竹内涼真、写真集「Ryoma Takeuchi」発売記念イベント!

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」の発売記念イベントが、本日7月21日に東京・池袋パルコ パルコミュージアムにて行われた。

これは、明日7月22日から8月6日まで開催される「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」の会場にて実施されたもの。この写真展は、同写真集の未収録カット200点以上で構成され、カメラマン伊藤彰紀によってカンボジアで撮影された4万6000枚の写真から厳選カットが展示される。引用元:竹内涼真、“色気”テーマの写真集に自信「ヒゲも毛穴もじっくり見ていただければ」(写真7枚) - 映画ナタリー
「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」ビジュアル

「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」会場限定カバーの「Ryoma Takeuchi」(イメージ)。

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」が7月12日に発売される。

クールでひねくれ者の高校教師・弘光由貴を演じた「センセイ君主」の公開を8月1日、志尊淳と共演した「走れ!T校バスケット部」の公開を11月3日に控える竹内。128ページで構成される「Ryoma Takeuchi」には、カンボジアを訪れた竹内を海、遺跡、夜の街、ベッドなどで撮影した写真が収められた。竹内は同書に掲載されているインタビューにて「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、できるかと言われれば難しい。これ以上のものはつくれない、と言い切れるくらい集中して取り組めました」と語っている。引用元:竹内涼真をカンボジアで撮った写真集発売「これ以上のものはつくれない」 - 映画ナタリー

内容紹介
25歳、竹内涼真のすべてがここに。

まっすぐな強さ、俳優としての自信、オトナの色気、
「こんな竹内涼真、見たことない」という“初見せ"が凝縮の一冊。

過密スケジュールの合間に飛び立ったのは、初めて訪れたカンボジア。
海、船、赤土、遺跡、夜の街、シャワー、ベッド......。
24歳から25歳にかけてさらに大きく飛躍した竹内涼真が
すべてを出し尽くし、集中し、本気で挑んでくれました。


「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、
できるかと言われれば難しい。これ以上…

【決勝】2015 F1 第10戦 ハンガリーGP(2015.7.26)

2015年F1第10戦ハンガリーGP、決勝レースが7月26日(日)ハンガロリンクにて行われた。レース直前にはジュール・ビアンキへの黙祷が行われ、彼に対する追悼レースとなった。

スタートで一気に前へ出たフェラーリのベッテル。後方の大混乱をものともせず彼の得意なペースで無事逃げ切り、今季2勝目をフェラーリに、ティフォシに、そしてビアンキに捧げた。

レース開始10分前にはジュール・ビアンキへの黙祷が行われた。昨年の鈴鹿でひん死の大クラッシュ、ここまで懸命な治療が続けられて来たが7月17日にこの世を去った。

2015年F1第10戦ハンガリーGPは26日(現地時間)、首都ブダペストにあるハンガロリンクで70周の決勝が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今季2勝目となる通算41回目のトップチェッカーを受けた。

 今季前半戦を締めくくるシーズン折り返しの第10戦ハンガリーGP。スタート前に黙祷が捧げられたジュール・ビアンキへの追悼レースとなった一戦は、オープニングラップから波乱が起きる荒れたレースとなった。

引用元:ベッテル、ビアンキに捧げるV。健闘アロンソ5位 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


スタートで一気に前に出るベッテル、そしてライコネンもそれに続く。メルセデス勢のスタートも本当によくなかったしメルセデスにとって悪夢の一日だったと言える。しかしここまで常勝イメージのメルセデス勢が下位に沈んだだけでこんなにもレースが面白くなるもんだなぁ、となぜか実感してしまった。F1グランプリの中でもいちばん詰まらないとされて来たハンガロリンクもあくまで故意ではない不確定要素がレースを幾らでも面白くしてくれる。詰まらないと見放すのは簡単だが、見続けているとたまにこういうことが起きるから、F1はまだまだ辞められない。

そしてその不確定要素がマクラーレン・ホンダを上位に押し上げる。メルセデス勢が沈み、各所での様々な出来事もありSCそしてペナルティが連発されたのも要因のひとつだが、この荒れたレースを無事完走させ他車とのバトルも堂々と出来たという事は称賛に値するのではないだろうか。FP、QFと全く良い所が見つけられなかったマクラーレン・ホンダだが、レースでは従来の持ち味を遺憾なく発揮してくれた。課題はもちろんまだまだ山積みだが、アロンソが5位完走、バトンも9位完走でダブル入賞!という事でチームの士気がますます高まって今後良い方向へと向かってくれる事でしょう。

フォース・インディア悪夢の週末となってしまった。決勝ではヒュルケンベルグのマシンがホームストレートで突然のフロントウィング脱落。タイヤバリアにまっすぐ突っ込んだがドライバーは無事。一方ペレスはマルドナドと交錯してリタイヤに追い込まれた。ペレスはFP1でもリアサスペンション破損でマシン横転の大クラッシュに見舞われている。

ベッテル今期2勝目。クビアトがF1初表彰台で2位、リカルドも3位表彰台で、近年まれに見ない新鮮な表彰台のメンツとなった。マックス・フェルスタッペンも4位に入り、ある意味レッドブル・ファミリーが4位まで独占という事になった。

次戦第11戦ベルギーGPは8月23日(日)に決勝レースが行われる。

F1第10戦ハンガリーGP 決勝レース結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪