2016年7月17日日曜日

【スーパーフォーミュラ・決勝】2016 第3戦 富士(2016.7.17)


2016スーパーフォーミュラ第3戦、決勝レースが富士スピードウェイで開催され、予選3番手スタートのJ-P・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が今期初勝利を飾った。スーパーGT第2戦やスーパーフォーミュラ第2戦の屈辱を晴らす様な、自らの手で掴んだ勝利が気持ちいい。2位にJ-Pとのバトルを展開してくれた中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、3位に熾烈な争いを制した関口雄飛(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。

SF富士:オリベイラが上半期の不運を断ち切る今季初優勝

期待のストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は熾烈な順位争いの上、47周目に1コーナーでスピン、リタイヤとなった。


2016年7月17日(日)、曇ってはいたが路面は乾いていてドライコンディションの中、午後2時にスタートとなった決勝レース。ポールスタートのストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)のスタート自体は決して悪くはなかったが、気負いすぎて1コーナーを石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)とともにコースアウトしてしまう。変わってトップに立ったJ-Pと2番手にジャンプアップした中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)のトップ争いで序盤はレースは進んで行く。流れが変わって行ったのが国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)のスピンによるSCが導入されてから。各所で順位争いが展開、ラスト8周あまりでバンドーンの1コーナーでのスピン・リタイヤ後さらに争いが激化していき、中嶋とJ-Pのトップ争い、関口雄飛(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)らの3位争いはなかなか見応えがあった。結果、やはりレースは中盤ぐだぐだな展開になろうとも、最後の最後までしっかり見ないと結果は分からないものだなぁと思いました。富士スピードウェイまで来た大勢のお客さんもこのレースに満足されたのでは。

決勝レース前の午前中のフリー走行のチェッカー後に大クラッシュを演じてしまった中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)。ドライバーは無事だったがマシンの修復が間に合わず決勝は出走ならず。

【順位結果】スーパーフォーミュラ第3戦富士 決勝暫定結果

次戦のスーパーフォーミュラ第4戦は、8月20日(土)・21日(日)、ツインリンクもてぎで開催される。