2015年2月1日日曜日

レッドブル RB11 2015ニューマシン、カムフラージュ版登場!!


F1合同テストが2月1日よりヘレスサーキットで始まっている。これで今年度参戦するほとんどの新型マシンが公開された訳だが、まだ正式に公開となっていないのがレッドブル。2014年はチャンピオンの座をメルセデスに譲ってしまう形となってしまった。2015年のレッドブルはRB11という新型マシンに賭ける事となるが、今回ヘレスに登場したマシンはカラーリングがカムフラージュされた状態で写真が公開された。乗用車などでテスト車両がよくカムフラージュされた状態で試験走行をしているが、それと全く同じ状態である。しかしスタジオショット(CG?)も公開されているのでそれで新型RB11を見てみよう。


2010年から2013年にかけて4年連続でタイトルを手にしたものの、2014年はメルセデスAMGにその座を明け渡したレッドブル。だが、その2015年型車RB11は直前まで開発と組み立て作業が続けられており、ヘレスでの走行に向けギリギリのタイミングでFIA(F1統括団体である国際自動車連盟)によって義務付けられたクラッシュテストでの合格を目指していたと伝えられている。

さらに、インターネット上に流れているうわさによれば、天才F1カーデザイナーとして知られるエイドリアン・ニューイ(レッドブル/最高技術責任者)が100パーセントその設計にたずさわった最後のF1カーだとされるRB11は、カムフラージュが施された形でテスト走行に臨むのではないかという。それにより、ライバルチームたちが映像からその仕様の細部をつかみづらくするためだ。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコも、このうわさを認めるように「それは第二次世界大戦中にイギリス人が考え出したカムフラージュだよ。ドイツ海軍をあざむくためにね」と『f1-insider.com』に語っている。

引用元:レッドブル、カムフラージュされた新車でテスト走行?-TopNews F1 | 自動車 | ニュース | 速報 | 日程結果