2013年12月19日木曜日

県立地球防衛軍、完全復刻。


あの安永航一郎先生の「県立地球防衛軍」がなんと27年振りに「小学館(←ここがミソ)」から完全復刻、というニュース。


県立地球防衛軍1巻 「伝説の変態満漢全席漫画が27年ぶりに大復活!」 - アキバBlog県立地球防衛軍1巻 「伝説の変態満漢全席漫画が27年ぶりに大復活!」 - アキバBlog

安永航一郎氏のコミックス「県立地球防衛軍 完全復刻版」1巻【AA】が18日に発売になった。1983年から1985年に増刊少年サンデーに連載され、復刻版のオビは『小学館からのまさかのほぼ完全復刻!』。1巻には特別描き下ろし16ページも収録し、ZIN秋葉原店のPOPは『伝説の変態満漢全席漫画が27年ぶりに大復活!』だった。



1983年から1985年にかけて連載、これリアルタイムで読んでいたからまさに衝撃、というか、本気でしょうもなかったというか、なにがなんだかよく分からんがとにかく凄いマンガだったなぁーと思った。タイトルの「県立地球防衛軍」からしてもう脱力というか、作品中のパロディも唸ってしまう様なのばかりで。…そうそう、カレーの国からやって来たインド人のカーミ・サンチンのミサイル、簡単だから良くそれを付けたコスプレやってましたなー。思い出した。バラダギの変な髪飾りを付けた人も良く見かけたな、そこら中に居た様な(コミケ会場に)。しかしこの後に連載されてた「陸軍中野予備校」はあまり面白いと思わなくて読むのを止めちゃいましたけど。「巨乳ハンター」は流石に話題にはなっていたけど遂に読んだ事はなかったなー。しかし今回「県立地球防衛軍」が復刊とあらば、またその馬鹿馬鹿しさを味わうために読んでみようかねぇ。