2014年7月20日日曜日

【予選結果】2014 F1ドイツGP


メルセデスのお膝元でのロズベルグ、ポールポジション。だが次世代ドライバーたちも急成長著しい。

ボッタス肉薄もロズベルグPP。マグヌッセン4番手 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
 2014年F1第10戦ドイツGPは19日(現地時間)、ホッケンハイムリンクで公式予選が行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが今シーズン5回目、通算9回目となるポールポジションを獲得した。ケータハムの小林可夢偉は20番手に終わった。

 路面温度が57度を記録するなど熱いコンディションとなったドイツGPの予選は、ファーストラウンドのQ1でメルセデスのルイス・ハミルトンがクラッシュを喫し、さらにQ2でもフェラーリのキミ・ライコネンやマクラーレンのジェンソン・バトンらが相次いでノックアウトされるなど波乱の展開となった。


予選走行中の右フロントブレーキディスク破損によるスピン、ウォールに激しくクラッシュのハミルトン。直後の無線での会話が痛々しかった。

ハミルトン「ショック。突然ブレーキが効かなくなった」:メルセデス土曜コメント - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
今日のクルマの感触は素晴らしかったんだ。でもいつもと同じ場所でブレーキを踏んだら、突然ブレーキの圧力がなくなった。不意をつかれ、このトラブルによってスピンし、ウォールにクラッシュした。がっかりしたが、ああいうことが起きたときには、手をステアリングから離して衝撃に備えることしかできない。それでもありがたいことに体は無事だ。足に少し打撲を負ったけれど、明日は問題なくレースができる。僕がクルマに乗り込むのを止めることはできないよ。

F1第10戦ドイツGP、公式予選 総合結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


金曜日フリー走行2回目走行中に燃料漏れによる火災を起こし自ら消化器を持ち出しマシンの消火に努める小林可夢偉。

可夢偉「燃料漏れで出火。それでも車の感触はいい」:ケータハム金曜コメント - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
FP2の早い段階で最初の走行に出て行き、10周を走りました。ランチタイムに行った変更によってマシンバランスはかなりよくなっていましたが、すぐにパワーの低下を感じ、何かおかしい感じがしました。さらにメカニカル上の変更をいくつか加え、2回目の走行に出て行くと、2周目の終わりにブレーキングパワーが全くなくなり、焦げ臭く感じました。ターン16でクルマをコース脇にとめると、リヤから火が出ていたので、火を消すのを手伝おうと消火器を取りに走りました。でも僕のセッションはそこで終わることになりました。燃料漏れが出火につながったのではないかと思いますが、何が起きたのかを今夜しっかり調べて問題を解決します。