2014年5月12日月曜日

エヌシーアイ、ディメンションデータジャパンとクラウド事業のグローバル強化で提携

近年クラウドサービスの普及はめざましいものがあり、ありとあらゆるサービスがクラウド化されており一般にも当たり前の様に身近な存在になるのもそう遠い将来の話では無いでしょう。世界に置いてもそれは同様で、世界進出する企業に置いてももはやクラウドは切っても切れない存在となっているようです。

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村 八弘)のグループ会社であるエヌシーアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本 晃秀、以下、エヌシーアイ)は、ディメンションデータジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:望月 弘一、以下ディメンションデータ)と、海外へ進出する企業向けにクラウドと運用サービスを提供するため戦略的な業務提携に合意したことを本日発表したそうです。

エヌシーアイは、ディメンションデータの「OneCloud(TM)パートナープログラム」により、ASEANを中心に、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカに海外進出する企業を対象として海外クラウド拠点の提供を開始、一方、ディメンションデータは本提携により同社のお客様を対象にエヌシーアイの監視・運用代行サービス「Management Service Library」の販売を開始するのだそう。ディメンションデータの海外クラウド拠点「Managed Cloud Platform, Global Cloud Exchange」と、エヌシーアイが日本国内のデータセンターで提供しているプライベートクラウドサービス「ZETA Cloud Private」とはセキュアなネットワークで接続するそうなので、海外、日本国内両方のクラウドを一元管理できるほか、決済も一括となるため利便性も向上するとの事です。

海外進出をする企業の方は是非エヌシーアイのクラウドサービス導入の検討をされてみたらいかがでしょうか。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

人気の投稿(過去7日間)