竹内涼真、写真集「Ryoma Takeuchi」発売記念イベント!

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」の発売記念イベントが、本日7月21日に東京・池袋パルコ パルコミュージアムにて行われた。

これは、明日7月22日から8月6日まで開催される「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」の会場にて実施されたもの。この写真展は、同写真集の未収録カット200点以上で構成され、カメラマン伊藤彰紀によってカンボジアで撮影された4万6000枚の写真から厳選カットが展示される。引用元:竹内涼真、“色気”テーマの写真集に自信「ヒゲも毛穴もじっくり見ていただければ」(写真7枚) - 映画ナタリー
「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」ビジュアル

「竹内涼真写真展 unreleased -photo by Akinori Ito-」会場限定カバーの「Ryoma Takeuchi」(イメージ)。

竹内涼真の写真集「Ryoma Takeuchi」が7月12日に発売される。

クールでひねくれ者の高校教師・弘光由貴を演じた「センセイ君主」の公開を8月1日、志尊淳と共演した「走れ!T校バスケット部」の公開を11月3日に控える竹内。128ページで構成される「Ryoma Takeuchi」には、カンボジアを訪れた竹内を海、遺跡、夜の街、ベッドなどで撮影した写真が収められた。竹内は同書に掲載されているインタビューにて「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、できるかと言われれば難しい。これ以上のものはつくれない、と言い切れるくらい集中して取り組めました」と語っている。引用元:竹内涼真をカンボジアで撮った写真集発売「これ以上のものはつくれない」 - 映画ナタリー

内容紹介
25歳、竹内涼真のすべてがここに。

まっすぐな強さ、俳優としての自信、オトナの色気、
「こんな竹内涼真、見たことない」という“初見せ"が凝縮の一冊。

過密スケジュールの合間に飛び立ったのは、初めて訪れたカンボジア。
海、船、赤土、遺跡、夜の街、シャワー、ベッド......。
24歳から25歳にかけてさらに大きく飛躍した竹内涼真が
すべてを出し尽くし、集中し、本気で挑んでくれました。


「今は、これ以上の自分をどうやって出せばいいかわからないし、
できるかと言われれば難しい。これ以上…

【決勝】2015 スーパーGT 第4戦 富士(2015.8.9)

GT500クラス優勝のD'station ADVAN GT-R。レース後半の佐々木選手の追い上げが素晴らしく、62周目で遂にトップに立つ。

2015スーパーGT第4戦FUJI GT 300km RACE、決勝レースが8月9日(日)富士スピードウェイにて行われた。8日の予選は比較的涼しい中行われたが、9日は快晴で猛暑の中行われた。展開は各クラストップが逃げて2位以下のバトルが熾烈なレースとなった。レースが進み、特に後半コースのそこら中にマシンのパーツやタイヤかすなどが落ちていて危険な場面もあったのだが、赤旗など出さずになんとか最後までレースを乗り切ってくれて大変盛り上がったレースとなった。特にGT500クラス優勝のD'station ADVAN GT-Rの後半の追い上げは正に素晴らしい逆転劇ともいえる。

GT500クラススタートの模様。このままZENT CERUMO RC Fが逃げ切る展開かと思いきや…。

スーパーGT第4戦は9日、富士スピードウェイで66周の決勝レースが行われ、残り10周で怒濤の追い上げを見せたD'station ADVAN GT-Rが今シーズン初優勝を飾った。2位にはZENT CERUMO RC F、3位にカルソニック IMPUL GT-Rと、レクサス強しの戦前の予想を覆し、GTーRがトップ4の中で3台が入る強さを見せた。

引用元:SGT:全域バトルでGT-R強し。D’station大逆転V - SUPER GTニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


GT300、トップをひた走るARTA CR-Z GT。ラスト7周、クラッシュしたマシンの影響でメインストレートにはタイヤかすやパーツなどがそこら中に転がっており、その中を縫う様にして各マシンが駆け抜けた。

スーパーGT第4戦は9日、富士スピードウェイで66周の決勝レースが行われ、GT300クラスはポールシッターのARTA CR-Z GTが優勝した。

引用元:SGT富士:GT300決勝、CR-ZがSLSを抑え優勝 - SUPER GTニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


GT500クラス表彰台。KONDO RACINGは、2010年の開幕戦鈴鹿以来の優勝。佐々木は嬉しい初優勝で、クルムは2004年以来の通算6勝目だという。3位のカルソニック IMPUL GT-Rもファイナルラップでパスしての表彰台ゲット。

KONDO RACING近藤真彦監督とミハエル・クルム選手。

GT300クラス、ポール・トゥ・ウィンのARTA CR-Z GT、なんとクールスーツを外しての走行が功を奏したのか2位以下をみるみる引き離した。20kgと言えど馬鹿には出来ない。

スーパーGT第4戦富士 決勝レース結果 - SUPER GTニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


▶ 2015 AUTOBACS SUPER GT Round4 - YouTube
自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪