2015年9月7日月曜日

【決勝】2015 F1 第12戦 イタリアGP(2015.9.6)

2015年F1第12戦イタリアGP、決勝レースが9月6日(日)モンツァ・サーキットにて開催された。

優勝はハミルトン(メルセデス)、2位にベッテル(フェラーリ)。

優勝は週末通して次元の違う走りを披露したハミルトン(メルセデス)が決勝でも危なげない走りで優勝。レース後にメルセデスのマシンのタイヤプレッシャーの件で一悶着あった様だが、お咎め無しということでイタリアGPの勝利が確定した。

2番手スタートのライコネンはスタート失敗で一気に最下位まで落ちるが、最終的に5位チェッカー。勿体無かった。

2015年F1第12戦イタリアGPは6日(現地時間)、伝統のモンツァ(アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ)で53周の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが今季7勝目となる通算40回目のトップチェッカーを受けた。

 前日の予選でキミ・ライコネンが2位、セバスチャン・ベッテル3位と、母国の大声援を受けるフェラーリが今季初めて2台揃ってトップ3入りを果たした今年のイタリアGP。あわよくば、フェラーリのワン・ツーと少々早すぎる期待も聞こるなかで午後2時の決勝を迎えたが、レースはそうしたティフォシの悲鳴とともに始まることとなった。

引用元:ルイス独走V、ベッテル2位。キミはスタートに泣く - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


ベッテルは2位でもフェラーリのお膝元では格別のシャンパンファイト。熱い。

3位にはチームメイト・バトルを制し表彰台確保のマッサ(ウィリアムズ)。変なポーズw

災難だったのがロズベルグ(メルセデス)。ラスト2周を残してのエンジンブロー。今回はせめてポイントは取っておくべきだった。

表彰台のインタビュアーはF1好きでも知られるジョージ・ルーカス映画監督。

アロンソ(マクラーレン)とフラビオ・ブリアトーレ。ルノーF1チーム時代が懐かしい。今レースのマクラーレン・ホンダはアロンソがリタイヤ、バトンが14位完走だが褒める部分がまるで無い。

F1第12戦イタリアGP 決勝レース結果 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)