吉岡里帆、写真集「so long」2018年7月20日に発売!

女優の吉岡里帆が、7月20日に写真集(タイトル「so long」/集英社)を発売。


内容紹介

2014年6月に初撮影、7月に初掲載。まだデビュー間もない頃から『週刊プレイボーイ』が追い続けてきた旬の女優・吉岡里帆が、芸能活動5周年・25歳を迎えた区切りの年に放つ記念碑的写真集。

映画、ドラマの収録の合間を縫って、写真集としては異例の9日間にわたる長期ロケを敢行。女優として彼女が歩んできた道のりと歳月をひとつの「旅」に見立て、全144ページ完全撮り下ろしで役柄を脱ぎ捨てた「今の吉岡里帆」そのものに迫ります。

撮影の始まりは2018年4月19日から。旅の模様は吉岡里帆Instagram【@riho_yoshioka】ならびに写真集特設Instagram【@yoshioka_book】でお届けしていきます。出来上がった写真集を楽しむだけでなく、その旅(制作)の過程から読者の皆様と共有することができれば幸いです。

【プロフィール】
吉岡里帆 YOSHIOKA RIHO
1993年1月15日生まれ、京都府出身。『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー。映画『明烏』などを経て、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、宮藤官九郎氏脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』などへの出演で注目を集め、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』など4期連続でドラマ出演を果たしブレイク。『カルテット』の来杉有朱役で第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞。2017年はTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』で民放連ドラ初ヒロイン、VOGUE JAPAN Women of the year2017を受賞。2018年1月クールでは『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演。今後は主演映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 (2018年秋公開予定、アスミック・エース) 、ヒロインとして出演予定の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年公開予定、松竹)など多数の出演作の公開を控えている。


吉岡里帆、役柄脱ぎ捨て“今の姿”完全撮り下ろし 異例のロケ敢行 - モデルプレス

写真集の撮影が始まりました! 9日間の海外、今までで一番長い距離を移動します。 大好きな人達とだけの旅。 毎日違う町に出向いて、面…

河合奈保子の娘、kaho歌手デビュー。

1980年に歌手デビュー、松田聖子らとともに80年代アイドルブームを引っ張った河合奈保子。96年に結婚後久しく話題が途切れていたのだが(2006年にピアノ作品集を出したりしましたが)、その娘でもあるkaho(14歳)が11月に歌手デビューすると言うじゃありませんか。そのデビュー曲は10月15日から始まる堀北真希主演ドラマのテーマ曲になっているので先行して聴く事が出来そう。

kahoのビジュアルですが…今の時点でこのビジュアルしか公開されてないので何とも言えない所もあるのだが。母親に似てますよね、やっぱり。しかしプロデューサーに宇多田ヒカルを手がけた三宅プロデューサーが関わってるとこから見てひょっとして宇多田っぽいのかなぁなどとちょっと心配になってしまう。あと余計な心配だが所謂二世タレントが最近増えていますよね。世間の印象としては二世タレントに対してあまりいい印象を聞いた事が無いのだけれど、どうなんでしょうかねぇ。

kaho Official Website


河合奈保子のアイドル時代。典型的なアイドル歌手で、ボブヘアーが爽やかでした。自分はむかし実際に河合奈保子のコンサートに行ってその後に行われた握手会にも参加しましたが、間近で見た河合奈保子は水着などでのボリューミーな感じとは裏腹に意外にとってもちっちゃくて華奢な感じの女の娘だったのを今でも覚えてます。




















河合奈保子 復刻ライブDVD(2012/11/21発売) ダイジェスト映像


河合奈保子の愛娘kaho、14歳で歌手デビュー 堀北主演ドラマ主題歌抜てき ニュース-ORICON STYLE-河合奈保子の愛娘kaho、14歳で歌手デビュー 堀北主演ドラマ主題歌抜てき ニュース-ORICON STYLE-

オーストラリア在住の14歳女性シンガー・ソングライター、kaho(かほ)が、11月27日にCDデビューすることがわかった。デビュー曲「every hero」は10月15日スタートの堀北真希主演ドラマ『ミス・パイロット』(毎週火曜 後9:00~ フジテレビ系)の主題歌に決まった。宇多田ヒカルを手がけた三宅彰プロデューサーが惚れ込んだ逸材とあり、14歳の歌姫に大きな注目が集まりそうだ。

kahoは東京生まれで、現在はオーストラリア在住。母親は元アイドル歌手の河合奈保子さんで、父親はかつて宇多田のヘアメイクを担当していた金原宜保氏。両親の影響で幼少期からスティービー・ワンダー、マイケル・マクドナルドといった音楽に触れて育ち、6歳のころ母親の見よう見まねでピアノを弾き始めた。9歳のときには父親からボイスレコーダーをプレゼントされ、ピアノ弾き語りを吹き込むことで作曲の面白さを覚え、自宅に揃え始めた録音設備で12歳から本格的に作詞作曲活動を開始した。

父・金原氏を通じてデモ音源を試聴した三宅プロデューサーは「kahoの歌とその創り出す音楽に初めて触れた瞬間、今までにない新しさとそこはかとない懐かしい衝動が走りました。しかもそれが当時13歳の女の子の奏でる音楽だなんてまさに奇跡」と才能に惚れ込み、ソニー・ミュージックレコーズにプレゼン。即契約に至り、デビューに向けて三宅氏と楽曲制作に入った。

その後、多数の主題歌候補アーティストの中からkahoのデモ音源を聴いたフジテレビの後藤博幸プロデューサーが『ミス・パイロット』の主題歌に大抜てき。「太く奥行きのある声質が航空ドラマの持つ壮大なイメージとぴったりはまり、より高揚感ある方向へ導いてもらえると思い、お願いしました。14歳にしてあれだけの歌声を出せるkahoさんの才能。その久しぶりの“登場感”に魅了されました」と力を込めた。

両A面のデビューシングル「every hero/Strong Alone」は11月27日発売。kahoは「私の楽曲が、ドラマの主題歌に起用されるということで、正直とても驚いています。これから日本はもとより、世界中の人たちに私の歌で幸福を届けられるよう頑張ります」と初々しく意気込んだ。

◆kahoプロフィール
本名非公表、1998年11月1日、東京生まれ。オーストラリア在住。英語、日本語、フランス語を操るトライリンガル。11月27日、両A面シングル「every hero/Strong Alone」でソニー・ミュージックレコーズからCDデビュー。



自分の写真
「いいモノ。Clips」とは、大好きな音楽やお勧めな音楽とアイドル・女優、モータースポーツ系(F1、スーパーGT、スーパーフォーミュラ)など記事を日記代わりに掲載している、色々と挑戦中な不定期マイペース系日記。他にはポイントサイト・リードメール系等の事など。些細なお小遣いのためにバナーも貼ったりします。大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと。2018年5月21日よりタイトル変更致しました。Bloggerでは2013年2月より開始しています。
Twitter Facebook Google+ KAWAii mono tUMBLr RSS(Atom)

Recommend

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Rakuten

e-click

CHIGRACCIハイセンスな大人のためのオリジナル猫アイテム

ドコよりも成果報酬が高い。参加費無料のイークリック♪