2014年4月15日火曜日

F1、レッドブル失格裁定覆らず。

これが万が一覆ってしまったら今後に影響するし
これからはレッドブルチームにはしっかりとして欲しいところ。
まぁリカルドには2位をあげて、チームには重い罰金でも良かった気もするが。
しかしリカルド、今後この笑顔が消えない事を祈るばかりだ。
2位にふさわしい走りをしたのは君だから。

レッドブル敗訴。失格裁定覆らず - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)レッドブル敗訴。失格裁定覆らず - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

オーストラリアGPでのダニエル・リカルド失格に関してレッドブルが不服申し立てを行ったが、15日、国際控訴裁判所はスチュワードが下した失格の裁定を支持するとの判決を下した。

 オーストラリアGPでリカルドは2位表彰台を獲得したが、レッドブルに燃料流量の違反があったとみなされ失格の裁定を下された。

 今年は燃料流量が100kg/hを超えることが許されていないが、リカルドのマシンは最大流量をコンスタントに超えていたとFIAから判断された。

 レッドブルは、FIAが導入した流量計の精度に問題があり、自分たちのデータによると違反は犯していないと主張、失格裁定に対して不服申し立てを行った。



レッドブル、「リカルドが気の毒」も敗訴を受入れ - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)レッドブル、「リカルドが気の毒」も敗訴を受入れ - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

レッドブル・レーシングは、オーストラリアGPでの失格裁定に対する異議を認めないとの国際控訴裁判所の判決を受け入れるというコメントを発表した。

 オーストラリアGPでダニエル・リカルドのマシンにおいて燃料流量が最大流量をコンスタントに超えていたとFIAから判断され、リカルドは2位のリザルトを除外された。

 レッドブルは、FIAが導入した流量計の精度に問題があり、自分たちのデータによると違反は犯していないと主張、失格裁定に対して不服申し立てを行ったが、14日の審理の結果、国際控訴裁判所はスチュワードの判断を支持するとの決定を下した。


人気の投稿(過去7日間)