【F1・決勝】2016 第4戦 ロシアGP(2016.5.1)

ロシア美女に囲まれていい感じのロズベルグ(メルセデス)

2016F1第4戦ロシアGP、決勝レースが5月1日(日)にソチ・オートドロームで開催。ニコ・ロズベルグ(メルセデス)がここロシアでも下位の混乱にも我関せず、堂々とトップを守りきり今期4連勝。昨シーズンから数えて7連勝目となった。


ロシアGPのスタートでまた遺恨が。7位からスタートのベッテル(フェラーリ)はクビアト(レッドブル)との二度の接触でオープニングラップでウォールに弾かれてしまった。怒りのベッテルは自らスクーターを運転、ピットに戻った後レッドブルオーナーのクリスチャン・ホーナーに抗議。関係ないとこでそのさらに下位ではヒュルケンベルグ(フォース・インディア)がマルチクラッシュに巻き込まれリタイヤに追い込まれていた。しかし、そんなのはどこ吹く風、悠々とトップを快走のロズベルグだった。


セバスチャン・ベッテル、追突のダニール・クビアトに激怒 【 F1-Gate.com 】
ダニール・クビアト、セバスチャン・ベッテルに謝罪も開き直り 【 F1-Gate.com 】

猛烈に追い上げる10位スタートのハミルトン(メルセデス)、だか終盤水温が上がりオーバーヒート。このまま走ってリタイヤするよりはいいと思ったか、いたわる走りに切り替え2位を守りきった。ポイント争いで後々このポイントが重要となって来る。

マクラーレン・ホンダ、今期最高位でフィニッシュ!アロンソが6位、バトンが10位で貴重なポイントを獲得した。走りも冴えていて他車としっかりバトルを展開出来ていた。

ロズベルグ優勝、ちょっと冴えない顔のハミルトンは2位、ライコネン(フェラーリ)が3位となった。

ロズベルグ、開幕4連勝! ハミルトンは問題を抱えながら2位。マクラーレンW入賞 | AUTO SPORT web(オートスポーツweb)
【順位結果】F1第4戦ロシアGP 決勝 | AUTO SPORT web(オートスポーツweb)

表彰式にはプーチン大統領も!

次戦、F1第5戦スペインGPは5月13日(金)〜15日(日)にカタロニア・サーキットで開催される。

KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿