2016年2月4日木曜日

【F1】ルノーF1 R.S.16 2016年型ニューマシン公開!←実はショーカー

2016年新たにエントリーしたルノーF1チームの2016年型ニューマシンが2月3日にF1体制発表と共に披露された。


黒と黄色のカラーという前情報だったが、思ったより黒の面積が多い。インフィニティの紫も入っており、かなり黒っぽいマシン。がしかし、今回披露されたマシンは昨年までのロータスの改造でカラーリングも変更される可能性がある、との事で実車も別のものになる、という。それで「ショーカー」との位置づけがなされている、との事。

カルロス・ゴーン氏も登場

ルノーは3日(金)、パリでF1体制発表会を開催。2016年F1マシン『ルノー RS16』を披露した。

ルノーは3日(水)、パリにあるテクノセンターでF1体制発表会を開催。『ルノー・スポールF1チーム( Renault Sport Formula One Team)』というチーム名でF1に参戦することを発表した。

発表会では、2016年のF1ドライバーとして、ジョリオン・パーマーのチームメイトとしてケビン・マグヌッセンを起用することを正式発表。

またリザーブドライバーはエステバン・オコンが務めることが発表された。

さらに3人のドライバーによって2016年F1マシン『RS16』も披露。ブラックを基調にイエローのラインが入れられたカラーリングがお披露目された。

また、ARTの創設者であるフレデリック・ヴァスールが、レーシングディレクターの役割につくことが発表された。

引用元:ルノー、2016年F1マシン『RS16』を発表 【 F1-Gate.com 】


ドライバーにジョリオン・パーマー、リザーブドライバーにエステバン・オコン、そして新たに正ドライバーに起用されたケビン・マグヌッセン。


ルノーのテクニカルディレクターを務めるニック・チェスターは、3日(水)にパリでお披露目したクルマは2016年のカラーリングを施した“ショーカー”であり、最終的なR16のルックスは異なると述べた。

引用元:ルノー、披露したR16は発表用の“ショーカー” 【 F1-Gate.com 】