吉岡里帆、写真集「so long」2018年7月20日に発売!

女優の吉岡里帆が、7月20日に写真集(タイトル「so long」/集英社)を発売。


内容紹介

2014年6月に初撮影、7月に初掲載。まだデビュー間もない頃から『週刊プレイボーイ』が追い続けてきた旬の女優・吉岡里帆が、芸能活動5周年・25歳を迎えた区切りの年に放つ記念碑的写真集。

映画、ドラマの収録の合間を縫って、写真集としては異例の9日間にわたる長期ロケを敢行。女優として彼女が歩んできた道のりと歳月をひとつの「旅」に見立て、全144ページ完全撮り下ろしで役柄を脱ぎ捨てた「今の吉岡里帆」そのものに迫ります。

撮影の始まりは2018年4月19日から。旅の模様は吉岡里帆Instagram【@riho_yoshioka】ならびに写真集特設Instagram【@yoshioka_book】でお届けしていきます。出来上がった写真集を楽しむだけでなく、その旅(制作)の過程から読者の皆様と共有することができれば幸いです。

【プロフィール】
吉岡里帆 YOSHIOKA RIHO
1993年1月15日生まれ、京都府出身。『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。映画『明烏』などを経て、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、宮藤官九郎氏脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』などへの出演で注目を集め、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』など4期連続でドラマ出演を果たしブレイク。『カルテット』の来杉有朱役で第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞。2017年はTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』で民放連ドラ初ヒロイン、VOGUE JAPAN Women of the year2017を受賞。2018年1月クールでは『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演。今後は主演映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 (2018年秋公開予定、アスミック・エース) 、ヒロインとして出演予定の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年公開予定、松竹)など多数の出演作の公開を控えている。


吉岡里帆、役柄脱ぎ捨て“今の姿”完全撮り下ろし 異例のロケ敢行 - モデルプレス

写真集の撮影が始まりました! 9日間の海外、今までで一番長い距離を移動します。 大好きな人達とだけの旅。 毎日違う町に出向いて、面…

さよならアメリカ、さよならニッポン


このブログでは訃報というものをネタするようなことはあまりない。やった事はある様な気はするが、あまりない、と思った。多分。もう今からこのブログのアーカイブを見直すのも面倒くさいので、多分ないという事にしておく。そういうネタは今はTwitterとかあとTumblrもやってるのでそちらに載せる事が多くなったからかな。ブログよりも短文投稿SNSのほうがレスポンス良く対応出来るので最近はこちらの方を多少は力を入れつつある。

実は本人はそういう事はあまり意識してなかったのだが、知らず知らずの間にこのブログはSEO的文章や所謂アフィリエイトなどの文章を書く事がかなり多くなってしまった様な感じがする。正直全てはお金のためだから仕方ない。これは譲れない。何言われても仕方ないが、これは全て自分のためだから本当に仕方ない。これら文章はどこかで役に立っているらしく検索でやって来る人がかなり多い様に見受けられる。Bloggerって実はスパムも多かったりします。でもPVが上がると正直素直に嬉しかったりします。アフィでモノが売れたりすると正直嬉しいのです。人間だもの。…しかしこれらをネタにする事が多くなってしまったので以前やっていた音楽ネタはかなり少なくなってしまった。アイドルネタは健在だがかなり幅が狭くなってしまった。それでもお気に入りが出てくればそれをネタにするし、そうでないものはブログではネタにしない。そしてモータースポーツ関連をこのブログでレース結果を中心に取り上げ始めたのだが、正直あまり面白くなかったよね、ブログ書いている方としては。読んでる方はもっと面白くないでしょうが。全体的には他サイトへの誘導ばかりで、これはちょっと反省します。

で、正直このブログって何のブログか分からなくなって来たなーとテンション低めに今年の反省の意味も込めて考えていたら、ミハエル・シューマッハーのスキー事故で意識不明のニュースが駆け巡った。年の瀬にこんな事もあるんだなぁとつらつらと考えていたらまた大きなニュースが飛び込んで来た。大瀧詠一氏が亡くなられた、というニュース。


ナタリー - 大瀧詠一が急逝ナタリー - 大瀧詠一が急逝

彼は昨日12月30日の19時頃に都内の自宅で倒れ、搬送先の病院で亡くなったという。65歳だった。

大瀧は1970年代にはっぴいえんどのボーカル&ギターとして活躍し、解散後は自身のレコードレーベル「ナイアガラ」を創設。1981年発表のソロアルバム「A LONG VACATION」は日本のポップス史に残る名盤となった。その後も松田聖子「風立ちぬ」、森進一「冬のリヴィエラ」、小林旭「熱き心に」など数多くのヒット曲のプロデュースを担当。1997年には自身のオリジナル曲「幸せな結末」が月9ドラマの主題歌として大ヒットを記録した。

追記:ソニー・ミュージックレコーズの発表によると死因は解離性動脈瘤。通夜、葬儀などの今後の対応は現時点では未定とのこと。



人間、何があるか本当に分からないものです。

さよならアメリカ、さよならニッポン。さよなら大瀧詠一。

さよなら、2013年。

ではまた、2014年で。最後はこの曲で終わりです。

「さよならアメリカ、さよならニッポン」 はっぴいえんど - YouTube

自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪