2014年9月7日日曜日

【予選結果】2014 F1イタリアGP


伝統のモンツァサーキット、ハミルトン(メルセデス)はスペインGP以来のポールポジション。

ハミルトンがPP奪取。ウイリアムズが2列目 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
2014年F1第13戦イタリアGPは6日(現地時間)、ミラノ郊外にあるアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァで公式予選が行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが今シーズン5回目、通算36回目のポールポジションを獲得した。ケータハムの小林可夢偉は19番手につけた。

 フェラーリのホーム、超高速サーキットのモンツァを舞台に行われるイタリアGP。絶好のドライコンディションのなか、ノックアウト方式で行われた土曜日午後の予選は、セカンドラウンドのQ2でフェラーリを駆るキミ・ライコネンが脱落し、メルセデス、レッドブル、ウイリアムズ、マクラーレンの各2台とフェラーリのフェルナンド・アロンソ、フォース・インディアのセルジオ・ペレスという10台で最終ラウンドのQ3を迎えた。


フリー走行でメルセデスは両ドライバーにトラブルが発生したが、予選では盤石の1-2。決勝で何もなければいいのですが。

F1第13戦イタリアGP、公式予選 総合結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


モンツァの名物コーナー、パラボリカの改修で思い切った飛び込みを見せるマシンが目立った。復活の小林可夢偉も走らないマシンに鞭打って素晴らしい走りを披露。予選で19番手という結果を残した。