投稿

Dragonforce、ZIGGYの「GLORIA」をカヴァー!Newアルバム「Reaching Into Infinity」5月17日リリース!

イメージ
英メタルバンド、ドラゴンフォース(Dragonforce)がZIGGY「GLORIA」をカヴァー。サビでは日本語での歌唱にも挑戦。ショート・ヴァージョンが聴けます。フル・ヴァージョンは新アルバム『Reaching Into Infinity』の日本盤に日本盤ボーナストラックとして収録されます。
ドラゴンフォースがZIGGY「GLORIA」をカヴァー、ショート・ヴァージョンが試聴可



リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付)posted with カエレバ ドラゴンフォース ワーナーミュージック・ジャパン 2017-05-17 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入
リーチング・イントゥ・インフィニティ(通常盤)posted with カエレバ ドラゴンフォース ワーナーミュージック・ジャパン 2017-05-17 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入
商品の説明
メディア掲載レビューほか

“LOUDPARK 14,15”での連続来日が記憶に新しい、グラミー賞“ベスト・メタル・パフォーマンス”部門ノミネートや、ハロウィンやアイアン・メイデンのサポート・アクトを務めた過去もある実力派バンド、ドラゴンフォースの7枚目のアルバム! (C)RS

忌野清志郎 ロッ研ギターショー 愛蔵楽器写真集(Guitar Magazine)2017/3/15

イメージ
忌野清志郎 ロッ研ギターショー 愛蔵楽器写真集(Guitar Magazine)単行本(ソフトカバー)2017/3/15

内容紹介

愛蔵ギター&楽器から辿る新たな忌野清志郎ヒストリー

今なお数多くのアーティストに影響を与え続け、日常にその歌声が響き渡る日本を代表するミュージシャン、忌野清志郎。
あらゆる世代に愛される忌野清志郎サウンドを生み出してきたのが、ギター、ベース、ドラム、トランペットといった愛用の楽器たちである。
ステージで使用したテレキャスターやレス・ポールを始め、トランペット、フルート、法螺貝、あまり知られていないドラムやピアノに至るまで、総数150点以上に及ぶコレクションを完全公開するスペシャル写真集がついに登場します。
キズやシールあとなどの細部まで大きな写真で紹介。
スペックだけでなく、入手のいきさつ、レコーディングやライブでの思い出なども詳しく掲載しています。
楽器を大事にしていた生粋の音楽家としての側面にもスポットを当て、その魅力溢れるキャラクターを立体的に解説。
一緒に音楽を作ってきた盟友・仲井戸“CHABO"麗市氏、三宅伸治氏、さらにギターを管理していた現アムリタ・カスタム・ギターズ店長の山本キヨシ氏のコメントなども掲載。
貴重なスペシャル・グラフ、過去のインタビューの再掲載も見どころです。
楽器に刻まれた小さなキズや染みから見えてくる新たなる忌野清志郎ヒストリーをたっぷりと堪能してください。


フェンダー・エスクワイア(1963年)、ギブソン・レス・ポール・スタンダード58(1970年代初期)、ギブソン・トリニ・ロペス(1964年)、ギブソンES-340(1969年)、ギルド・ブルースバードM-75(1960年代後期)、ギブソン・ハミングバード(1970年)、ギブソンJ-200(1950年)、マーティンD-41(1972年)、マーティンD-28(1950年)、ナショナル・スタイルO(1930年代初期)、ギブソン・スーパー400(1949年)、ギブソンL-7C(1963年)、ギブソンEB-1(1968年)、ギブソン・スタイルFマンドリ(1920年代)、カマカ・テナー・ウクレレHF-38(2003年)、マーチン・アルト・サックス(1930年代)、ベヒシュタイン・アップライト・ピアノ、法螺貝、自転車、他、総数150点以上。

内…

草刈正雄、初フォトブック「草刈正雄FIRST PHOTO BOOK」が5月10日に発売!

イメージ
内容紹介

NHK大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸役で再ブレイクした俳優・草刈正雄。
芸歴47年にして初のフォトブックには、贅沢に撮り下ろした約100カットを掲載!
大人の色気漂うファッショングラビアには、ベストジーニスト受賞もうなずけるデニムパンツ姿、ダンディなスーツ姿、アクティブにテニスを楽しむ姿など、貴重なショットが満載。
もちろん『真田丸』名シーン写真も収録しています。
その他、ロングインタビュー、100の質問、幼少期プライベート写真……。
今まで見たことがない草刈正雄がここに!

草刈正雄FIRST PHOTO BOOKposted with カエレバ 草刈 正雄 双葉社 2017-05-10 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入

「永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995‐2017」増刷決定!

イメージ
文藝春秋は26日、今月21日に発売したビジュアル・スポーツ総合誌『Sports Graphic Number』の特別増刊号『永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995-2017』について、2刷3万部の増刷を決定したことを発表した。これで累計発行部数は20万部となった。

 フィギュアスケート・浅田選手の 21年間の競技人生を辿る特集号は、発売開始直後から書店、オンライン書店、コンビニともに売れ行き好調で売り切れが続出。ゴールデンウィーク前に初版17万部が完売する見通しとなり、雑誌としては異例の増刷を決定。Numberが重版するのは一昨年、2015年10月発売のラグビーW杯日本代表特別増刊『桜の凱歌。』以来となる。
『Number』浅田真央の特別増刊号が好調 売り切れ続出で異例の3万部増刷 | ORICON NEWS

Number5/5特別増刊号「永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995‐2017」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))posted with カエレバ 文藝春秋 2017-04-21 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入
内容紹介

永久保存版 浅田真央
MAO ASADA
ON THE ICE 1995-2017

4月10日に現役引退を発表した浅田真央選手。
その21年間におよぶフィギュアスケート人生の
全てが詰まった永久保存版の“ベストアルバム"です。
全84ページの誌面では、鮮烈な初優勝を果たした2005年GPファイナル、
銀メダルを獲得した2010年バンクーバー五輪、
そして世界中の感動を呼んだ2014年ソチ五輪を含めた
浅田真央選手の軌跡を、厳選した美しい写真と文章で振り返ります。
さらに浅田選手が尊敬したやまない先輩・伊藤みどりさん、
恩師のタチアナ・タラソワ、ローリー・ニコル、
盟友・鈴木明子さん、小塚崇彦さんらがNumberだけに寄せたメッセージ、
公式戦全記録と彼女が演じた全プログラムが一目で分かる完全年表など、
この特別増刊号でしか見られない記事が満載です。

「ROCK JET Vol.69」追悼チャック・ベリー&追悼かまやつひろし

イメージ
『ROCK JET Vol.69』はチャック・ベリー(Chuck Berry)追悼号。「チャック・ベリー ありがとう、ロックンロール!」と題して仲井戸麗市、鮎川 誠、延原達治等のインタビュー、全アルバム・ガイド、チャック・ベリーを様々な側面で語るコラムなどを掲載。かまやつひろし追悼記事もあり。4月26日発売
『ROCK JET Vol.69』はチャック・ベリー追悼号 - amass

ROCK JET (ロックジェット) VOL.69 (シンコー・ミュージックMOOK)posted with カエレバ シンコーミュージック 2017-04-26 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入
内容紹介

■[追悼]チャック・ベリー
ありがとう、ロックンロール!

●チャック・ベリー追悼インタヴュー
・仲井戸麗市
「どう考えたって、ロックンロールの起点はチャック・ベリーだよね」
・鮎川 誠
「ローリング・ストーンズ経由の〈カム・オン〉というイメージがまずあって、さらに、もうちょっとパンクよりな、スピード・アップした〈カム・オン〉をやりたいと思ってロケッツを結成したんです」
・延原達治
「チャック・ベリーの流れの中の人は、自分を表現したい、自分はこれをやりたい、というのがすごく強い。ローリング・ストーンズにしてもそうだね」
・真鍋崇(ザ・ニートビーツ)
「ロックンロールの全盛期は1956年だと思うんですね。1956年は〈ロール・オーヴァー・ベートーヴェン〉の年。ロールの年。まさに転がりだした年だと思います」
・伊東ミキオ
「ピアノが他の楽器と違うのは、違うリズムを合わせることができることです。そういうピアノがロック・バンドに入ると、バンドが転がり出す。ロールが生まれるんですね」
・大島治彦
「チャック・ベリーを聴くと、レコードでも、バンドのメンバーにガンガンぶつかっている気がします。だから、何回聴いても飽きないんだと思います」
・ダイナマイト★ナオキ
「自由だぜ、国境はないぜ、と言葉にするのは簡単だけど、チャック・ベリーは歌い、弾き、踊ることで、見えない壁を突破した」

●チャック・ベリー 全アルバム・ガイド

●チャック・ベリー 様々な側面
・ロックンロールの発明者、イントロの魔術師、カヴァーの達人、千両役者のエンタテイナー/山本慎也
・歩くロックンロール史、チャック・ベリー…

4月22日はカーペンターズの日!

イメージ
4月22日。ユニバーサルミュージックが制定。アメリカのポップスグループ、カーペンターズを記念する。日付はグループ名を「カーペンターズ」と改めて活動開始した1969年4月22日にちなむ。
カーペンターズの日とは - コトバンク

カーペンターズ (英: Carpenters) は、アメリカの兄妹ポップス・デュオ。楽器を兄のリチャードが受け持ち、ヴォーカルを妹カレンが担当。ロック全盛の1970年代において独自の音楽スタイルを貫き、大きな成功を収めた。1983年のカレンの死により活動を終えた。

代表曲に「遥かなる影」、「雨の日と月曜日は」、「スーパースター」、「イエスタデイ・ワンス・モア」、「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「プリーズ・ミスター・ポストマン」等がある。
カーペンターズ - Wikipedia


カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクションposted with カエレバ カーペンターズ ユニバーサルインターナショナル 2009-04-22 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入
青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズposted with カエレバ カーペンターズ ポリドール 1995-11-10 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入

“日本一速い男”星野一義のファンブック、4月25日(火)発売。

イメージ
“日本一速い男”星野一義のファンブック、4月25日(火)発売。|株式会社モーターマガジン社|プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

かつて“日本一速い男”と呼ばれ、かの名F1ドライバー・E.アーバインをして「日本にはHOSHINOがいる」と言わしめたレーシングレジェンド・星野一義。通算133勝、21の4輪タイトルを獲得――。まさに「走る闘魂」ともいうべき男の半生を、モーターマガジン社の貴重な資料をもとに描くスペシャルグラフです。
「日本にはHOSHINOがいる」とアーバインは言った--。
通算133勝、21の4輪タイトルを獲得--。
まさに、「走る闘魂」ともいうべきその半生を描くスペシャルグラフ。

かつて「日本一速い男」と呼ばれ、かのF1ドライバー E.アーバインをして「日本にはHOSHINOがいる」と言わしめた レーシングレジェンド「星野一義」。
今年7月1日で70歳を迎える、この稀代のドライバーの魅力を、その足跡を辿りつつ、“今"そして“これから"を、硬軟入り交えて解き明かす。
筆者には赤井邦彦氏をはじめ、大串 信氏ら豪華 モータースポーツライター陣を起用。

さらに、かつて別冊ホリデーオートで展開した懐かしの連載「星野インプレ」も収録。
フェアレディZ300ZX、ソアラ2800GT、RX-7、そしてハチロクにスカイラインRSターボC…'80年代初頭を彩った80'sスポーツの「日本一速い男」インプレを完全収録。
世代を問わず、すべての星野ファンに贈る珠玉の一冊。
HOSHINO Official Bookとしてお届けします。

星野一義 FANBOOK (Motor Magazine Mook)posted with カエレバ モーターマガジン社 2017-04-25 Amazonで購入 楽天市場で購入 7netで購入

Amazon

KAWAii mono tUMBLr 更新情報