2014年5月24日土曜日

「劇場版 仮面ライダー鎧武」片岡愛之助、仮面ライダーマルスに変身!


片岡愛之助、「劇場版 仮面ライダー鎧武」で歌舞伎界初の仮面ライダーに!! : 映画ニュース - 映画.com: [映画.com ニュース] 歌舞伎俳優の片岡愛之助が、シリーズ最新作「劇場版 仮面ライダー鎧武(ガイム) サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」に出演することが発表された。すでに撮影は終了しており、歌舞伎界初の仮面ライダー俳優となった片岡が5月20日、公開アフレコ収録に臨んだ。 収録後、取材に応じた片岡は「小さい頃は、仮面ライダー1号、2号、V3、アマゾン、キカイダーやハカイダーが好きで良く見ていました。男の子は皆、一度は変身したいと思っているはずです」と特撮ヒーローへの憧れを語り、「仮面ライダーを見て育ったので、オファーをいただいたときは喜びました」とコメント。「次世代の神と自負する“悪のボス”を演じますが、悪役を演じるのは楽しいです(笑)」と充実感を漂わせた。 片岡が演じるのは、仮面ライダー鎧武(佐野岳)と敵対する劇場版オリジナルキャラクター、仮面ライダーマルス/コウガネ。物語の鍵となる“黄金の果実”を持つ最強のアーマードライダーで「新しい世界を切り開く究極の神の存在」という設定のため、武部直美プロデューサーは「神の雰囲気を醸し出せる風ぼうと目力を重視した」とキャスティングのポイントを語った。