歯医者さんの水はこんなに危険!?読売新聞の衝撃的な記事!

ご覧のみなさんの中で歯医者に通われている方は多いと思います。たとえ何も無くても日頃の歯のメンテナンスは大事ですよね。その歯医者についてちょっとショッキングな記事が出てました。まずはこの新聞記事を見てみて下さい。



去年の読売新聞夕刊からの記事ですが、『歯科治療・水に細菌』機器に滞留し増殖、という記事が出ています。

何の事かというと、歯科のユニットチェアの下には水が流れる様に配管されているのを見た事があると思うのですが、通常そこを流れている水を使って歯を削ったりうがいをしたりするのですね。しかしその水を使用していない場合(例えば夜中とか使用してない場合)その水は流れずに滞留されているのです。実はその配管に溜まった水が多くの細菌が繁殖して増殖している。そんな水で治療が行われている現実を記事にしています。

記事の内容はなるほどショッキングなものですが、体には細菌から身を守る免疫機能が備わっている為、こうした水が体内に入っても問題を起こす事は少ないという事も書かれています。しかし高齢者や幼児など免疫機能があまり強くないものがその汚染された水で感染する危険性もあるのです。

歯科医院側はこういった配管に対する除菌対応は早急に行うべきなのでは、と思いますけど、記事を読み進めて行くと、そういった水の配管に対する意識があまり十分ではないという事が伺えます。

日頃お世話になる事も多い歯医者さんですが、今回の様な記事を読むと実はその治療する時やうがいする為の水が…といった事を初めて知ったので驚いています。そういった事を知らない人も多いのではないでしょうか。みなさんも是非一度今回の記事を読んでみて欲しい所です。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの情報です。

KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿