2014年4月17日木曜日

エヌシーアイ、脆弱性診断サービス「ZETA Security SiteScan」シリーズをリニューアル

インターネットに日々関わっていると常に付きまとう問題として所謂「脆弱性」の問題。ほぼ毎日至る所でどこかでシステム改ざん、サイト改ざん、パスワード漏洩、ウイルス感染などなど挙げればキリがありません。安全だと言われていたOpenSSLの脆弱性問題など記憶に新しいところでしょう。そしてユーザーにとってはWindows XPのサポート切れ問題も大いに関係あるところです。やむなくではあるのでしょうがいまだにXPを使い続けているのなんてとても信じられません。早めにOSを入れ替えるなりバージョンアップするなりした方がいいですよ。

さてそうしたシステム情報漏えいや改ざん事件などは、主に官公庁や大企業などはもとより、例えばセキュリティ対策を十分に行えていない中小企業を標的とした事件も多く発生しており社会問題となっているのは承知の通り。そこでウイルス診断やら脆弱性診断サービスなどを導入しているところも多いと思われます。

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村 八弘)のグループ会社であるエヌシーアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本 晃秀、以下、エヌシーアイ)は脆弱性診断サービス「ZETA Security SiteScan」シリーズをリニューアル。WebSiteScan、WebSiteScan Pro、SiteScan2.0 各サービスのコントロールパネルを統合して使いやすくなっています。WebSiteScanのメニューを拡充し、1URLにつき月額3万円にて診断回数が無制限となるプランが利用可能となっているところが嬉しいですね。システム関連でお悩みの企業の方は是非ご検討を下さい。

エヌシーアイ、脆弱性診断サービス「ZETA Security SiteScan」シリーズをリニューアル~Web脆弱性診断サービスの月額版メニューの追加でより幅広いお客様のニーズに対応~



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

人気の投稿(過去7日間)