2014年1月9日木曜日

土地付き・分譲型太陽光発電所【ソーラーフィールド】が、栃木県・兵庫県・和歌山県での販売を開始

太陽光発電が注目され始めて様々な土地に太陽光パネルを設置した太陽光発電設備が出来始めていますね。太陽光発電設備と土地をセットにした「ソーラーフィールド」なるものが販売され新たな土地活用として注目を浴び始めているようです。

「ソーラーフィールド」のしくみとは、太陽光によって発電された電力を、国の定める「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」に基づき、電力会社に売電するしくみです。「オーナー」は収益率の高い太陽光売電事業には気軽に参加が可能です。収益性が高く併せて長期的な安定収入が望めます。

分譲型太陽光発電システムを販売するアリア・デパートメント株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市 代表取締役:田中経丸)は2013年9月より太陽光発電設備と土地をセットにした【ソーラーフィールド】の全国販売を開始しています。

大好評!山梨県40区画完売!土地付き・分譲型太陽光発電所【ソーラーフィールド】<br>が、栃木県・兵庫県・和歌山県での販売を開始しました。

「ソーラーフィールド」の好評につき、栃木県、兵庫県、和歌山県での販売も2014年1月6日より販売開始しました。

充実した保守管理体制で様々なサポートも充実して安心。買戻し制度で事業を廃止する場合もサポートするそうなので安心ですね。

こういう「ソーラーフィールド」を初めとした太陽光発電普及の流れが全国に広がっていく事を楽しみにしています。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事