2019年1月14日月曜日

近代映画増刊 河合奈保子フォトメッセージ [電子書籍版]


1980年代を代表するトップアイドル・河合奈保子を特集した写真集『近代映画増刊 河合奈保子フォトメッセージ』が一冊丸ごと電子書籍で甦る!

96年の結婚発表、翌年の出産を機に芸能活動を休止した彼女は、いまだ高い人気を誇る「生きる伝説アイドル」。
そんな彼女のデビュー2年目の夏をギュッと凝縮したお宝の一冊だ。

「グアムのシャイニング・ビーチに踊る!」
「トロピカル・サンセットは永遠の祈り」
「気分最高!高原のペンション・ライフ」
「スイング!スイング!オン・ステージ」

などコンテンツ充実の写真集で、河合奈保子の魅力を再発見できるはずです。


大好評配信中の河合奈保子写真集電子化復刊プロジェクト第3弾は、1981年刊の『近代映画増刊 河合奈保子フォトメッセージ』だ。グアムでのビキニ撮り下ろしや、東京散策ロケ、初の単独コンサートのレポートなど、河合奈保子の魅力が満載の一冊。デジタル補正で鮮やかに甦った電子書籍から、その一部をお届けする。

引用元:河合奈保子 グアムでのビキニ撮り下ろしほか秘蔵写真│NEWSポストセブン






DMM 近代映画増刊 河合奈保子フォトメッセージ

別冊近代映画 河合奈保子特集号 [電子書籍版]


1980年代を代表するトップアイドル・河合奈保子をデビュー当時に特集した『別冊近代映画』が一冊丸ごと電子書籍で甦る!
96年の結婚発表、翌年の出産を機に芸能活動を休止した彼女は、いまだ高い人気を誇る「生きる伝説アイドル」。
そんな彼女の初々しい水着姿から、実家ロケ、直撃150問インタビュー、日本レコード大賞新人賞受賞シーンなど、当時の熱気あふれる誌面が鮮やかに復活します。
あなたが知らなかった河合奈保子との「再会」をぜひお楽しみください。


2018年12月20日よりスタートした、河合奈保子の写真集電子化復刊プロジェクト。きっかけは、古書店で4万円超の高値がついていた『別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3』の特集(第1弾として配信)だった。読者の反響が大きかったが、ほとんど手に入れることのできない「幻の雑誌」となっていたので、週刊ポスト編集部が近代映画社に電子書籍化を打診し、実現に至った。

第2弾配信は、1981年刊の『別冊近代映画 河合奈保子特集号』だ。まぶしいビキニ姿はもちろん、晴れ着グラビアや直撃150問インタビュー、日本レコード大賞新人賞受賞時のレポートなど全130ページの充実の内容を誇る。デビュー当時の彼女の姿が、デジタル補正で画像鮮やかに甦る。

引用元:河合奈保子の晴れ着姿に再会できる! 伝説写真集が復活│NEWSポストセブン





別冊近代映画 河合奈保子特集号 河合奈保子×近代映画
小学館 (2019-01-04)
売り上げランキング: 2,379

DMM 別冊近代映画 河合奈保子特集号

別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3 [電子書籍版]


1980年代を代表するトップアイドル・河合奈保子を特集した伝説の雑誌が、36年ぶりに電子書籍として一冊まるごと甦る!
96年の結婚発表、翌年の出産を機に芸能活動を休止した彼女は、いまだ高い人気を誇る「生きる伝説アイドル」。
そんな彼女のビキニグラビアから旅ロケ、ロングインタビュー、自身が選ぶ楽曲ベストテンなど、19歳の等身大の姿をありのままに収録した『河合奈保子スペシャルパート3』は、中古市場でも数万円の値がつくほどの「お宝雑誌」となっている。
当時ファンだった人も、初めて彼女を知る人も、河合奈保子の虜になること間違いなし!


 西城秀樹の名を冠する「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」で1980年にデビューした河合奈保子。ファンの脳裏には、ステージでスポットライトを浴びて歌う姿や、浜辺で弾ける笑顔を見せる姿が焼きついているはずだ。

そんな河合奈保子を特集した『別冊近代映画』が電子書籍として丸ごと復活することになった。1980年代、アイドル誌として有名だった『近代映画』の姉妹雑誌『別冊近代映画』では、河合を7回にわたって特集。その中の『別冊近代映画 河合奈保子スペシャル PART3』は、沖縄でのビキニ姿やグッズプレゼントなど丸ごと1冊河合奈保子特集となっており、特に人気が高かった。デジタル版は、この『PART3』を皮切りに、2019年2月までに全7巻が順次配信される。

引用元:河合奈保子の伝説『別冊近代映画』が電子書籍で丸ごと復活へ│NEWSポストセブン


河合奈保子 若さあふれるビキニ写真と自宅の間取り図│NEWSポストセブン


河合奈保子・19歳 プレミア写真集の未公開水着カット│NEWSポストセブン





DMM 別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート 3

「のびしろガール」田中芽衣、初のスタイルブック「田中芽衣スタイルブック 0-18 ゼロカラジュウハチ」(2018/10)


【内容情報】(出版社より)
モデル、女優として活躍し、ファッションアイコンとして抜群の影響力を持つ田中芽衣の、初となるスタイルブック。
自身が撮影地として選んだ故郷・熊本での素顔や、初めてのランジェリーグラビア、ALL撮り下ろしの私服をはじめ、
これまで語ってこなかった人生についてのロングインタビューも収録。
また、1冊を通して構成、内容、スタッフや写真セレクト、レイアウトに至るまですべてを自らがディレクション。
『0-18』<ゼロカラジュウハチ>というタイトルが表す通り、人生すべてを詰め込みました。
正真正銘の“田中芽衣本人編集”で、彼女の持つ世界観、頭の中を存分に堪能できる内容です!
<収録予定コンテンツ>
・熊本、私の生まれた場所
・初めてのランジェリー
・変身願望ーいろんな私に着替えて
・ロングインタビュー これまでとこれから
・Q&A
・私の好きな10のこと
・#めいしふく ALL撮り下ろし拡大版
・芽衣's beauty

……and more!!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今、1番憧れられてる大人気モデル田中芽衣責任編集!1stスタイルブック。ALL撮り下ろしの#めいしふく、ビューティの秘密、初のランジェリーグラビアも。私服コーデやプライベート、頭の中まで全公開!

【目次】(「BOOK」データベースより)
PROLOGUE0/My favorite 10 things/IWANNA BE…/#めいしふく/らんじぇりーらぶ/ABOUT ME/メイクヤスキンケアノコト/I 〓 MOM/Q&A/Shop List・Staff List/EPILOGUE18

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田中芽衣(タナカメイ)
2000年1月28日生まれ、熊本県出身の18歳。ティーンファッション誌モデル時代から同世代を中心に熱く支持され、’18年現在、『JELLY』の専属モデル、『mini』『LARME』のレギュラーモデルとして活躍。テレビドラマ出演をはじめ、第71回カンヌ国際映画祭のショートフィルムマーケットに出品された『七年目の化石』にも主演し、活動の幅を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

注目のファッションアイコン田中芽衣、自身が責任編集を手掛ける1stスタイルブックが10月18日(木)発売決定!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース


田中芽衣、ランジェリー姿も披露 大人と少女の狭間を切り取る<Q&Aも/モデルプレスインタビュー> - モデルプレス


田中芽衣「全部やり切った」ランジェリー撮影振り返る 安室奈美恵さんへの憧れも言葉に - モデルプレス


18歳・田中芽衣、モデルとしてのこだわり 「海外の仕事をスムーズにやりたい」1人旅で刺激求める | ORICON NEWS



CM:栄光ゼミナール のびしろガール 15秒/田中芽衣


【森下乳業】人気モデル《モモ》出演!まるで桃!新感覚アイス『HaPPy Peach』TVCM/放課後ソーダ日和 劇中CM/田中芽衣

2019年1月10日木曜日

【実は思い過ごし!?】自分自身の体臭に怯える女性のうち「2割以上」は人並み以下の体臭だった。1500件の体臭検査で分かった日本人の体臭傾向と改善策【第2弾】

皆さんの中で、自分の本当の体臭を把握されている方は一体どれくらいいるのでしょうか。

正直なかなか自分の体臭に自分で気がつく人はそうは多くはないと思われます。

ただ他人にはよくわかってしまうのが体臭で、人に指摘されるまで気がつかない、というのが正直なところでしょう。

人の前に立つと、その人の顔色が変わった様に見えてしまったり、咳やくしゃみをされたり、窓を開けられたり…そういうことが繰り返されると、もしかして自分は臭いのではないだろうか、などと疑心暗鬼に陥る方も多いのではと思います。

特に女性にとっては自分の匂いが他人に知られてしまうことは、正直あまり気持ちいいものではないでしょう。

そんな体臭に悩む日本人のうち、16.0%が人並み以下の体臭である、いわゆる【自己臭恐怖症】であるという結論を得た、という記事の紹介です。

【実は思い過ごし!?】自分自身の体臭に怯える女性のうち「2割以上」は人並み以下の体臭だった。1500件の体臭検査で分かった日本人の体臭傾向と改善策【第2弾】

体臭検査と改善策提案を行う「体臭クリーニング(株式会社ベネフィット-イオン運営)」では、保有する日本人1500人の体臭データを分析し、体臭に悩む日本人のうち、16.0%が人並み以下の体臭である、いわゆる【自己臭恐怖症】であるという結論を得たのだそうです。

また女性に於いては実に21.6%の人が強い体臭や忌避度の高い体臭ではないにもかかわらず、自身の体臭に対して、深く、そして長い期間悩んでいたということが判明したとか。

男性においても同様に体臭データを分析したところ、わずかに8%の方が自分の体臭に関して悩んでいた、ということなんですね。

そう、そこで実は思い過ごし!?ということが言えます。

ただ、やはり匂いや除菌などに近年やや過敏になりすぎているきらいもあるので、この傾向は、清潔、無臭志向に大きく傾いている現代日本社会を背景として捉えると、今後も更に拍車がかかるものと予想される、らしいのですね。

確かに独特のワキガ臭いという方は存在しますが、そこまで正直気にするものかなと個人的には思っています。

ただし「自分自身に体臭があり、周りに迷惑をかけている」という思い込みに囚われ過ぎる、というのも実はよくないことなのかな、と思います。

どうしても体臭が気になると思っている方は、是非一度リンクされている先をご覧いただければと思います。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事