2014年5月14日水曜日

今は儲かっているけど、ホントは怖くてたまらない君へ 年商1億超えの若手経営者以外は読まないで下さい!

年商1億円以上の若手経営者、と言うワードにどんなイメージを持たれるでしょうか。普通に、まぁ若いのに大したものですね、という素直な印象でしようか。それとも半ばやっかみに近い負のイメージを持たれる人もいるでしょうね。いったい何をしたらそんなに稼げるのか、何やらやましい事をしてるのでは?とか、中にはほんの一部には話を盛大に盛っている人も少なくないようですが、それはともかくとして。人間、ここで1億稼げるのだからさらにもっと上へ上へと目指そうとするのは当たり前ですよね。事業拡大などをしてさらに稼ごうとします。しかし今1億稼げたからと言って次もっと稼げるかと言うとそうとは限らなく、もしかしたら0になってしまうかも知れない。それがいちばん怖いのですが、それ思っていたところで何も出来ないと思います。でも、若手経営者は常にそういう危機感を持って毎日勤しんでいるのです。

「年商1億円以上の若手経営者以外は読まないでください 今は儲かっているけれど、ホントは怖くてたまらない君へ」というタイトルの書籍が講談社より発売になりました。

「今は儲かっているけど、ホントは怖くてたまらない君へ 年商1億超えの若手経営者以外は読まないで下さい! 」【出版記念】
2014年5月14日よりキャンペーンを開始します。

会社の規模拡大の際に多くの若手経営者が直面する「悩みの解決方法」をまとめた豊永貴士の著書だそうで、年商5億円に満たない中小企業が直面する「事業拡大の過程で陥りやすい罠」の解決策などについて語った書籍だそうです。この書籍の発売を記念して、企業経営を更に加速させるための『会社の広告費を3割カットする3つの特典』がプレゼントされるamazonキャンペーンを実施していますよ。

著者が自ら経験して来た事や実践して来た事が書かれているので信憑性はあるかと思われます。若手経営者で躓いている方は是非読まれてみてはいかがでしょうか。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

人気の投稿(過去7日間)