2015年1月30日金曜日

ザウバー C34 2015ニューマシン公開!


2015年のザウバーはドライバーを若手(フェリペ・ナスル、マーカス・エリクソン)に一新、カラーリングも鮮やかなブルーとイエローに彩られイメージ一新。2014年度はノーポイントと最低のシーズンとなったが、資金豊富な若手ドライバーとフェラーリのPUでどこまで行けるか…。


 ザウバーは30日、2015年のF1マシン『C34』を正式に発表した。

 昨年、F1参戦以来、初のノーポイントと屈辱のシーズンを過ごしたザウバーが、今シーズンの失地回復を目指して新たに開発したC34をリリースした。

 今年もマラネロのパワーユニットを搭載するC34は、昨年までのグラファイトから全身をブルー一色で覆い、イエローが施されたサイドポンツーンには新人のフェリペ・ナスルが持ち込んだブラジル銀行のロゴが大きく描かれるなど、大幅にカラーリングを一新してきた。

 また、チーム毎に規定の解釈が分かれているノーズは、若干短くはなったものの今年も先端に突起を残すデザインを採用。そのほかでは、昨年型C33よりスリム化されたサイドポッドやタイトに絞り込まれたリヤ周り、インダクションポッド開口部の左右に追加のエアーを取り入れる処理もなされている。

 チームは今シーズンに向けてドライバーを一新。昨年、ケータハムをドライブしたマーカス・エリクソンと、2014年のGP2ランキング3位でウイリアムズのテストドライバーを務めていたナスルを起用する。

引用元:ザウバー、カラーリング一新の新車C34を発表 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)