竹内涼真、写真集「Ryoma Takeuchi」発売記念イベント!

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」の発売記念イベントが、本日7月21日に東京・池袋パルコ パルコミュージアムにて行われた。

これは、明日7月22日から8月6日まで開催される「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」の会場にて実施されたもの。この写真展は、同写真集の未収録カット200点以上で構成され、カメラマン伊藤彰紀によってカンボジアで撮影された4万6000枚の写真から厳選カットが展示される。引用元:竹内涼真、“色気”テーマの写真集に自信「ヒゲも毛穴もじっくり見ていただければ」(写真7枚) - 映画ナタリー
「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」ビジュアル

「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」会場限定カバーの「Ryoma Takeuchi」(イメージ)。

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」が7月12日に発売される。

クールでひねくれ者の高校教師・弘光由貴を演じた「センセイ君主」の公開を8月1日、志尊淳と共演した「走れ!T校バスケット部」の公開を11月3日に控える竹内。128ページで構成される「Ryoma Takeuchi」には、カンボジアを訪れた竹内を海、遺跡、夜の街、ベッドなどで撮影した写真が収められた。竹内は同書に掲載されているインタビューにて「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、できるかと言われれば難しい。これ以上のものはつくれない、と言い切れるくらい集中して取り組めました」と語っている。引用元:竹内涼真をカンボジアで撮った写真集発売「これ以上のものはつくれない」 - 映画ナタリー

内容紹介
25歳、竹内涼真のすべてがここに。

まっすぐな強さ、俳優としての自信、オトナの色気、
「こんな竹内涼真、見たことない」という“初見せ"が凝縮の一冊。

過密スケジュールの合間に飛び立ったのは、初めて訪れたカンボジア。
海、船、赤土、遺跡、夜の街、シャワー、ベッド......。
24歳から25歳にかけてさらに大きく飛躍した竹内涼真が
すべてを出し尽くし、集中し、本気で挑んでくれました。


「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、
できるかと言われれば難しい。これ以上…

【スーパーGT・決勝】2016 第4戦 SUGO(2016.7.24)


2016スーパーGT第4戦がスポーツランドSUGOにて開催。第3戦オートポリスが震災の影響でキャンセルとなった為、GT選手権が開催されるのは第2戦富士以来2ヶ月半。先週7月16日・17日にはスーパーフォーミュラが富士で開催され、ようやく国内にも最高峰レースの活気が戻ってきました。SUGOにもお客が沢山入っていました。

スタート時刻前には霧雨が降っていたが路面には殆ど影響はなく、しかし7月下旬にしては気温や路面温度の低い中、決勝レースが7月24日(日)午後2時よりスタート。

Rd.4 決勝GT500:予選9位からの大逆転!フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが作戦勝ち | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

GT500クラスは最初から最後まで見せ場の連続で、とにかく中継カメラが向いた所には必ず何かが起こっているといった具合。序盤を引っ掻き回した「小暮劇場」KEIHIN NSX CONCEPT-GT(No.17)や、F1優勝は伊達じゃないヘイキ・コバライネン操るDENSO KOBELCO SARD RC F(No.39)の走りに痺れ(ポール発進のWAKO'S 4CR RC FのGT300との絡みはちょっと頂けない…)、後半タイヤ無交換というギャンブルに出た近藤真彦監督のフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(No.24)から、都合5台が連なっているトップ争い。SUGOの特性やGT300との絡みもあり、なかなか抜く事が出来ない。そしてGT300車の大クラッシュで赤旗、残り5周を残してそのままレースは終了してしまったが、とにかく見せる、見た目にも楽しめるレースを展開してくれたGTのドライバー達マシン達に拍手を送るしか無い。

この赤旗後、5周を残しての終了。例えば赤旗でなくイエローでセーフティカー先導でグルグル回っていてもマシンの撤去やバリアの修復が間に合わなかった恐れもあるので、このまま終了は正しいかと思われる。5周のスプリントレースを期待してた向きもあるだろうが、安全の方向に振った運営の英断に拍手。

Rd.4 決勝GT300:レース後半の猛追でNo.31 TOYOTA PRIUS apr GTが今季初勝利! | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE

GT300クラス、ポール発進のVivaC 86 MCがリードを広げるが、中盤のマネパ ランボルギーニ GT3もタイヤ無交換作戦でトップに立つ。だがコレが仇となりスヘルズルと順位を落とす。代わってトップに立ったTOYOTA PRIUS apr GT(No.31)が、71周目にUPGARAGE BANDOH 86(No.18)のクラッシュ赤旗レース終了までトップを守りきり、今期初勝利となった。

GT500、優勝はフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(佐々木 大樹/柳田 真孝)、2位にDENSO KOBELCO SARD RC F(ヘイキ・コバライネン/平手 晃平)、3位にZENT CERUMO RC F(立川 祐路/石浦 宏明)。

GT300、優勝はTOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨 宏紀/中山 雄一)、2位にVivaC 86 MC(土屋 武士/松井 孝允)、3位にSUBARU BRZ R&D SPORT(井口 卓人/山内 英輝)。

【順位結果】スーパーGT第4戦SUGO 決勝結果

スーパーGT次戦第5戦は夏休み恒例の富士スピードウェイ決戦で、8月6日(土)・8月7日(日)に開催される。
自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪