吉岡里帆、写真集「so long」2018年7月20日に発売!

女優の吉岡里帆が、7月20日に写真集(タイトル「so long」/集英社)を発売。


内容紹介

2014年6月に初撮影、7月に初掲載。まだデビュー間もない頃から『週刊プレイボーイ』が追い続けてきた旬の女優・吉岡里帆が、芸能活動5周年・25歳を迎えた区切りの年に放つ記念碑的写真集。

映画、ドラマの収録の合間を縫って、写真集としては異例の9日間にわたる長期ロケを敢行。女優として彼女が歩んできた道のりと歳月をひとつの「旅」に見立て、全144ページ完全撮り下ろしで役柄を脱ぎ捨てた「今の吉岡里帆」そのものに迫ります。

撮影の始まりは2018年4月19日から。旅の模様は吉岡里帆Instagram【@riho_yoshioka】ならびに写真集特設Instagram【@yoshioka_book】でお届けしていきます。出来上がった写真集を楽しむだけでなく、その旅(制作)の過程から読者の皆様と共有することができれば幸いです。

【プロフィール】
吉岡里帆 YOSHIOKA RIHO
1993年1月15日生まれ、京都府出身。『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。映画『明烏』などを経て、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、宮藤官九郎氏脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』などへの出演で注目を集め、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』など4期連続でドラマ出演を果たしブレイク。『カルテット』の来杉有朱役で第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞。2017年はTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』で民放連ドラ初ヒロイン、VOGUE JAPAN Women of the year2017を受賞。2018年1月クールでは『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演。今後は主演映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 (2018年秋公開予定、アスミック・エース) 、ヒロインとして出演予定の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年公開予定、松竹)など多数の出演作の公開を控えている。


吉岡里帆、役柄脱ぎ捨て“今の姿”完全撮り下ろし 異例のロケ敢行 - モデルプレス

写真集の撮影が始まりました! 9日間の海外、今までで一番長い距離を移動します。 大好きな人達とだけの旅。 毎日違う町に出向いて、面…

【決勝】フォーミュラE 開幕戦北京(2014.09.13) …追記アリ


全世界が注目する電気の力だけで走る新レーシングカテゴリー、フォーミュラEが開幕。予選と決勝レースが9月13日に行われた。北京で行われた開幕戦のウィナーは…

フォーミュラE 北京:優勝はルーカス・ディ・グラッシ! 【 F1-Gate.com 】
フォーミュラE 開幕戦・北京の決勝レースが13日(土)、北京 ePrix ストリートサーキットで行われた。

中国・北京にあるオリンピックスタジアム「鳥の巣」の周りに特設されたサーキットで初開催されたフォーミュラE 開幕戦。

25周で争われた決勝レースでは、最終ラップの最終コーナーでトップを争っていたニコラス・プロスト(e.dams)とニック・ハイドフェルド(ヴェチュリー)が接触するという波乱の結末。

結果、ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツABT)が、記念すべきフォーミュラE初優勝を手にした。2位にはフランク・モンタニー(アンドレッティ)、3位にはダニエル・アプト(アウディ・スポーツABT)が続いた。

アムリン・アグリンから参戦する佐藤琢磨は、レース序盤にトラブルによりコース上でストップ。無線が故障するというトラブルもあり、大きくタイムを落とした。その後、レースに復帰することはできたが、残念ながら完走はできず、4周遅れの17位という結果で終えた。

激しいクラッシュを喫したニック・ハイドフェルドだったが、怪我はないようで、接触したニコラス・プロストに走って駆け寄り、抗議した。

レースで序盤にセーフティカーが導入。レースを地上波で生中継したテレビ朝日は、ラスト1周を残して放送時間切れとなり、トップ争いの最も重要な瞬間を放送できなかった。

上記の時点での結果は暫定扱い。

追記:フォーミュラE北京:決勝公式結果 - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


思わぬ形でフォーミュラE初開催のウィナーとなったディ・グラッシ(アウディ・スポーツABT)


ハイドフェルド(ヴェチュリー)とニコラス・プロスト(e.dams)の最終ラップでの大惨事。ニックはよくあのクラッシュで無事だったものだ。テレビ朝日の生中継では残念ながら放送時間切れで白熱のラスト1周が放送出来なかった。ここが一番のクライマックスだったのに。


モータースポーツは最後まで何があるか分からないから素晴らしい。しかし折角の生放送なのに、地上波では例によってCMの嵐でちっとも落ち着いて見られなかった。そして最後まで放送出来なかった事はやはり悔やまれる。テレ朝はこれからもフォーミュラEを放送して行くつもりならば、今後の放送体制についても相当に熟考する必要がある。


状況的にも不利だったが佐藤琢磨らしい追い上げも見せるが、トラブルでストップしてしまう。最終的に21周目でリタイヤ。


注目のピットストップは別の同型車に乗り換えるというもの。これからこの件についてもよく考慮する必要があるのかと。


セーフティーカーもハイブリット車だ。BMW i8、カッコいい。


二世ドライバー勢揃いの図(ブルーノ・セナは甥だが。いろんなところが親父そっくりのニコラス・プロスト、そしてネルソン・ピケJr.)

フォーミュラE 北京 予選:ニコラス・プロストがポールポジション 【 F1-Gate.com 】
フォーミュラE 北京 予選が13日(土)、北京 ePrix ストリートサーキットで行われた。

フォーミュラEの予選は、最速タイムを争う直接対決。20名のドライバーが5名ずつ4つのグループに分けられ、各グループは10分間でタイムアタックを行う。ポールポジションを獲得したドライバーには3ポイントが付与される。

記念すべきフォーミュラEの初ポールポジションを獲得したのはニコラス・プロスト(e.dams)。2番手にはルーカス・ディ・グラッシ、3番手にはダニエル・アプトとアウディ・スポーツABT勢が続いた。

予選2組目に入った佐藤琢磨は、1分44秒129を記録し、14番手だった。
自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪