2016年8月6日土曜日

【スーパーGT・予選】2016 第5戦 富士(2016.8.6)

GT500クラス、ポール獲得のカルソニック IMPUL GT-R(No.55)

2016スーパーGT第5戦が8月6日(土)に富士スピードウェイで開幕。公式予選が6日(土)に行われた。気温33℃、路面温度48℃というコンディションの中、タイヤのおいしい所で出来る限りクリーンな状況で確実にアタック出来るかがこのタイムアタック勝負の分かれ目だ。

GT500クラスではQ1でレクサス勢が1台を残して全て脱落するといった波乱。Q2はGT-R勢とNSX勢によるタイムアタック合戦。そんな中でポールを獲得したのが、圧倒的なタイムを出したカルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/J-P.デ・オリベイラ)。最終的にGT-R勢がトップ3を占め、そのあとにNSX勢が3台続くといった予選Q3の結果。そろそろ(今期は不運続きな)IMPULにも勝たせて欲しいなぁーと。

GT500:GT-Rがトップ3独占、84kgモチュールが驚きの3位グリッド獲得

GT300クラスは、ARTA BMW M6 GT3(高木真一/小林崇志)が圧倒的速さを見せ、今期2度目のポール獲得。前回ポールを獲得したのも富士だった(第2戦)。コースとの相性がいいんでしょうかね。

GT300:ARTA BMW M6、第2戦に続き富士で2度目のポール獲得

Gt500クラス、ポールポジションを獲得したカルソニックIMPUL GT-RのJ-P.デ・オリベイラ(左)と安田裕信(右)、そしてご機嫌な星野一義代表(中央)。
【順位結果】スーパーGT第5戦富士 公式予選総合結果

GT300クラス、ポールポジションを獲得したARTA BMW M6 GT3の高木真一(左)と小林崇志(右)、土屋圭市エグゼクティブ・アドバイザー(中央)
【順位結果】スーパーGT第5戦富士 公式予選総合結果 - Part 2

スーパーGT第5戦、決勝レースは8月7日(日)午後2時35分にスタート予定となっている。