2014年11月24日月曜日

【決勝】2014 F1 アブダビGP(2014.11.23)


2014年F1シーズンもこのアブダビGPで全19戦という長かったシーズンに幕を下ろす。

ハミルトンとロズベルグ、この二人のドライバーズタイトルの行方に全世界が注目。そして今年度のタイトルが決定とともに怒濤のシーズンは静かに幕を閉じるのであった。

大物ドライバーのチーム間シャッフル、「ホンダ」復活、最年少ドライバーのF1参戦、チーム数がさらに減少、いろんな話題があり、様々な憶測が渦巻くF1。さて、来年のF1はいったいどこへ行くのだろう…。


ルイス・ハミルトンが、全19戦におよんだチームメイトとのタイトル争いを制し、2014年のF1ワールドチャンピオンに輝いた。

 アブダビで迎えた今季最終戦。ランキング首位に立つハミルトンの17ポイントリードで迎えた一戦は、1996年にデーモン・ヒルとジャック・ビルヌーブが争った日本GP以来となる最終戦のチームメイト同士によるチャンピオン決定戦となった。

 レースは、予選2番手のハミルトンが抜群のスタートでトップに立つと2番手を走るニコ・ロズベルグとの差を徐々に広げていく。すると、そのロズベルグにレース中盤パワーユニット(ERS=エネルギ回生システム)のトラブルが発生し、大きくペースダウン。終盤はリタイア寸前までいったロズベルグは、なんとか完走を果たしたものの、まさかの周回遅れとなる14位でチェッカー。一方、終始レースをコントロールしていたハミルトンは、終盤フェリペ・マッサの追い上げを許すもトップは譲らず、今シーズン11勝目となる通算33回目のトップチェッカー!
 この結果、ハミルトンは、ドライバーズポイントで2位のロズベルグを67ポイント差で破り、2008年に続く自身2度目のドライバーズタイトルを手に入れた。

引用元:ハミルトン優勝で戴冠。ロズベルグ無情のトラブル - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)



ユニオンジャックとともにウイニングラップのハミルトン。


カメラにサインのハミルトン。


お互いたたえ合うハミルトンとロズベルグ。来年こそはお互いきちんとした形で勝負してもらいたい所。


小林可夢偉は42周目にリタイヤしたが、最後迄プッシュし続けたその姿勢を褒めてあげたい。可夢偉のこれからに注目だ。


派手に火を噴きながらコース脇に止めるロータス・ルノー(マルドナド)、リプレイ後に偶然続けて映ったロータスのスタッフの笑いはなんだろうw


国際映像に幾度となく挿入されたこのCGにちょっと笑ってしまったw


今日の美少女。将来が楽しみ?


2014年F1全ドライバー集合写真。チームが減って若干寂しい写真となってしまった。それではまた来年お会いしましょう。お疲れ。

F1第19戦アブダビGP 決勝レース結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)