2013年11月17日日曜日

F3マカオGP、予選レース結果



















F3マカオGP:アレックス・リンが予選レース制す - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)F3マカオGP:アレックス・リンが予選レース制す - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

F3マカオグランプリは16日、10周の予選レースが行われ、アレックス・リン(セオドール/プレマパワー)が優勝。フェリックス・ロゼンクビスト(ミュッケ)が2位となった。

 前日の予選に続き、翌日の決勝レースに向けてグリッドを決める重要な予選レース。ポールポジションからスタートしたFDAドライバーのラファエル・マルチェッロ(プレマパワー)だが、スタートに失敗。リスボアまでに5番手までに落ちてしまう。一方、フロントロウからスタートしたロゼンクビストがトップに浮上し、リードを築いていった。



日本勢では、関口雄飛(ミュッケ/ユーロノヴァ)が14位フィニッシュ。予選1回目のクラッシュでエンジン交換を強いられ、グリッド降格ペナルティとなった中山雄一(トムス)は18位、千代勝正(B-MAX ENGINEERING)は19位でチェッカーを受けた。

第60回マカオグランプリは15日、予選2回目が行われ、今季FIAヨーロッパF3のチャンピオンを獲得し、フェラーリF1のドライバー・アカデミー(FDA)の一員でもあるラファエル・マルチェッロ(プレマパワー)がポールポジションを獲得した。

 予選レースに向けグリッドを決める、重要な予選2回目。このセッションでは3度の赤旗が出てしまう。そのうちの一度目は、千代勝正(B-MAX ENGINEERING)がサンフランシスコ・ベンドでクラッシュしてしまったためで、千代は予選2回目ノータイムとなってしまい、27番手からのスタートとなった。


人気の投稿(過去7日間)