2014年1月31日金曜日

【2014 F1合同テスト】ヘレステスト4日目 小林可夢偉 ケータハム CT05



可夢偉がコースイン、生憎の雨も早速タイム刻む - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)可夢偉がコースイン、生憎の雨も早速タイム刻む - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

31日、スペインのヘレス・サーキットでF1合同テストの4日目がスタートした。最終日のこの日はケータハムから小林可夢偉が出走、彼の2014年最初の公式セッションに注目が集まっている。

 ここまでケータハムはマーカス・エリクソンが最初の2日間を走り、3日目はリザーブドライバーのロビン・フラインスがCT05をドライブしたものの、トータルでの周回数はわずか22周と苦戦。ベストタイムも唯一タイム計測を行った2日目の1分37秒975と、ライバル勢から遅れをとっている。

 迎えた最終日は生憎のウエットコンディションで、可夢偉も自らTwitterに「残念ながら今日は1日雨っぽい」とつぶやいている。

 セッション開始25分、可夢偉はフルウエットタイヤで最初のコースインを果たすと、開始1時間で2回の走行を実施。その後、3回目の走行にも取りかかった可夢偉は、開始から1時間13分に1分50秒299というタイムを記録、比較的順調なスタートを切っている。



小林可夢偉が、ケータハム CT05で初走行。ヘレステスト最終日のテストを開始した。

残念ながら、最終日のヘレスは雨。セッションはウェットコンディションでスタートした。

小林可夢偉は、現地時間8時25分にケータハムのガレージを離れ、ウェットタイヤを装着したCT05でインストレーションラップを完了した。 

ケータハムでF1復帰を果たした今年、小林可夢偉はブラックを基調にしたヘルメットを着用。これまでとは異なる雰囲気を醸し出している。



人気の投稿(過去7日間)