2014年1月26日日曜日

フェラーリ F14 T


スクーデリア・フェラーリは25日、2014年のF1を戦うニューマシンを発表した。「F14 T」と題されたそのマシン…レギュレーションの変更により各コンストラクターズによる様々な車体の処理が気になる所…世界的に注目されている「F14 T」のノーズの処理だが、ここは地を這う様なノーズの処理となりました。スロープ・ノーズと呼ばれているが、巷ではエレファント・ノーズとか掃除機だとか散々な言われようですが。しかし同じローノーズにするのならもう少し美しく処理出来なかったものかと思います…。アロンソもライコネンもどことなく飽きれた表情をしている様な気がします。

【動画】フェラーリ F14 T、ラウンチムービー - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)






フェラーリ、新車『F14 T』を発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)フェラーリ、新車『F14 T』を発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

フェラーリは25日、2014年シーズンを戦うF1マシン『F14 T』を発表した。

 今シーズン、ダブルワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソと跳ね馬最後のドライバーズチャンピオン(2007年)として復帰したキミ・ライコネンというグリッド最強のコンビがドライブする期待のマシンは、ファンの投票によって『F14 T』と名付けられた。

 この、フェラーリ60代目のシングルシーターは、現地時間25日午後、チームの公式サイト上でショートムービーとともに発表された。

 注目の『F14 T』は、今年もフェラーリ伝統の真紅に彩られ、その姿を披露。ウイリアムズ、マクラーレン、ロータスと次々に衝撃的なノーズデザインが明らかになる中、フェラーリも2014年の新レギュレーションに沿ってフロントエンドに独自のソリューションを見いだしている。
 しかしながら、『F14 T』のノーズは、他のライバルに比べてよりフラットで路面を這うようなデザインを採用。ノーズ先端もモノコックからの幅を維持している。



人気の投稿(過去7日間)