2015年2月14日土曜日

シーナさん


リアルタイムで昔よく聴いていたアーティストが、こんな形で突然にいなくなってしまうのはやっぱり寂しいよ。今はただ安らかに、シーナさん。

4人組ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」のボーカルでシーナさん=本名・鮎川悦子=が14日朝、子宮頸がんのため、入院先の都内の病院で亡くなった。61歳だった。夫で同バンドのギタリストの鮎川誠がデイリースポーツの取材に応じ、「35年一緒に(シナロケを)やれて、幸せでした。ファンの方にも幸せでした、と伝えてください」と悲しみをこらえ、気丈に話した。

 シーナは昨年7月、急病でライブ出演をとりやめたが、鮎川によると、この時、末期の子宮頸がんと診断されていたという。8月にステージ復帰。9月13日に日比谷野音で行われたシナロケの35周年ライブにも出演したが、この時、体調が悪いことを伏せて、ステージに立っていたという。

 その後、体調が悪化し、11月下旬に入院。正月は自宅に戻り、家族で過ごすことができたが、今年1月中旬に容態が急変。再び入院。この日、家族が病室に集まり、手を握りながらみまもったが、パソコンでシナロケの35年分の音楽を聴きながら、息を引き取ったという。

引用元:シーナ&ザ・ロケッツのシーナさん死去 子宮頸がんで (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース



シーナ&ロケッツ You May Dream(1980) - YouTube

人気の投稿(過去7日間)