吉岡里帆、写真集「so long」2018年7月20日に発売!

女優の吉岡里帆が、7月20日に写真集(タイトル「so long」/集英社)を発売。


内容紹介

2014年6月に初撮影、7月に初掲載。まだデビュー間もない頃から『週刊プレイボーイ』が追い続けてきた旬の女優・吉岡里帆が、芸能活動5周年・25歳を迎えた区切りの年に放つ記念碑的写真集。

映画、ドラマの収録の合間を縫って、写真集としては異例の9日間にわたる長期ロケを敢行。女優として彼女が歩んできた道のりと歳月をひとつの「旅」に見立て、全144ページ完全撮り下ろしで役柄を脱ぎ捨てた「今の吉岡里帆」そのものに迫ります。

撮影の始まりは2018年4月19日から。旅の模様は吉岡里帆Instagram【@riho_yoshioka】ならびに写真集特設Instagram【@yoshioka_book】でお届けしていきます。出来上がった写真集を楽しむだけでなく、その旅(制作)の過程から読者の皆様と共有することができれば幸いです。

【プロフィール】
吉岡里帆 YOSHIOKA RIHO
1993年1月15日生まれ、京都府出身。『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。映画『明烏』などを経て、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、宮藤官九郎氏脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』などへの出演で注目を集め、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』など4期連続でドラマ出演を果たしブレイク。『カルテット』の来杉有朱役で第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞。2017年はTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』で民放連ドラ初ヒロイン、VOGUE JAPAN Women of the year2017を受賞。2018年1月クールでは『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演。今後は主演映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 (2018年秋公開予定、アスミック・エース) 、ヒロインとして出演予定の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年公開予定、松竹)など多数の出演作の公開を控えている。


吉岡里帆、役柄脱ぎ捨て“今の姿”完全撮り下ろし 異例のロケ敢行 - モデルプレス

写真集の撮影が始まりました! 9日間の海外、今までで一番長い距離を移動します。 大好きな人達とだけの旅。 毎日違う町に出向いて、面…

フレディ・マーキュリー伝記映画


以前から噂には上がっていたクイーンのフレディ・マーキュリーの生涯を描いた伝記映画なのだが取り上げる機会が無く今日までズルズルと…それはともかく、フレディ役に「007スカイフォール」でQ役を演じたベン・ウィショーが選ばれた、というニュース。


フレディ・マーキュリー役に「007 スカイフォール」ベン・ウィショー - Ameba News [アメーバニュース]フレディ・マーキュリー役に「007 スカイフォール」ベン・ウィショー - Ameba News [アメーバニュース]

英ロックバンド「クイーン」のフロントマンとして一世を風びし、1991年に45歳の若さで死去したフレディ・マーキュリー初の伝記映画の主役に、「007 スカイフォール」でQ役を演じた英俳優ベン・ウィショーが決定したと米Deadlineが報じた。

グラハム・キング率いるGKフィルムズが、約3年前から進めているプロジェクト。当初は「ボラット」のサシャ・バロン・コーエンがマーキュリー役に決定していたが、今年7月、製作に携わるクイーンのメンバーたちとの映画の方向性に関する見解の相違を理由に降板していた。

ウィショーの名前はコーエンの降板後から噂されていたが、歌唱力にも定評があり、自身も歌いたいという意志を明かしている。過去には「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」(2005)でキース・リチャーズ、「アイム・ノット・ゼア」(2007)ではボブ・ディランを演じた経験がある。

また、同時に本作の監督もイギリス出身のデクスター・フレッチャーに決定した。フレッチャーは「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」などで知られる俳優で、2011年に「Wild Bill」で監督デビュー。今年は話題のミュージカル映画「Sunshine on Leith」でメガホンをとっている。

内容的には、1973年のクイーン結成から、ロック史上最高のライブパフォーマンスとも称される85年のライブエイドにいたる軌跡を中心に描く。クイーンの楽曲使用権も確保されており、脚本を「クィーン」「フロスト×ニクソン」でアカデミー脚本賞にノミネートされたピーター・モーガンが手がける。



正直、この手の伝記映画というものにはあんまり興味がなかったりします。たとえそれがフレディの映画だったりしても。なんというか紛い物を見せられるぐらいなら本物を胸の奥に仕舞っておいた方が良いや、と考えて。そのエピソードなどの描き方も興味本位に描かれたりしたらたまったもんじゃないなと思っていますしなんといっても役者が本物とイメージが全然違う場合もあるので何となく嫌だなぁと。この映画についても…んー。不安しか感じない。あんまり積極的に見たくない感じ。

このベン・ウィショーについては正直あんまり知らないのですが画像検索してみると…それぞれの画像、全部顔が違うのですね。雰囲気とかどれが本物の彼なのかよく分からない。良くいえば役に従って変幻自在に変えられる役者だと思います。フレディ・マーキュリーを演じる訳ですがきっと彼ならやってくれるかな、と信じたいですね。

デビュー当時の華麗なフレディから…

あんなフレディや…

こんなフレディや…

みんながお馴染みのフレディまで、きっと演じ分けてくれる事でしょう…。

自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪