キョーダイン』(毎日放送 - TBS系)では再びヒーロー役を演じた。

『赤い絆』(TBS)、『人はそれをスキャンダルという』(TBS)などのテレビドラマ出演を経て、1980年より『特捜最前線』(テレビ朝日)に、叶旬一刑事役で出演。1987年まで7年間レギュラー出演した。

その後、ラムゼイ・ハント症候群を発病。顔面神経麻痺などの症状から、しばらく表舞台から姿を消していたものの、これを克服し「劇団シアタージャパン」の俳優代表として活躍した。

2010年1月27日、胃がんのため東京都内の病院で死去。59歳没。

引用元:夏夕介 - Wikipedia




オックス「ロザリオは永遠に/真夏のフラメンコ」(右から2番目が夏)


1973年発売シングル「君がそばにいるから / 絵里加」



2022年1月26日水曜日

見城美枝子



1月26日は、アナウンサー・ジャーナリスト・評論家などの活動をされる、見城美枝子の誕生日です。

見城 美枝子(けんじょう みえこ、1946年1月26日 - )は、日本のアナウンサー、エッセイスト、ジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。福岡県春日市ふれあい文化センター館長(在任1995年 - 1999年)、青森大学社会学部教授(在任1996年 - 2015年)→副学長(在任2015年 - )、サイバー大学客員教授(日本語文化論)、日本リーダー養成協会理事長(在任1994年 - )、JA全農経営役員(在任2002年 - 2005年)、オルト取締役(在任2004年 - 2008年)、三越社外取締役(在任2006年 - 2008年)→顧問(在任2008年 - 2009年)、新島学園短期大学客員教授(在任2010年 - )、NPO法人ふるさと回帰支援センター理事長(在任2010年 - )。愛称は「ケンケン」。見城美枝子オフィス所属。加えて2012年9月よりTBSスパークル(旧:キャスト・プラス)と業務提携を結ぶ。

群馬県館林市出身。群馬県立館林女子高等学校、早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程単位取得満期退学(2005年)。 夫は青森大学評議員などを務める田中穣(たなか みのる)。4児あり。

1968年4月、TBSへアナウンサー13期生として入社(同期には小島一慶・松永邦久・池田園子・石井和子・郷司淑子・菅原牧子)。

1973年9月、TBSを退社、フリーとなる。退社の直接の動機として、当時のTBS労組が見城に指名ストライキを度々命じており、それが原因である番組の海外ロケの際にスポンサーサイドから「社員ではなくフリーのアナウンサーを起用して欲しい」と要望されたため、「番組出演及びジャーナリストとしての取材を優先させるため退社せざるを得なかった」と後に明らかにしている。

以後おはよう720→おはよう700(1975年 - 1980年)の司会を務め、同局の五木田武信らと「キャラバンII」の海外ロケも多くこなす。

1981年、24時間テレビ 「愛は地球を救う」(第4回、日本テレビ)で徳光和夫とともに総合司会を務める。

1995年第17回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から無所属で立候補、定数4のところ6位で落選した。

2006年6月7日の衆議院教育基本法特別委員会の参考人質疑で、教育基本法に「愛国心」を盛り込むことを高く評価した。

財団法人農学会評議員(在任2006年 - )、財団法人尾瀬保護財団理事、給水工事技術振興財団理事、公共建築賞審査委員会委員、文部科学省中央教育審議会委員、国土交通省国土審議会北海道開発分科会特別委員、国土交通省国土技術政策総合研究所研究評価委員会委員、厚生労働省社会保障審議会福祉文化分科会委員、厚生労働省医道審議会臨時委員などを務めている。

引用元:見城美枝子 - Wikipedia







2022年1月25日火曜日

皆藤愛子



1月25日は、フリーアナウンサーでタレントの皆藤愛子の誕生日です。

皆藤 愛子(かいとう あいこ、1984年1月25日 - )は、セント・フォース所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158cm。血液型B型。

2004年、アナウンサーの勉強をしている際に、知り合った友人の紹介でセント・フォースに所属。2005年4月1日からフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』の4代目お天気キャスターを務める。

2007年7月5日、オリコンの「好きなお天気キャスター・気象予報士」ランキングで3回連続総合2位獲得(女性では3回連続1位)。2008年6月26日発表分では総合1位を獲得(女性/男性が選ぶ部門でそれぞれ1位)。

2009年3月30日、『めざましテレビ』においてお天気キャスターから情報キャスター(エンタメ)に担当変更。12月4日、オリコンの「好きな女子アナ」ランキングで3位を獲得。オリコン「好きな女子アナ」「好きなお天気キャスター・気象予報士」の2つにランクインしたのは史上初。現在でも皆藤愛子のみ。

2011年4月2日、『めざましどようび』の総合司会(メインキャスター)を担当。これに伴い『めざましテレビ』の情報キャスター(エンタメ)も(月曜日-水曜日担当)に変更し兼任。

2013年2月11日(10日深夜)、NHKの生放送番組『双方向クイズ 天下統一』においてMCを務める。初のフジテレビ以外のテレビ局出演となった。その後は『永沢君』(TBS)、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ、2013年7月18日放送分ゲスト)と他系列局番組出演が解禁される。

2015年3月25日、『めざましテレビ アクア』降板をもって、10年間出演してきためざましファミリーを卒業。

2018年4月1日、同じ事務所の伊藤綾子の引退による降板を受けて、『YKK AP presents 皆藤愛子の窓café 〜窓辺でcafé time〜』のパーソナリティを務める。

2020年1月11日より高見侑里の後を受けて日本BS放送【BS11】の競馬中継である『BSイレブン競馬中継 SATURDAY』の司会者として登板する。

2021年5月14日、突発性難聴と診断された事を公表、治療と療養に専念していたが、順調に回復、同年7月18日より、東京エフエムの『窓cafe』でラジオから仕事を再開、同年9月11日よりBS11『BSイレブン競馬中継』に復帰、テレビの仕事も再開した。

引用元:皆藤愛子 - Wikipedia







2022年1月24日月曜日

五輪真弓



1月24日は、歌手・シンガーソングライターの五輪真弓の誕生日です。

五輪 真弓(いつわ まゆみ、本名:鈴木眞弓。1951年1月24日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。東京都中野区出身。夫は鈴木宏二で、1985年に長男、1991年に長女を出産している。

1972年10月、CBS・ソニー(現・ソニー・ミュージックレコーズ)より、アルバム『五輪真弓/少女』とシングル「少女」の同時発売でデビュー。最初のアルバム『五輪真弓/少女』は、1971年夏に2ヵ月間をかけて、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスのクリスタル・サウンド・スタジオでレコーディングされた。

マスメディアでは「和製キャロル・キング」と謳われ、日本女性シンガーソングライターの草分けと呼ばれた。

1976年、4thアルバム『Mayumity』を絶賛したCBSフランスから現地(フランス)でのアルバム制作の申し出があり、初めての渡仏。翌年全フランス語によるアルバム『えとらんぜ』が発売された。機を同じくしてサルヴァトール・アダモと出会い、彼の2週間にわたるオランピア劇場でのコンサートにゲストとして招かれた。

また、この時期以降積極的にTV等メディアへの露出も増えていく。特に1978年3月21日発売の「さよならだけは言わないで」のヒットにより、フジテレビ『夜のヒットスタジオ』やTBSテレビ『ザ・ベストテン』(今週のスポットライト・コーナー)など、歌番組への生出演が多く見受けられるようになる。

1980年にリリースされたシングル「恋人よ」は当初はB面(カップリング)用の曲であったが、歌入れの後にその出来の素晴らしさにA面として発売されることになった。「恋人よ」は大ヒット、彼女の代表曲となり、同年の第22回日本レコード大賞金賞を受賞した。

1980年代後半からは結婚・出産・育児のため活動をセーブし、表立った活動を控えていた時期もあったが、2000年代に入ってからは徐々にその活動を再び活発化させており、その古典的かつ普遍的な作風は、豊かな声質と歌唱と共に、今もなお国内外で高い評価を得続けている。

引用元:五輪真弓 - Wikipedia







2022年1月23日日曜日

トリンドル玲奈



1月23日は、ファッションモデル・タレント・女優のトリンドル玲奈の誕生日です。

トリンドル 玲奈(トリンドル れいな、Triendl Reina、1992年1月23日 - )は、日本の女性ファッションモデル、タレント、女優。

オーストリア、ウィーン出身、慶應義塾大学環境情報学部卒業。プラチナムプロダクション所属。『with』専属モデル。妹のトリンドル瑠奈も同事務所に所属している。

オーストリアのウィーンにてオーストリア人(ドイツ系)の父と日本人の母との間に生まれる。同じ芸能事務所に所属するルナという妹がいる。

高校2年の時にスカウトを受けプラチナムプロダクションに所属した。2009年に広告に起用されデビュー。雑誌『JJ』(光文社)・『ViVi』(講談社)の専属モデルを務めるなどモデルとして活動し、ハーフタレントとしてテレビのバラエティ番組にも進出する。

2011年にはふかわりょうとのコラボレーションによりROCKETMAN feat. トリンドル玲奈名義で配信限定シングル「LOVE DISCO」をリリースして歌手としてもデビュー、同年7月20日付のiTunes Storeダンスチャートにおいて1位を獲得する。

2012年2月、ソフトバンクモバイルの白戸家CMにハワイ(鳥取県東伯郡羽合町)からの「留学生のタダ」こと鳥取タダ(トリンドル・タダ)役で出演し、緑色のセーラー服に身を包みギャル語を連発して一躍注目を集める。これを契機として、同年5月、鳥取ふるさと大使に就任し、「トットリンドル王女」の扮装を披露した。ただし鳥取に一度も行ったことがなかった。

2012年7月、TBS系ドラマ『黒の女教師』で女優としてデビュー。きっかけは、同番組の伊與田英徳プロデューサーが、ソフトバンクのCMにおける彼女のコミカルな演技に「芝居に対する感覚」を見出したことによる。

2018年10月23日開催のViVi主催のファッションイベント「ViVi night」にて約7年半在籍した『ViVi』の専属モデル卒業を発表、2019年1月発売の3月号をもって卒業した。2019年2月発売の『with』(講談社)4月号より同誌専属モデルを務める。

引用元:トリンドル玲奈 - Wikipedia





2022年1月22日土曜日

生田絵梨花 (元 乃木坂46)



1月22日は、元「乃木坂46」メンバーだった、歌手・女優・ミュージカル俳優の生田絵梨花の誕生日です。

生田 絵梨花(いくた えりか、1997年〈平成9年〉1月22日 - )は、日本の女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである。ドイツ・デュッセルドルフ出身。太田プロダクション所属。身長160 cm。血液型はA型。愛称は、いくちゃん。

1997年(平成9年)1月22日、ドイツのデュッセルドルフで誕生。先に習っていた姉の影響で、4歳の時からピアノを習い始める。5歳から東京で育つ。

6歳の時にミュージカル『アニー』を観た影響で、ミュージカル女優を目指す。2007年(平成19年)に、ミュージカル『ココ・スマイル5 〜明日へのロックンロール〜』で初舞台。小学生や中学生の時は、クラシックバレエ、書道、水泳、英語、ピアノ、数学と習い事の予定がみっちりと入って多忙であった。

2011年(平成23年)8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは2次審査でaikoの「カブトムシ」、4次審査でI WiSHの「明日への扉」、最終(5次)審査でaikoの「スター」を歌唱。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった。

2012年(平成24年)2月22日、乃木坂46の1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビューを果たす。同年9月、『16人のプリンシパル』(PARCO劇場)公演で観客による投票の結果、全9公演のうち6公演で主演・アリス役に選ばれた。

2014年、10thシングルから芸能活動を再開し、同年10月に開催されたミュージカル『虹のプレリュード』では主演を務めた。同年10月8日発売の乃木坂46の10thシングル『何度目の青空か?』で初めてシングル表題曲のセンターを務めた。

2015年(平成27年)1月14日、『残念な夫。』(フジテレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を果たし、ピアニストを夢みる女子高校生の細井美香役を演じた。

2016年(平成28年)1月21日に初のソロ写真集『転調』が発売され、週間推定売上3万8335部を記録し、2016年2月1日付オリコン週間ランキングでグループで初めてBOOK総合・写真集の2部門で1位を獲得した。

2017年(平成29年)1月から3月にかけて、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でジュリエット役、同年5月から10月にかけて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でコゼット役を務める。同年6月12日、ミュージカル女優として評価され、第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞した。

2019年1月22日発売の2ndソロ写真集『インターミッション』が初版20万部となり、1909年創業の講談社における女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数となる。さらに予約殺到で発売前に重版が決定し、累計発行部数が22万部で発売開始となった。

2021年10月25日、12月31日をもって乃木坂46を卒業することを発表した。12月15日発売の乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』のリード曲で生田がセンターを務める「最後のTight Hug」が、11月5日に先行シングルとして配信リリースされた。同年12月14日には卒業記念メモリアルブック『カノン』が発売され、12月14日・15日に横浜アリーナで卒業コンサートが開催された。同年12月31日、『第72回NHK紅白歌合戦』に乃木坂46のメンバーとして出場し、「きっかけ」をピアノ伴奏担当・歌唱する乃木坂46のメンバーとして最後のステージを終了し、グループから卒業した。

2022年(令和4年)1月1日、乃木坂46合同会社から太田プロダクションへ移籍した。

引用元:生田絵梨花 - Wikipedia







2022年1月21日金曜日

京本政樹



1月21日は、俳優・タレント・歌手の京本政樹の誕生日です。

京本 政樹(きょうもと まさき、1959年〈昭和34年〉1月21日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、ギタリスト。

Ryus-up(リューズ・アップ)所属。血液型B型。身長178cm、体重61kg。

時代劇から現代劇まで幅広いジャンルのドラマで活躍。善の主役から悪の脇役までこなす俳優。シンガーソングライター、着物デザイナーとしても活動。また、端整な顔立ちとは裏腹にコミカルなキャラクターでバラエティ番組にも多数出演している。

1979年にNHK『男たちの旅路』第4部「車輪の一歩」でテレビデビュー。

1981年、往年のスター・大川橋蔵の『銭形平次』に魚屋役でレギュラー出演したのをきっかけに時代劇俳優としての活躍を目指そうと決意した。

1983年、深作欣二監督の角川映画『里見八犬伝』に犬塚信乃役で出演。アイドル雑誌などを経て、大ファンであった『必殺シリーズ』への出演を約束され、テレビ朝日系『京都マル秘指令 ザ新選組』に出演。1985年のテレビ朝日系娯楽時代劇『必殺仕事人V』の組紐屋の竜役で大ブレイクし、以降、時代劇俳優としての名が世間に浸透した。

1985年に『必殺仕事人V』で演じたニヒルな殺し屋役で人気を博し、イメージが定着するが、テレビとは異なり、自宅では関西弁を話す。1999年から2年間主役を演じた関西ローカルの刑事ドラマ『新・部長刑事アーバンポリス24』では、妻を亡くし娘と2人で暮らす人情厚く熱血漢、高所恐怖症、大阪人の刑事という役柄で軽快な関西弁を話し、それまでのイメージとは大きく違う役を演じた。その他、2007年の朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』における、主人公の叔父で定職につかず儲け話に飛びついては失敗するちゃらんぽらんな役なども演じている。

1984年、アルバム『ラブレーの15分』をリリースしたことでシンガーソングライターとしての才能を認められ、『京都マル秘指令 ザ新選組』の主題歌「I can't say...」でシングルデビュー。

特撮にも造詣が深く、1990年代には自ら原型担当となってウルトラマンや仮面ライダーのソフトビニール人形をプロデュースしていたことがある。

車・バイク好き。外車の他に、ホンダのNSXやMDXなど国産車も所有。他にレクサス・SCやジャガーEタイプ(シリーズ1 JAGUR XKE)クーペタイプとオープンタイプの2台、トヨタ・2000GT、マツダ・コスモ(コスモスポーツ)など複数台所有し、クラシックカーもコレクションしている。

食事は1日1食で、夕食のみ(時間は不定時)。食べる量は多めで、品目も特に制限していないが、その影響か体型は1990年代以降変化していない。また、野菜よりも肉を好み、ステーキは脂身が特に好きで行きつけの店では牛脂も一緒に出してもらう。

妻はアイドルグループきゃんきゃんのメンバーで元タレントの山本博美。息子はSixTONESの京本大我。舞台『滝沢演舞城 2013』で初共演。元・WaTの小池徹平は姻戚関係(妻と小池の父がいとこ同士)にあり、2006年『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の共演で互いに発表。

引用元:京本政樹 - Wikipedia





2022年1月20日木曜日

桜井賢 (THE ALFEE)



1月20日は、フォーク/ロックバンド「THE ALFEE」のメンバーで、ベーシスト・ヴォーカリストの桜井賢の誕生日です。

桜井 賢(さくらい まさる、1955年〈昭和30年〉1月20日 - )は、日本のバンドTHE ALFEEのメンバーである。埼玉県秩父郡荒川村(現:秩父市)出身。血液型A型。明治学院大学法学部法律学科中退(2014年3月、明治学院大学から「名誉学士」の称号が授与された)。ベース担当。身長170cm。THE ALFEEの前身のコンフィデンスの創設者であり、メンバーにて唯一のオリジナルメンバー。

趣味は貯金、将棋、野球、手品(マジック)。テニス、F1好きでもある。実家は株式会社櫻井太傳治商店。

BE∀T BOYSではリーダーを務め、祥寺張扇”(ジョージ・ハリセン)(現在はサクライ)と名乗る。

明治学院高校在学中の1970年、同級生とフォークグループ「コンフィデンス」を結成し、サイモン&ガーファンクルなどのコピーを歌っていた。高校時代にコンフィデンスを結成した時点から考えると、アルフィーの創設者で唯一のオリジナルメンバーである。

1972年に、山野楽器で催されたビクター音楽産業主催のフォークコンテストにコンフィデンスとして出場し優勝する。その会場で、ソロで出場していた坂崎幸二(のちの坂崎幸之助)に出会ったことが現在のTHE ALFEEの原点である。コンフィデンスには、後に坂崎、高見沢俊彦(桜井と同じ高校出身)が加入し、アルフィーの母体となった。そのため、「アルフィーの創始者」「アルフィーの元祖」「高校時代にアルフィーを作った男」等と称されている。

1974年にアルフィーとしてデビューする際、美声を買われてデビュー曲のリードボーカルを担当する予定だったが、高見沢が加入すると、急遽高見沢がリードボーカルの曲(「夏しぐれ」)に変更され、予定されていたデビュー曲はB面(「危険なリンゴ」)となり、当時ギター未経験であったにも関わらずアコースティックギターを担当することになった。また、本来はドラマー志望であったが、デビュー後に、グループとしての音楽性を広げていく過程で必要に迫られてベースを始めた。初期には曲によっては、ウッドベースや12弦ギターを担当していたこともある。ベースは「青春の記憶」をリリースした頃に始めたと、コンサートのMCで発言している。

1979年、TBS系テレビドラマ『熱愛一家・LOVE』にゲスト出演した。1990年にはアニメ「ハゲしいな!桜井くん」で声優デビュー。苗字が同じというだけで抜擢され、主人公の若ハゲ高校生・桜井弘也役を担当した。

引用元:桜井賢 - Wikipedia





2022年1月19日水曜日

宇多田ヒカル



1月19日は、歌手・シンガーソングライターの宇多田ヒカルの誕生日です。

宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年〈昭和58年〉1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。本名:宇多田 光(読み同じ)。音楽プロデューサーの父・宇多田照實と、歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸能事務所はU3MUSIC。所属レーベルはエピックレコードジャパン。ロンドン在住。

1998年末に15歳でCDデビューし、デビューシングル「Automatic/time will tell」は、ダブルミリオンの大ヒットを記録。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え(オリコン調べ)、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300万枚(オリコン調べ)を記録している。2007年発表の「Flavor Of Life」は当時のデジタル・シングルのセールスにおいて世界1位を記録した。また、『日本ゴールドディスク大賞』「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を、2000年と2003年に受賞している。

2010年に「人間活動」として翌年以降の音楽活動休止を発表。結婚・出産を経て、2016年に活動を再開し、復帰作『Fantome』はその年の『Billboard JAPAN年間総合アルバムチャート』で1位を獲得したほか、『第9回CDショップ大賞』で「大賞」を、『第58回日本レコード大賞』で「最優秀アルバム賞」を受賞した。また、2018年に発売した7thアルバム『初恋』とその他の成果により、第69回芸術選奨で大衆芸能部門にて「新人賞」を受賞している。

2018年現在までに、『First Love』『Distance』『DEEP RIVER』『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』『Fantome』の5作品がオリコンまたはBillboard Japanの年間アルバムチャートで1位になっている。

名前に関して、漢字表記ではなく片仮名の「ヒカル」と名乗った理由は、漢字だと何か堅い感じがするという意見がEMI社内で出たため。画数にこだわったのは、よい画数の名前であると言われていることによる。ちなみに元々の名前の由来は、母親(藤圭子)が網膜色素変性症のため、徐々に視力を失っていた時に授かった子であることから「我が子から光が失われないように」という願いを込め命名したと言われている。この他にも「いちご」や「めろん」、「すいか」が候補に挙がっていたという。ニックネームは「ヒッキー」(Hikki)。

2002年、19歳の時に紀里谷和明と結婚、2007年に離婚。2014年2月にイタリア人男性と再婚。2015年7月に第1子となる男児を出産したことを報告したが、2018年4月に離婚していたことが明らかになった(公式発表ではない)。

2021年6月26日、自身がノンバイナリーであることをインスタライブにて公表している。

引用元:宇多田ヒカル - Wikipedia





2022年1月18日火曜日

森山良子



1月18日は、歌手・タレント・女優の森山良子の誕生日です。

森山 良子(もりやま りょうこ、1948年(昭和23年)1月18日 - )は、日本の歌手、タレント。本名同じ。

東京都出身。平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成20年秋紫綬褒章受章。長女は森山奈歩、長男は森山直太朗、娘婿はおぎやはぎの小木博明。

森山久を父として、浅田陽子を母として誕生。兄がいた(故人)。かまやつひろしは従兄(母の甥)、その長男かまやつ太郎は従甥にあたる。

19歳になった1967年に、黒澤プロダクション所属のソロ歌手として、「この広い野原いっぱい」でレコードデビュー。黒澤プロの所属になったのは、黒澤家をたびたび訪問し歌も披露していた森山が歌手になると聞いた黒澤明の意向だった。この時期の森山はカレッジフォークに分類される。

デビュー当初はフォーク歌手のイメージだったが、1969年の山上路夫作詞・三木たかし作曲による「禁じられた恋」のヒットで、日本レコード大賞大衆賞を受賞し、NHK紅白歌合戦に初出場したことから、"フォークから歌謡曲の女王"になったと評された。一時期、出産のため活動休止するが、1972年に「遠い遠いあの野原」で復帰。同年の『第23回NHK紅白歌合戦』に出場し、「美しい星」を歌う。1960年代後半から1970年代にかけてヒット曲を数多く生み、当時は主に村井邦彦や森田公一といった作家陣による楽曲を歌った。

1998~2000年頃にいくつかのアルバムで発表した「涙そうそう」(BEGINとの合作で森山は作詞、BEGINは作曲)も話題となった。「さとうきび畑」で、2002年『第44回日本レコード大賞』の最優秀歌唱賞を受賞。同大賞では、作詞した「涙そうそう」が夏川りみの歌唱で金賞となり、森山自身もこの曲で作詩賞を受賞した。2003年には、(フォークを歌い始める前からの念願だった)初のジャズアルバム「The Jazz Singer」をリリース。ニューヨークなどのライブハウスで一連のライブ活動も行った。

2007年1月、『拝啓、父上様』の主題歌「パピエ」をリリース。2009年2月25日、映画『60歳のラブレター』主題歌の「candy」などを収録した4年3か月ぶりとなるオリジナルアルバム『Living』発売。

女優として『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』では、ドラマ初出演にもかかわらず奥田瑛二演じる年下の男と不倫に堕ち、その中で少しずつ自分を見つめ直し変わって行く主婦役を巧みに演じた。その後も2002年には、『おとうさん』で田村正和の後妻に入る「タマちゃん」を演じた。2004年には、『夫婦。』(主題歌も歌う)にゲスト出演。スーパーマーケットの食料品売り場で働く女性を演じた。

引用元:森山良子 - Wikipedia







2022年1月17日月曜日

平井堅



1月17日は、歌手・シンガーソングライターの平井堅の誕生日です。

平井 堅(ひらい けん、1972年1月17日 - )は、日本のシンガーソングライター。大阪府生まれ三重県名張市育ち。身長183cm。

三重県立上野高校を卒業後上京し、横浜市立大学在学中から横浜市関内のライブハウスや新宿のライブハウス「新宿21世紀」専属の歌手などとして活動する。その傍ら、『Sony Music Entertainment Audition '93~Breath』に応募し、入選したのをきっかけに1993年よりソニーレコードと契約。1995年にCDデビュー。1枚目のシングル「Precious Junk」はフジテレビドラマ『王様のレストラン』(三谷幸喜作品)のタイアップであったものの、オリコン最高50位と振るわなかった。

2000年、これが売れなければ契約打ち切りという背水の陣でリリースした8枚目のシングル「楽園」のテレビCMが、平井本人からの依頼を受けて同じ芸能事務所研音所属の江角マキコが出演していたことで問い合わせが殺到し、スポーツ新聞・ワイドショーなどに大きく取り上げられた。このCMは、他の地域に比べて平井の認知度が高かった北海道・福岡県限定で同年1月18日から深夜帯に放送されていたものだったが、この反響により全国放送が決定し、またFM各局でも楽曲が注目されて大ヒット。アーティストとして遅咲きではあったが、この「楽園」におけるレコード会社のマーケティング戦略の成功で高まった注目度を追い風にして、以後ヒット曲を多数リリースしている。

2004年にリリースしたシングル「瞳をとじて」などのヒットもあり、4作のアルバム(コンピレーションアルバムを含む)がミリオンセラーを記録した。これは男性ソロアーティストとしては、歴代1位の記録である。なお、オリコン年間ランキングでシングル、アルバム共に1位になったアーティストは、光GENJI、DREAMS COME TRUE、宇多田ヒカル、嵐、Mr.Children、GLAYの6組と平井だけである。

2001年に第30回ベストドレッサー賞(芸能部門)受賞、2005年にはデビュー10周年を記念し、初の写真集『歌バカ一代』を学研より10万部限定で発売している。

一青窈の歌のピッチを下げると平井堅が歌っているように聞こえることが話題となった。この事は『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』などでも紹介された。

引用元:平井堅 - Wikipedia





2022年1月16日日曜日

賀集利樹



1月16日は、俳優の賀集利樹の誕生日です。「仮面ライダーアギト」津上翔一/仮面ライダーアギト役が俳優デビュー。

賀集 利樹(かしゅう としき、1979年1月16日 - )は、日本の俳優、タレント。兵庫県尼崎市出身。兵庫県立尼崎北高等学校卒業。2014年、國學院大學神道文化学部神道文化学科卒業。

兵庫県立尼崎北高等学校を卒業後、美容師の専門学校を経て芸能界入り。1999年からモデルとして活動を開始。ファッション誌『Fine』などの専属モデルをやっていたが、本人曰く目立ちたがり屋だったので役者業にも興味を示し、自分のような新人でも主役をやらせてくれるような番組を探したところ、2001年にテレビ朝日系列で放送された平成仮面ライダーシリーズ第2作『仮面ライダーアギト』のオーディションに参加。主役の津上翔一/仮面ライダーアギト役を勝ち取って俳優デビューし、知名度をあげる。

その後、2009年8月公開の『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で映像作品としては8年ぶりに津上翔一 / 仮面ライダーアギト役を演じた。

2002年から2003年までテレビ朝日系列で放送された『はぐれ刑事純情派』にレギュラー出演したのち、TBS系『年下の男』、『ドールハウス』、日本テレビ系『瑠璃の島』などの連続ドラマで活躍。2005年にはNHK大河ドラマ『義経』に平維盛役で出演した。

2020年1月、同じ事務所に属している酒井貴浩と出会い、2021年2月に演劇ユニット「かしこみかしこみ」を結成。賀集はブログで『(メンバーが)4人なのでフットワークも軽いので、地方でもやれればと思ってます』とコメントしている。

2019年4月22日放送のTBS系『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』にて、行きつけの飲み屋で知り合った不動産関係で働く7歳年下の女性と約3年間の交際を経て、4月2日に結婚したことを発表した。

引用元:賀集利樹 - Wikipedia







2022年1月15日土曜日

藤村美樹 (元 キャンディーズ)



1月15日は、元「キャンディーズ」メンバーだった元歌手の藤村美樹の誕生日です。

藤村 美樹(ふじむら みき、1956年1月15日 - )は、日本の元歌手である。本名:尾身 美樹(おみ みき)、旧姓:藤村。元キャンディーズのメンバー。

4人兄弟の末っ子。父は声楽家で元:岡山大学教育学部教授、藤村晃一。母はピアノの先生。カトリックの家に生まれる。幼少の頃に洗礼を受け、「マリア・ローザ」のクリスチャン・ネームを持つ。

音楽に関する特別な教育は受けていなかったが、自然と理論と歌唱の素養を身につけていった。声質はハスキーボイスである。公称身長156cm、体重40kgとスレンダーな体形である(1978年2月時点)。踊りは、しっかりした体重移動によるキレを特徴とする。

1969年の夏に奥多摩のキャンプ場で偶然伊藤蘭、田中好子の二人と出会う(ただしこの出会いについては諸説あり)。3人とも歌が好きということで意気が投合、その後も交流が続いた。その後伊藤と田中の二人は渡辺プロダクション傘下の東京音楽学院に入るが、藤村は両親に芸能界入りを反対されていた。しかし最終的には両親が熱意に負け、二人に1年遅れて1970年に学院に入り、スクールメイツに選抜される。

1972年(昭和47年)NHKの歌番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールのオーディションに伊藤蘭、田中好子とともに合格。この3人組は「キャンディーズ」と命名され、マスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)として活動。1972年の第23回NHK紅白歌合戦では橋幸夫(子連れ狼)のバックコーラスを務めている。

1973年(昭和48年)9月1日、キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー(ニックネームはミキちゃん)。立ち位置は向かって左。キャンディーズの音楽面のリーダーを自負していた。このため歌うのが難しいパートを担当することが多く、コーラスパートは主にアルトを担当していた。しかし低音のみならず、地声でかなりの高音を出せる。

A面に関しては長らくメインボーカルをとることはなかったが、解散直前に伊藤と田中の要望により、藤村がメインボーカルの「わな」が発表され、歌唱披露時は藤村がセンターを務めていた(向かって左から田中、藤村、伊藤)。さらに事実上のラストシングルとなった「微笑がえし」でも、1番のサビ前部分、「わな」という歌詞から始まる12小節は、従来左位置の藤村が伊藤と入れ替わり、センターの位置で歌唱していた(向かって左から、伊藤、藤村、田中)。

1977年(昭和52年)以降は、歌手としてだけではなく、作詞・作曲(共作含む)も行う。作品に「素敵な魔法使い」「さよならの朝」「買い物ブギ」「エプロン姉さん〜マキちゃんに捧げる唄〜」「猫と兄貴」「おとうさん あなたへ」「FOR FREEDOM」「IT'S VAIN TRY TO LOVE YOU AGAIN」「あこがれ」「STOP!」「SEXY」がある。また藤美樹名義で「二人のラブトレイン」を作詞している。なお、作曲数11曲はキャンディーズオリジナル曲提供作曲数としては39曲の穂口雄右に続いて、森田公一とともに第2位タイである。

1978年(昭和53年)4月のキャンディーズ解散後は芸能活動を休止していたが、5年後の1983年(昭和58年)に一時的に復帰。BOURBONレーベル(徳間音工)から、シングル「夢・恋・人。」、LPレコードをリリースした。期間限定でソロの歌手活動をするが、間もなくして実業家だった尾身善一との結婚を機に芸能界を引退し、2人の間には3人の子供(劇団青年座所属尾身美詞ら)がいる。

その後4半世紀以上公の場には姿を現していなかったが、田中好子が2011年4月21日に亡くなったことにより、田中の通夜(同年4月24日)に参列のため姿を見せた。告別式(同年4月25日)では、伊藤蘭と共に弔辞を読んだ。

引用元:藤村美樹 - Wikipedia




キャンディーズ(藤村美樹・田中好子・伊藤蘭)



2022年1月14日金曜日

なえなの



1月14日は、インフルエンサーでタレントの なえなの の誕生日です。

なえなの(2001年〈平成13年〉1月14日 - )は、日本の女性インフルエンサー、タレント。YouTuber、Instagramer、TikTokerとしての活動を中心とする。

静岡県御殿場市出身。株式会社GROVE所属。

中学3年生の時にTwitterやMixChannelなどのSNSでの活動を開始し、その後TikTokでの活動などで注目を集める。2019年7月にはYouTubeチャンネルを開設。脱力系動画などが人気となり、開設から2週間で登録者数が10万人を突破、2021年8月5日の時点で90万人を突破している。

高校卒業後の2019年4月からはアパレル店員として働いていたが同年8月に辞め、翌月半ばに上京して本格的にインフルエンサー活動を始める。

2020年5月27日には、初のスタイルブック『なえなののほん。』(KADOKAWA)を出版。Amazon売上ランキング1位やトーハン週間ベストセラー2位を獲得したほか、「2020年上半期インスタ流行語大賞 (Instagramメディア Petrel調べ)」において、YouTuber部門20位、SNSアカウント部門14位にランクインしている。また同時にTikTokのフォロワー数が100万人に到達した。

2020年9月よりファッション誌『LARME』の専属モデルに起用され、その復刊第一号の表紙を飾る。

20歳の誕生日を迎えた2021年1月14日に、フォトエッセイ『まだハタチ、もう二十歳。』(KADOKAWA)を出版。オリコン週間BOOKランキングの「写真集」ジャンルで2位を獲得している。

2021年2月から5月まで『恋とオオカミには騙されない』(ABEMA SPECIAL)に出演、同年7月から8月までSNSドラマ『対決落語』に主演として出演する。

「他撮りでも盛れる女子」・「いま日本の女の子が一番なりたい顔」と称される。

好きな食べ物はたらこ、いくら、えび、チーズ、ところてん、もずく。嫌いな食べ物はマヨネーズ。

引用元:なえなの - Wikipedia







2022年1月13日木曜日

伊藤蘭 (元 キャンディーズ)



1月13日は、女優・歌手で元「キャンディーズ」の伊藤蘭の誕生日です。

伊藤 蘭(いとう らん、1955年1月13日 - )は、日本の女優、ナレーター、歌手であり、元キャンディーズのメンバーである。

東京都武蔵野市出身。1973年3月、日本大学第二高等学校卒業。日本大学芸術学部演劇学科中退。トライサム所属。夫は俳優の水谷豊、長女は女優の趣里。

1969年に渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学。入学後、スクールメイツのメンバーに選抜される。同期生には田中好子・太田裕美らがいた。

1973年9月1日には、田中好子(ニックネームはスーちゃん)、藤村美樹(ニックネームはミキちゃん)と共にキャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー(ニックネームはランちゃん)。当初はスーがリードボーカルを担当していたが、伊藤蘭をイメージして作られた5曲目のシングル「年下の男の子」以降から殆ど、ランがセンター位置のリードボーカルを担当した(但し「わな」のみセンターがミキ、スーは右位置に移動した)。

歌手活動のほかに『新春かくし芸大会』『8時だョ!全員集合』『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』などのテレビ番組で見せたコミカルな一面も人気を呼んだ。

1977年7月17日、日比谷野外音楽堂でのコンサート中、突然キャンディーズの解散を宣言。その最中、伊藤が泣き叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい!」は、当時流行語ともなった。翌1978年4月4日のキャンディーズ解散コンサートと同時に芸能界を一時引退する。

休業期間中は旅行や映画鑑賞、運転免許の取得などそれまでできなかったことをして過ごし、様々な映画や舞台を見るうちに燃焼しきれなかった女優への思いが次第に膨らんで、新たな世界に挑戦する感覚で復帰を決意する。1980年(昭和55年)映画『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督・作)に主演して本格的に女優復帰し、第2回ヨコハマ映画祭で助演女優賞を受賞。倉本聰、山田太一、市川森一らの脚本作品に次々に出演する。

キャンディーズの解散後もメンバーだった藤村と田中とは定期的に会っており、3人の交流は田中が亡くなるまでずっと変わることなく続いていた。2011年4月21日に田中が乳がんで死去。伊藤は藤村と共に病室で7時間過ごして田中の最期を看取ったことを、田中の通夜のインタビュー(囲み取材)で明らかにした。25日に行われた田中の葬儀では藤村とともに弔辞を読んだ。

2019年5月29日にソニー・ミュージックダイレクトよりオリジナル・アルバム『My Bouquet』(マイ・ブーケ)をリリースし、1978年のキャンディーズ解散以来41年ぶりにソロ歌手としてデビュー。同年6月、『伊藤 蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』のツアータイトルを掲げ、11日・12日にTOKYO DOME CITY HALL、14日にNHK大阪ホールにてコンサートを開催。伊藤にとっては初の単独コンサートであった。

『あんちゃん』『事件記者チャボ!』で共演した俳優の水谷豊と、6年半の交際期間を経て1989年1月に結婚。1988年11月にプロポーズを受け、ハワイにて挙式、1989年1月24日に同地のホテルで記者会見を開いた。翌1990年、長女の趣里(しゅり、2011年に女優デビュー)を出産。

引用元:伊藤蘭 - Wikipedia




キャンディーズ(藤村美樹・伊藤蘭・田中好子)



2022年1月12日水曜日

橋本愛



1月12日は、女優の橋本愛の誕生日です。

橋本 愛(はしもと あい、1996年〈平成8年〉1月12日 - )は、日本の女優。熊本県熊本市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

2008年、姉妹の中で一番顔が濃いという理由で母が応募したニューカム「HUAHUAオーデション」にてグランプリを受賞し、芸能界デビュー。同年に開催された「第33回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」では、最終候補者に選ばれるがグランプリ・特別賞の受賞は逃した。

2009年、女性ファッション雑誌『Seventeen』のミス・セブンティーンに、応募総数5,267人の中から工藤えみ、高田有紗、広瀬アリスと共に、グランプリ受賞者の中で最年少で選ばれた。また、映画『Give and Go』で映画初出演(初主演)。難聴を抱えながらバスケットボールに熱中する少女を演じた。

2010年、映画『告白』に出演し、クラス委員長の少女で重要な役どころを演じて注目を集めた。その後、多数の主役を務め、『貞子3D』では貞子を演じて再び注目を集める。

2013年、 ヒロイン・東原かすみ役を務めた映画『桐島、部活やめるってよ』などの演技が評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。同年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で能年玲奈演じる天野アキの親友役の足立ユイを演じる。

2014年5月をもって4年半務めた『Seventeen』の専属モデルを卒業した。

2015年2月、主演映画2作(『リトル・フォレスト』『ワンダフルワールドエンド』)が第65回ベルリン国際映画祭で上映され、海外の映画祭に初めて参加した。

2018年、大河ドラマ『西郷どん』に西郷隆盛の最初の妻・須賀役で出演。翌2019年の『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演し、2年続けて大河ドラマに出演する。

2018年、主演作品『ここは退屈迎えに来て』が、第37回バンクーバー国際映画祭の「ゲートウェイ」部門に出品される。

引用元:橋本愛 (1996年生) - Wikipedia




あまちゃん(橋本愛・のん(能年玲奈))



2022年1月11日火曜日

持田真樹



1月11日は、女優・歌手の持田真樹の誕生日です。元「桜っ子クラブさくら組」メンバーでもあった。

持田 真樹(もちだ まき、1975年〈昭和50年〉1月11日 - )は、日本の女優、歌手。元桜っ子クラブさくら組メンバー。

千葉県出身。スターダストプロモーション所属。血液型O型。既婚。

中学2年生の頃に原宿でスカウトされ、1989年に芸能界入り。

1991年(平成3年)からテレビ朝日系のバラエティ番組『桜っ子クラブ』にレギュラー出演し、桜っ子クラブさくら組のメンバーとしてCDデビュー。

1992年(平成4年)、ビクター「甲子園」ポスターで注目を集め、1993年(平成5年)1月からTBS系で放送された『高校教師』で主人公の親友・相沢直子役を演じ、余りにもハードな役と衝撃的なシーンが話題を呼んだ。その後も「直子」と呼ばれることがあったという。

私生活では、2012年8月末に40代の会社経営者の男性と結婚、同年9月29日に公表した。2013年3月4日に第1子妊娠を発表し、同年7月15日に女児を出産。2016年9月16日には第2子女児を出産。

引用元:持田真樹 - Wikipedia







2022年1月10日月曜日

石黒英雄



1月10日は、俳優の石黒英雄の誕生日です。

石黒 英雄(いしぐろ ひでお、1989年1月10日 - )は、日本の俳優。栃木県小山市出身。身長180cm。

男3人兄弟の末っ子。2004年、15歳(高校1年)の時に、中学の同級生女子の勧めで受けた第17回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。

2005年、テレビドラマ『ごくせん』(第2シリーズ)で俳優デビュー。同年3月に地元栃木から上京し、東京の高校に転校。

2007年、『エリートヤンキー三郎』でテレビドラマ初主演。2009年、『激情版 エリートヤンキー三郎』で映画初主演。2013年6月、『白衣のなみだ』第三部「使命」で昼ドラ初出演で主演。

2016年7月からテレビ東京で放送された『ウルトラマンオーブ』で主演・クレナイ ガイ役を務めた。

2018年4月30日をもって、デビュー以来所属していた事務所のプロダクション尾木を円満退所した。

日本の3大特撮シリーズのうち、仮面ライダーシリーズで悪のラスボス役を演じた(『仮面ライダー電王』の「カイ」役)後、ウルトラシリーズで変身ヒーロー役を演じた(『ウルトラマンオーブ』の主人公「ウルトラマンオーブ」に変身する「ガイ」役)初の人物である。

引用元:石黒英雄 - Wikipedia





2022年1月9日日曜日

岸部一徳 (ザ・タイガース、PYG、井上堯之バンド)



1月9日は、俳優・ミュージシャンの岸部一徳の誕生日です。「ザ・タイガース」「PYG」「井上堯之バンド」のベーシストとして活躍、のちに俳優に転向。

岸部 一徳(きしべ いっとく、1947年1月9日 - )は、日本の俳優、ミュージシャン(ベーシスト)、作詞家。

本名は岸部 修三(きしべ しゅうぞう)。旧芸名は岸部 修三(きしべ おさみ)、岸部 おさみ。愛称はサリー。

ザ・タイガース、PYG、井上堯之バンドのベーシストとして活躍し、その後俳優に転じている。身長181cm。京都府京都市出身。京都市立伏見工業高等学校建築科卒業。

所属事務所はアン・ヌフ。沢田研二の個人事務所「株式会社ココロ」社長。

1965年に、バンド「サリーとプレイボーイズ」が結成され、これが「ザ・タイガース」の母体となった。1966年にはボーカルに沢田研二を加えてバンド名を「ファニーズ」と改称、京都や大阪で高い人気を得る。同年11月に上京し、グループは「ザ・タイガース」となった。同時にファニーズ時代の瞳に代わって岸部がリーダーとなる。

1971年2月1日に元タイガースの沢田研二、元テンプターズの萩原健一、大口広司、元スパイダースの大野克夫・井上堯之らとバンド「PYG」を結成し、同年4月シングル『花・太陽・雨/やすらぎを求めて』でレコードデビューした。この曲では、岸部が作詞を担当している。PYG解散後は沢田研二と萩原健一を除いたメンバーで「井上堯之バンド」として独立する。

1975年に、久世光彦プロデューサーの薦めで『悪魔のようなあいつ』に出演して、本格的に俳優に転身する。転身にあたり、久世の紹介を受けて、悠木千帆(後の樹木希林)と安田道代が興していた芸能事務所に面接を経て所属する。1976年には、樹木の考案で「岸部おさみ」から実父である岸部徳之輔の徳、そして一から再出発という意味合い、樹木と仲のよかった市川森一から名前をもらって)で「岸部一徳」へと改名する。

1990年、小栗康平監督の『死の棘』での演技で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。カンヌ映画祭でも賞を受賞し、高評価を得た。主演俳優としても頂点に立つが、大林宣彦をはじめ、市川崑、北野武らからもラブコールを受けて作品の常連として出演するなど、その後も様々な役をこなすバイプレーヤーとして活躍する。

俳優転向後も度々音楽活動を行っており、1981年から1983年のタイガース再結成に参加したほか、1988年タイガース・メモリアル・クラブ・バンドに参加し、2年程在籍した。1997年には沢田研二、森本太郎と共に、ロック・ユニットTEA FOR THREEを結成し(現在、活動休止中)、PYG時代〜井上堯之バンド時代を髣髴とさせるプレイを録音した。

引用元:岸部一徳 - Wikipedia







2022年1月8日土曜日

寺田千代・寺田嘉代 (ドリーミング)


「ドリーミング」寺田嘉代(妹)・寺田千代(姉)

1月8日は、アニメ「それいけ!アンパンマン」主題歌・挿入歌等で知られる、双子姉妹による歌手ユニット「ドリーミング」の寺田千代(姉)・寺田嘉代(妹・2019年1月31日没)の誕生日です。

ドリーミングは、寺田 千代(てらだ ちよ)、寺田 嘉代(てらだ かよ)の双子姉妹による歌手ユニット。童謡・唱歌・アニメソングを主に歌っており、特にテレビアニメ『それいけ!アンパンマン』の主題歌『アンパンマンのマーチ』の歌手として知られる。

1963年1月8日生まれ、宮崎県宮崎市出身(出生は鹿児島県)。千代が姉、嘉代が妹にあたる。ともに国立音楽大学声楽科卒業。勝本章子、立川清登に師事。

1988年10月、『それいけ!アンパンマン』の主題歌「アンパンマンのマーチ」でCDデビュー。同曲はテレビアニメ『それいけ!アンパンマン』のオープニングテーマ曲として放送開始以来使用され続けている。2011年6月には、日本レコード協会から有料音楽配信「着うた」のミリオンセラー認定を受けた。

『アンパンマン』の楽曲を多数歌っており、その縁で声優としてゲスト出演することもある(2012年以降はアンパンマンの映画にシドロ&モドロ役で毎年ゲスト出演)。また映画が公開される際の舞台挨拶には毎年出演し、アンパンマンのマーチを歌っている。

日本テレビ系『ルックルックこんにちは』の「こころの歌」コーナー(毎週金曜日)に約3年半レギュラーとして出演し、童謡を歌っていたため、童謡・唱歌も得意としている。近年は、オーケストラやアニメソング歌手ともたびたび共演していた。

2019年1月6日、妹の嘉代が脳出血を発症して突然倒れ、病院に搬送されて入院、治療を行っていたが同年1月31日午後7時17分に死去。以降は千代が単独でドリーミングとして活動している。

2020年コロナウイルスでの自粛期間中に「何かファンと触れ合う機会はないか」と考えた結果、YouTubeチャンネル「それいけドリーミングちよチャンネルときどきかよチャンネル」を開設した。2021年6月、Instagramのアカウントを開設した。

引用元:ドリーミング (歌手グループ) - Wikipedia







2022年1月7日金曜日

ニール・パート (RUSH)



1月7日は、カナダのハードロック・プログレッシブロックバンド「ラッシュ(RUSH)」のドラマーとして知られる、ニール・パートの命日です。2020年1月7日没。67歳。

ニール・エルウッド・パート O.C.(Neil Ellwood Peart, Officer of the Order of Canada ; 1952年9月12日 - 2020年1月7日)は、カナダ出身のミュージシャン、作詞家。ハードロック/プログレッシブ・ロックバンド「ラッシュ」のドラマーとして知られる。日本語表記では「パート」とされることが多いが、実際の発音は[pɪərt]で、日本語のカタカナにすると「ピアート」に近い。

1983年、モダン・ドラマー誌の読者人気投票で殿堂入りを果たすほか、ローリング・ストーン誌の「読者が選ぶ史上最高のドラマー」で第2位、リズム・マガジン誌による「史上最高のドラマー50人」で第4位、Gigwiseによる「史上最高のドラマー」で第4位に選ばれるなど、数々の賞を受賞している 。1996年には、バンドメンバーのアレックス・ライフソン、ゲディー・リーとともに、カナダ勲章を受勲している(Officer of the Order of Canada)。

水平方向360度にセットされた多点ドラムセットと、手数が多く力強いドラミング、緻密に組み立てたドラムソロが最大の特徴であり、アマチュアのみならず世界中の数多くのプロドラマーにも多大な影響を与えている。ライヴにおけるドラムソロは一般受けするものではなく、観客のトイレ休憩の時間になりがちだが、ラッシュのライヴにおけるドラムソロは大きな見せ場の一つになっている。セットにはアコースティックドラムのほか、MIDIパーカッションなどを組み込んでおり、ロックはもちろん、ジャズ、ドラム・コー、アフリカ音楽、ラテンなどの多様なスタイルを取り入れている。

ラッシュの楽曲のほとんど全ての作詞を手がけている。文学的な言葉の流れを用いて社会風刺や近未来への警告、都市・自然の風景描写や人間の内的葛藤・心理描写、その他あらゆる事象を題材に独持の詩世界を築いている。海外では、彼の詞が研究され書物も刊行されている。その一方で、歌詞の内容が難解であるという批判を受けることも多い。

腱鞘炎悪化のため2015年頃から一線を退いており、2018年にラッシュの同僚ゲディ・リーが、ニールは完全に引退してしまったことを伝えている。

2020年1月7日、カリフォルニア州サンタモニカで死去。67歳だった。死因は悪性脳腫瘍の一種である膠芽腫(こうがしゅ:glioblastoma)。発表によると、3年半に渡る闘病の甲斐なく亡くなったという。

引用元:ニール・パート - Wikipedia









2022年1月6日木曜日

Chage (チャゲ)



1月6日は、ミュージシャン・シンガーソングライターのChage(チャゲ)の誕生日です。

Chage(チャゲ、1958年1月6日 - )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。本名:柴田 秀之(しばた しゅうじ)。CHAGE and ASKAやMULTI MAXのメンバーで、楽曲のボーカル・作詞・作曲を担当。第一経済大学中退。福岡県北九州市小倉北区出身。所属芸能事務所はLa・Fuente。所属レーベルはユニバーサル シグマ。公式ファンクラブは「equal」。

表記名はチャゲ(1979年 - 1989年)、CHAGE(1989年 - 2008年)、Chage(2009年 - )と変わっている。

1978年、高校時代からの友人で既に出場経験のあった宮﨑(飛鳥涼)に誘われて『第15回ヤマハポピュラーソングコンテスト』(通称・ポプコン)福岡大会』へ飛鳥とは別にエントリーした。

その時、ヤマハのディレクターから「2人で組んでエントリーしてみないか」と誘われて『九州大会』に出場し(エントリー名は“チャゲ”)、「優秀曲賞」を貰う。同年秋に開催された『第16回ポプコン』で初めて“チャゲ&飛鳥”としてエントリーして念願のつま恋(静岡県掛川市)で開催される『本選会』への出場権を獲得(この時のチャゲ&飛鳥は7人編成のバンドだった)。本選会で「入賞」を果たした。1979年の『第17回ポプコン大会』も本選まで出場しグランプリ獲得を目指したが、結果はまたも「入賞」となってしまった。

1979年8月25日、チャゲ&飛鳥(CHAGE and ASKA)としてワーナー・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン)からシングル「ひとり咲き」でデビュー。

1984年、石川優子とデュエットし、“石川優子とチャゲ”名義で発表した「ふたりの愛ランド」が夏のヒット曲となる。

1989年、村上啓介、淺井ひろみとともにバンド“MULTI MAX”を結成。1997年までにシングル7枚、アルバム7枚を発表した。

2009年1月30日、お互いのソロ活動を充実させるためCHAGE and ASKAを無期限活動休止にすることを発表。

2013年1月25日、活動休止中であったCHAGE and ASKAを再始動させることを一旦発表。3月、昨年の茶会の評判に応えて『Chageの茶会2013 〜座・藍燈横濱〜 Again』を大阪・名古屋・福岡・横浜で開催した。しかし6月11日、体調不良を訴えたASKAが医師による診察で一過性脳虚血症の疑いがあり静養が必要と診断。そのため、当初8月に開催予定だったCHAGE and ASKAとしてのスペシャル・ライブの延期を公表するが、その後完全中止が決定される。

2014年5月17日、一連の騒動で活動自粛中であったASKAが警視庁に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。翌日にはChageが、広島でのファンクラブ・イベント公演後に報道陣の前に姿を現して謝罪した。

引用元:Chage - Wikipedia




チャゲ&飛鳥



2022年1月5日水曜日

八神純子



1月5日は、シンガーソングライターの八神純子の誕生日です。

八神 純子(やがみ じゅんこ、1958年1月5日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。アメリカ合衆国在住。ジューン・スタンレー (June Stanley) 名義での活動もある。

1974年10月13日に開催された『第8回ヤマハポピュラーソングコンテスト』に出場し、「雨の日のひとりごと」で優秀曲賞に入賞。同大会では「幸せの時」もノミネートされ入賞曲に選ばれた。

1974年12月10日、シングル『雨の日のひとりごと』で、キャニオン・レコードのAARD-VARKレーベルよりプレ・デビュー。翌1975年2月10日には2枚目のシングル『幸せの時』もリリースされた。

1975年5月に開催された『第9回ヤマハポピュラーソングコンテスト』にも出場し「幸せの国へ」で優秀曲賞に入賞。また2年連続で「幸せの国へ (Hand in Hand) 」で『第6回世界歌謡祭』に出場した。

1978年1月5日、20歳の誕生日にディスコメイトレコードより、シングル『思い出は美しすぎて』でプロ歌手として本格デビューを果たす。この曲はオリコン最高位25位、売上12万枚のヒットとなった。同年6月25日、デビュー・アルバム『思い出は美しすぎて』を発売、オリコン最高位5位のヒットとなる。

1978年9月5日に「みずいろの雨」をシングルとしてリリースしたところ、有線放送やラジオ番組を中心にリクエスト回数が増え始めてオリコンチャートの順位も上昇し、TBS系で1978年1月に放映開始された音楽番組『ザ・ベストテン』の注目曲を紹介するコーナー「今週のスポットライト」に出演したことで全国区に知名度を上げた。八神は「一夜にして大ブレイクした」と語っている。シングル『みずいろの雨』はオリコン最高位2位、売上60万枚の大ヒット曲となった。

翌1979年4月5日には、セカンド・アルバム『素顔の私』を発表しオリコン最高位1位を獲得。同年には、『想い出のスクリーン』『ポーラー・スター』と、立て続けにシングルヒットを飛ばした。ピアノ弾き語りをしながらサンバホイッスルを吹くというスタイルを特徴とし、首からいつもトレードマークのように十字型のサンバホイッスルを下げていた。

1980年7月21日にリリースしたシングル『パープルタウン 〜You Oughta Know By Now〜』がオリコン最高位2位、売上60万枚の大ヒットとなった。同年11月5日のシングル『Mr.ブルー 〜私の地球〜』は、NHK総合『パノラマ太陽系』のテーマソングに起用され、1981年には『I'm A Woman』(ヤマハオーディオ)、1982年には『サマー イン サマー 〜想い出は、素肌に焼いて〜』(JAL沖縄キャンペーン'82)と、企業タイアップ曲で着実にシングルヒットを飛ばした。

引用元:八神純子 - Wikipedia







2022年1月4日火曜日

ミック・カーン (元 JAPAN・ベーシスト)



1月4日は、イギリスのバンド「JAPAN」のベーシストとして知られ、日本のミュージシャンとの親交も深かった、ミック・カーンの命日です。2011年1月4日没。52歳。

ミック・カーン(Mick Karn、1958年7月24日 - 2011年1月4日)は、イギリスのミュージシャン。元ジャパンのベーシストとして知られる。キプロス共和国(当時はイギリス領)のニコシア出身で、本名はアンドニス・ミカリディス(Andonis Michaelides)。

ロンドン南部のCatford Boysという私立の男子校でデヴィッド・シルヴィアンとその実弟であるスティーヴ・ジャンセンと知り合いジャパンを結成。卒業後にリチャード・バルビエリと偶然地下鉄の駅で再会し、メンバー不足だったジャパンにカーンが誘い入れた。

ジャパン時代は眉を剃り上げ、髪は真赤に染め、演奏時に両足爪先立って横歩きするなど、ボーカルのデヴィッド・シルヴィアンに勝るとも劣らぬ強烈な存在感を見せつけていた。その演奏力は同業者にも高く評価されており、ジャパン時代にはジェフ・ベックのツアーメンバー選定のセッションに招聘されたりもした。

1982年のジャパン解散後は、ソロ活動をはじめ多くのミュージシャンと組んで作品を残している。有名なものは元バウハウスのピーター・マーフィーとのユニット「ダリズ・カー」、デヴィッド・トーンとテリー・ボジオと組んだ「ポリタウン」、元ジャパン・メンバーによる「JBK(ジャンセン/バルビエリ/カーン)」など。セッション・ミュージシャンとしても、「No-Man」やケイト・ブッシュ、デヴィット・トーン、ゲイリー・ニューマン等のアルバムの制作に参加した。

日本のミュージシャンとの活動も多く、SUGIZO、布袋寅泰のアルバムに参加、NiNaではサポートメンバーを務めている。また、2001年には、佐久間正英、ビビアン・スー、土屋昌巳、屋敷豪太という顔合わせで「The d.e.p」を結成している。

土屋昌巳との関係が深く、土屋のソロアルバム『RICE MUSIC』『LIFE IN MIRRORS』『HORIZON』『Mod' Fish』『森の人 Forest People』などにもベースとして参加している。また一風堂の後期の作品にもサポート・ミュージシャンとして参加している。

2010年6月、公式サイトにて進行性の癌である事を公表。 2011年1月4日、イギリス・ロンドンの自宅にて死去したことが公式サイトのトップページにて告知された。52歳没。

引用元:ミック・カーン - Wikipedia









人気の投稿(過去7日間)