竹内涼真、写真集「Ryoma Takeuchi」発売記念イベント!

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」の発売記念イベントが、本日7月21日に東京・池袋パルコ パルコミュージアムにて行われた。

これは、明日7月22日から8月6日まで開催される「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」の会場にて実施されたもの。この写真展は、同写真集の未収録カット200点以上で構成され、カメラマン伊藤彰紀によってカンボジアで撮影された4万6000枚の写真から厳選カットが展示される。引用元:竹内涼真、“色気”テーマの写真集に自信「ヒゲも毛穴もじっくり見ていただければ」(写真7枚) - 映画ナタリー
「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」ビジュアル

「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」会場限定カバーの「Ryoma Takeuchi」(イメージ)。

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」が7月12日に発売される。

クールでひねくれ者の高校教師・弘光由貴を演じた「センセイ君主」の公開を8月1日、志尊淳と共演した「走れ!T校バスケット部」の公開を11月3日に控える竹内。128ページで構成される「Ryoma Takeuchi」には、カンボジアを訪れた竹内を海、遺跡、夜の街、ベッドなどで撮影した写真が収められた。竹内は同書に掲載されているインタビューにて「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、できるかと言われれば難しい。これ以上のものはつくれない、と言い切れるくらい集中して取り組めました」と語っている。引用元:竹内涼真をカンボジアで撮った写真集発売「これ以上のものはつくれない」 - 映画ナタリー

内容紹介
25歳、竹内涼真のすべてがここに。

まっすぐな強さ、俳優としての自信、オトナの色気、
「こんな竹内涼真、見たことない」という“初見せ"が凝縮の一冊。

過密スケジュールの合間に飛び立ったのは、初めて訪れたカンボジア。
海、船、赤土、遺跡、夜の街、シャワー、ベッド......。
24歳から25歳にかけてさらに大きく飛躍した竹内涼真が
すべてを出し尽くし、集中し、本気で挑んでくれました。


「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、
できるかと言われれば難しい。これ以上…

和田彩花(アンジュルム)「美術でめぐる日本再発見 - 浮世絵・日本画から仏像まで -」という本が3月12日に発売になるよ。


和田彩花(アンジュルム)が「美術でめぐる日本再発見 - 浮世絵・日本画から仏像まで -」という書籍を3月12日に発売する。所謂趣味本の様なもので、前作に当たる「乙女の絵画案内」に続く美術書と呼べるものでもある。こういう趣味を前面に押し出した本を出せるのが彼女の強みでもあり、良い意味で特別っぽい所なのかなぁと思う。

商品の説明
「浮世絵は、芸術ではなかった! 」
アンジュルム・和田彩花の「乙女の絵画案内」(PHP新書)に続く美術書、好評第2弾!!
浮世絵から日本画、洋画、仏像までを彼女の視点で解説、日本再発見の旅へと誘います!
葛飾北斎「冨嶽三十六景 甲州三嶌越」、喜多川歌麿「ポッペンを吹く娘」、
クロード・モネ「ラ・ジャポネーズ」、歌川広重「東海道五拾三次之内 庄 野 白雨」など収録。

美術でめぐる日本再発見 ワニブックス スペシャルディション
【ワニブックス スペシャルディション 期間限定特典企画】

発売を記念して、2月12日~2月28日23:59までの期間内に、ワニブックス スペシャルディションで書籍をご注文頂いた全ての方に、「オリジナル生写真」をプレゼント! 更に、ご予約頂いた方の中から抽選で70名に、和田彩花さんの直筆サインが入った書籍をお届けします!

自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪