【スーパーGT・決勝】2016 第2戦 富士(2016.5.4)

2016スーパーGT第2戦、決勝レースが富士スピードウェイで開催された。


GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-R(松田次生/R・クインタレッリ)が優勝、開幕から2連勝をあげた。GT300クラスはB-MAX GT-R(星野一樹/J.マーデンボロー)が今期初優勝となった。


決勝日5月4日の天候は事前だと雨の予定だったが、雨は夜中から明け方にかけて降ってしまい、日中は初夏を思わせる様な雲ひとつない晴天に恵まれた。レーススタート時には路面温度40度という事でタイヤやエンジンなどへの負担も懸念された。

午後2時にフォーメーションラップ開始、スタートはGT500、GT300ともに大きな波乱も無く皆スムースにスタートした。110周500kmという長丁場のレース、中盤までは殆ど波乱も無く静かなレースになるかなと思ったが、やはりレースは最後の最後まで何があるか分からない。中盤のRAYBRIG NSX CONCEPT-GTのタイヤバーストによる車体カウルの破損による部品散乱によりセーフティカー導入。ここからレースが動き出す。

2番手走行のS Road GT-RはSC中ガソリンが持たずやむなくピットイン。変わって2番手に上がったZENT CERUMO RC FもSC解除再スタート直後にガス欠でストップ。そして最大の山場、終盤カルソニックGT-RとMOTUL AUTECH GT-Rの首位争い中、カルソニックGT-R不運のタイヤバースト!後部カウルをバラバラにしてコース脇にストップしてしまう。座り込んで泣き崩れてしまうオリベイラが気の毒だが、これもレース。首位を奪ったMOTUL AUTECH GT-Rが開幕から2連勝となった。2位にDENSO KOBELCO SARD RC F、コバライネンは日本では初表彰台となった。3位にKeePer TOM'S RC Fと、レクサス勢が意外にも健闘していた。

SGT第2戦富士:残り3周でまさかの波乱、MOTULがまさかの2連勝 | AUTO SPORT web(オートスポーツweb)


GT300クラスも熾烈な争い。序盤はARTA BMW M6がトップを、ピットイン後はB-MAX GT-Rが逆転。そしてなかなか粘るVivaC 86、終盤はこれらのトップ3争いが加熱。結果B-MAX GT-Rが今期初優勝。ARTA BMW M6は惜しくも2位だったが今季初表彰台ゲット。そしてVivaC 86といったトップ3となった。

SGT第2戦富士:GT300はB-MAX GT-Rが逃げ切り優勝。終盤の2位争いはARTA M6が制す | AUTO SPORT web(オートスポーツweb)

RAYBRIG NSX CONCEPT-GTのタイヤバースト!


カルソニックGT-Rのタイヤバースト!


コース脇で座り込み泣き崩れ、寝込んでしまう?J-P.デ・オリベイラ


タイミングアプリを見ている?スマホをいじるJ.マーデンボロー。なんとなくF1のルイス・ハミルトンに格好が似ている。


吼える星野一義監督!


【順位結果】スーパーGT第2戦富士 決勝レース結果 (500&300) | AUTO SPORT web(オートスポーツweb)

スーパーGTオートポリス戦は中止が決定。代替はいずれかのラウンドで2レース制か | AUTO SPORT web(オートスポーツweb)
5月21・22日開催予定だったSGTオートポリス戦は中止が決定。代替え案として8月の富士、もしくは最終戦のもてぎで2レースが有力との事。

という事で、次戦のスーパーGTは7月23日・24日のスポーツランドSUGO。真夏のスーパーGT、3連戦をお楽しみに。

KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿