2016年7月4日月曜日

【フォーミュラE・決勝】2015−2016 最終戦(第10戦) イギリス ロンドンePrix(2016.7.3)


フォーミュラEセカンドシーズンもこれで最終戦、第10戦ロンドンePrixが7月3日(日)に開催された。前日7月2日(土)に続き、ダブルヘッダーでの開催となった。

最終戦、予選のポールはブエミ(ルノー e.dams)。総合チャンピオン争いを繰り広げているディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)は3番手と、ポイント差は同点の状態からのスタートとなった。

最終戦らしい、スタート第1コーナーから荒れた展開で、ポールスタートのブエミのリアに3番手スタートのディ・グラッシが突っ込んでコースアウトするという波乱の展開。リアウイングを失ったブエミと右フロントが曲がって三輪状態のディ・グラッシ共々ピットまでたどり着き、序盤で二台目に乗り換えた時点でレース自体は捨てたも同然。しかしファステストラップ記録でも2ポイント貰えるのでこの二人はそれを狙っての争いに絞られた。


セバスチャン・ブエミが残り2周という所でファステストラップを記録。以降ディ・グラッシも諦めてしまい、他に更新する者も現れなかったので自動的にブエミがフォーミュラEセカンドシーズンのチャンピオン決定となる。


レース自体は、ニコラス・プロスト(ルノー e.dams)が前戦に続き2連勝。2位ダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)、3位ジャン・エリック・ベルニュ(DSヴァージン・レーシング)と続いた。今シーズンで撤退が決まっているチーム・アグリ最終戦は、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが5位、マ・キンファが12位という結果だった。

フォーミュラE 最終戦 結果:ニコラス・プロストが2連勝 【 F1-Gate.com 】
FE最終戦ロンドン:1周目に波乱もブエミが逆転で悲願のタイトル獲得
【順位結果】FE最終戦ロンドンePrix 決勝結果


Rush Hour! Race Highlights - Visa London ePrix 2016 (Sun) - Formula E - YouTube


London 2016 Qualifying Highlights (Sun) - Formula E - YouTube

昨年10月から長きに渡り争われたフォーミュラEセカンドシーズンも今回で最終戦。新たにサードシーズンが世界中を駆け巡る。開幕戦が10月9日(日)より香港で開催される。今回も日本での開催は無いし、フォーミュラE自体も日本あまり関係なくなって来てしまったので、レースは変わらず見続けるつもりではいるが、以前よりフォローは少なくなると思う。ご了承を。

フォーミュラE 2016-2017 暫定カレンダー 【 F1-Gate.com 】(6月3日現在。変更される場合がある)