2014年9月25日木曜日

AC/DC、ニューアルバム「Rock Or Bust」12月リリース!


偉大なるハード・ロックンロールバンド、AC/DCの2008年の「Black Ice」以来6年ぶりとなるニューアルバム「Rock Or Bust」が12月にリリースされる模様。同時にかねてより病気療養中だった結成時からのメンバー、偉大なるリズム・ギタリストであるマルコム・ヤングの離脱も発表。

AC/DCの新アルバム『Rock Or Bust』が日本でも発売に - amass
AC/DCの新アルバム『Rock Or Bust』が日本でも発売に。国内盤は12月3日(米国:12月2日) 日本でのリリース元はソニー・ミュージックジャパンインターナショナル。

スタジオ・アルバムの発表は2008年の『Black Ice』以来、6年ぶり。前作同様、プロデューサーはブレンダン・オブライエン(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パール・ジャム、ブルース・スプリングスティーンなど)、ミックス・エンジニアはマイク・フレイザー(メタリカ、エアロスミス、ヴァン・ヘイレンなど)が担当。全11曲を収録予定。

AC/DCから、嬉しい知らせと悲しい知らせ | AC/DC | BARKS音楽ニュース
水曜日(9月24日)、「残念なことに、病気のため、マルコムはバンドに復帰しません。AC/DCは『Rock Or Bust』をサポートし2015年に世界ツアーを計画しています。『Rock Or Bust』では創立メンバーのアンガスとマルコム・ヤングの甥であるスティーヴ・ヤングがリズム・ギターをプレイしており、彼がツアーに参加します」との声明が発表された。

AC/DCは4月「40年間AC/DCに人生を捧げてきたギタリストで創設メンバーのマルコム・ヤングが、体調が優れないため、バンドの活動を休止するになりました。マルコムは、世界中の大勢の熱狂的なAC/DCファンの果てしない愛とサポートに感謝しています」「このお知らせを踏まえ、AC/DCはこの期間、マルコムと彼の家族のプライバシーを尊重していただけるようお願い申し上げます。バンドは音楽を作り続けていきます」と話していた。