2014年5月12日月曜日

コベック、PCとモバイルの両方のブラウザに対応したハイブリッドビューア搭載の「Wisebook 3.5」を提供開始

所謂インターネットブラウザ、近年のものはどんどんとモダン化が進み従来のものでは対応出来ないものが軽々と表現出来る様になっておりWEBデザイナーに取っても思う存分腕を振るえる環境が整いつつあると言えるのではないでしょうか。しかしPCとスマートデバイスの壁は依然として高いままと言えるのではないでしょうか。それぞれに表示出来るもの出来ないものが異なるというのも問題です。電子カタログなどではそういう問題は致命的とも言えるでしょう。そんな問題を解決したブラウザが提供されています。

コベックは、Wisebook3をバージョンアップしマルチデバイスに完全対応した電子カタログソリューション「Wisebook3.5」を本日5月12日より提供開始しています。

コベック、PCとモバイルの両方のブラウザに対応したハイブリッドビューア搭載の「Wisebook 3.5」を提供開始。

最大の特徴は、HTML5とFLASHのメリットを生かし、モバイルブラウザにはHTML5版を自動で振り分けし、PCブラウザにはFLASH版を振り分けるハイブリッドビューアということでしょう。これにより一回の変換操作でマルチデバイスに対応した電子カタログを簡単に制作・運用出来るという訳なんですね。電子カタログ作成者にとってはまたとないブラウザの誕生と言えそうですね。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

人気の投稿(過去7日間)