2014年1月28日火曜日

レッドブル RB10


ここ数年のF1を牛耳って来た感じのレッドブル(セバスチャン・ベッテル)。注目の2014年仕様のニューマシンが28日にお披露目となった。やはりここもアリクイノーズか…と思ったのですが、よくよく見てみるとただ闇雲に突き出してあるのではなくウイングのステーの様に処理されているし翼端板がわりになっていて上手く空気を下方に流れる様になっている…様に見える。カーボンむき出しになっていてブラックアウトで極力突き出しが目立たない様になっているのもいいかも。さて、今年のレッドブルはどうなんでしょうか。



 

レッドブル『RB10』は黒いアリクイ - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)レッドブル『RB10』は黒いアリクイ - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

28日、ダブルタイトル4連覇中の王者レッドブル・レーシングが、2014年シーズンに投入するF1マシン『RB10』を発表した。

 2010年から4年連続でドライバーズとコンストラクターズの両選手権を制しているレッドブル。そのチャンピオンマシンを生み出してきた“空力の奇才”エイドリアン・ニューエイが今季の新レギュレーション、特に話題のフロントノーズにどのようなソリューションを見いだしてくるのかF1界全体が注目するなか、この日開幕する合同テストの舞台、ヘレス・サーキットで披露された。

 今年も、ディフェンディングチャンピオンのセバスチャン・ベッテルと、マーク・ウエーバーの引退によってジュニアチームのトロロッソから昇格を果たしたダニエル・リカルドがドライブする『RB10』は、タイトルスポンサーのインフィニティのロゴとお馴染みのレッドブルカラーをまとって登場。
 注目のノーズセクションは、一見するとこれまでのトラディショナルな形状を維持しているようにも見えるが、ノーズ先端はアリクイの鼻を思わせるような突き出た形状に。またその先端部分は縦にも一定の幅を確保しており、ここに何らかの意図も感じられる。チームはこの部分を黒いカーボン地で残し目立たないようにしている。
エイドリアン・ニューウェイ、ノーズ形状は“不愉快なほど恥ずかしい” 【 F1-Gate.com 】エイドリアン・ニューウェイ、ノーズ形状は“不愉快なほど恥ずかしい” 【 F1-Gate.com 】

レッドブルのデザイナーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、RB10の発表会でノーズの形状を“不愉快なほど恥ずかしい”と述べるなどレギュレーションに不満を述べた。

レッドブル RB10は、“アリクイ”型のノーズが主流の中で若干正統派な形状を採用している。

だが、エイドリアン・ニューウェイは、F1マシンには“美学が重要”だと述べ、ノーズの形状を好んでいないようだ。

「おそらくは安全性の面を考えてのことだろう。例えば、数年前にマーク・ウェバーがコバライネンにぶつかって宙に浮いたような形でマシンが前車に衝突したときの危険を削減できる。これが実際に違いを生むのかどうかは議論の余地があるが、より安全だと見なされたので我々はそれに従っていくしかない」とエイドリアン・ニューウェイはコメント。

「おかしなレギュレーションだ。側視は一番の高さを求められるのに、その上でノーズの50mm前にしなければならないエリアがあり、それがかなり低めに設定されている。側視よりもはるかに低い」

「レギュレーションを満たすにはノーズのメインバルクとノーズから突き出すバルブという結局ほぼ2つのノーズを持つような形になる。私はこれを不愉快なほど恥ずかしいと思っている」

「私にとってF1マシンの美学は重要だ。マシンは格好良く見えなければならないし、このようなノーズはあまりそれを気に入っていない」