2014年1月28日火曜日

トロロッソ STR9 & ザウバー C33 ノーズデザイン



2014年のF1はレギュレーションの変更により新しく搭載されるターボユニットも注目なのですが、最も注目されているのがその車体デザイン。特にノーズ部分のデザインは各社それぞれのレギュレーション内での解釈で様々なデザインが披露されている。

スクーデリア・トロロッソの2014年シーズンを戦うニューマシンが発表された。今年からルノーエンジンにチェンジするのでそこも見所なのだが、注目のノーズデザインは「突起ノーズ」なにやら取って付けた感じで先端にくっ付けただけの様な感じもしなくもないのだが、側面から見るとそうでもなくローノーズっぽく見えるんだよね。もしかしたらレッドブルもそんな感じになるのかしら…うーん。






突起ノーズを採用。トロロッソが新車『STR9』発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)突起ノーズを採用。トロロッソが新車『STR9』発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

スクーデリア・トロロッソは27日、2014年シーズンを戦うF1マシン『STR9』を発表した。

 今季は、ダニエル・リカルドのレッドブル昇格に伴い、昨年のGP3チャンピオンであるダニール・クビアトを抜擢したトロロッソ。レッドブルのジュニアチームという発足当初からのコンセプトを保ちつつも、中堅チームとしても確固たるポジションを築いてきた。

 そのイタリアチームは、昨年までフェラーリからエンジンの供給を受けてきたが、今年は大幅なレギュレーション変更に合わせて、レッドブルと同じルノーのパワーユニットを搭載、新シーズンを前に新たな体制も築き上げた。

 翌日に開幕する合同テストの舞台、ヘレス・サーキットでお披露目された『STR9』は、そんなチームの期待を背負って登場。ベルニュとクビアトによってアンベイルされたマシンは、今年もチーム伝統のカラーリングが施された。

 注目を集めるフロントエンドは、なだらかなアングルを維持してローノーズを形成しているが、先端は中央だけが突き出たかっこうに。一方、リヤエンドでは、ルノーのロゴが躍るサイドポンツーン後端がかなりきつく絞り込まれている印象だ。




先日発表されたザウバーF1チームの新車C33のノーズデザインが披露されている。これはこれで、アリなのかな。割合とマトモな感じに見られる様になって来た。もっと変なのを見てしまったから、目が慣れて来たのかな。

ザウバーF1チームは27日、新スポンサーの発表に合わせて、新車『C33』のノーズデザインを明らかにした。

 前日26日に新車『C33』を発表したザウバーだが、チームがリリースしたのはサイドから映した2枚の画像だけで、ノーズの詳しい形状は分かっていなかった。

 この日、チームはメキシコの金融企業「Unifin」とプレミアムパートナー契約を結んだと発表し、それに伴って同社のロゴが掲載されたノーズのトップビュー画像を公開した。

 それによれば、『C33』のノーズ形状は、先端の中央部分が極端に突き出たものであることが分かる。