2014年9月24日水曜日

能年玲奈主演映画「海月姫」主題歌にSEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」


12月27日より公開予定の能年玲奈主演映画「海月姫」の主題歌にセカオワことSEKAI NO OWARIが起用される。「マーメイドラプソディー」という題名の曲で映画のための書き下ろしだ。

セカオワ、能年主演「海月姫」主題歌を担当 - 音楽ナタリー
SEKAI NO OWARIが12月27日より全国で公開される映画「海月姫」の主題歌「マーメイドラプソディー」を書き下ろしたことが明らかになった。

「海月姫」は東村アキコのマンガを原作とした作品で、能年玲奈や菅田将暉、池脇千鶴をはじめ、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえといった面々が出演する。今回オファーを受けたSEKAI NO OWARIは撮影現場を見学し、そこで得たインスピレーションから「マーメイドラプソディー」の制作に取り掛かった。作詞を手がけたSaoriは「(映画のヒロインたちの)閉じこもっているけど、一歩外に出てみようとしている感じを私も知っているぞと思って、自分とリンクする部分を人魚の話で書いてみようと思い、すぐにピンときて詞を書けました」とコメント。主演の能年は「可愛らしい曲で、敢えて、人魚の曲になっているのが、海月姫のストーリーからまた別の物語を思わせるような気がします。アナザーストーリーが生まれそうですね」と楽曲の感想を述べている。

また今回彼らを起用した映画の制作プロデューサーは「ポップなメロディに強いメッセージを秘めた彼らの音楽が、映画『海月姫』にさらなるパワーを与えてくれると思い、他のアーティストは考えられなかったです。あがってきた主題歌は、映画の世界観そのもの。この主題歌で初めて映画が完成しました」と「マーメイドラプソディー」を絶賛している。

能年玲奈 コメント

可愛らしい曲で、敢えて、人魚の曲になっているのが、海月姫のストーリーからまた別の物語を思わせるような気がします。アナザーストーリーが生まれそうですね。