【予選結果】2015 スーパーフォーミュラ 第7戦 鈴鹿(2015.11.7)

2015年スーパーフォーミュラもいよいよ最終戦・鈴鹿。このレースで今季のスーパーフォーミュラ・チャンピオンシップ全てが決まるので否応無しに気合いが入りますね。

2015年シーズンでスーパーフォーミュラへのタイヤ供給を終了するブリヂストンへ、『ありがとう! ブリヂストン』寄せ書きフラッグが掲げられている。

11月7日(土)に公式予選が行われた。Q1からQ3までのノックアウト方式だが、2レース制の最終戦は、Q1のみの結果でRace1のスターティンググリッドが、Q1〜Q3までの総合結果でRace2のグリッドが決められる。

全車でタイムを出す予選Q1でポールを獲得したアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)。8日(日)午前中に行われる決勝Race1でのポールスタートだ。

チェッカーに向けてアタックが行われていく中、タイムシート上位では山本尚貴(TEAM無限)を上回って石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が1分38秒392のタイムでトップに浮上。その後、ジェームス・ロシター(KONDO RACING)が石浦と同タイムで2番手に続くも、そのタイムを上回ってきたのがロッテラー。1分38秒354と刻み、ロッテラーがレース1のポールポジションを獲得することになった。

2番手に石浦、3番手にロシターが続き、4番手に並つけたのは小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)。折り返しの時点で17番手だった一貴は5番手となった。他車のタイムアップによって後退した山本だが、6番手でホンダ陣営の最上位。チャンピオン獲得の可能性を残すジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)が7番手に続いた。

引用元:SF予選:王者争い混沌、ロッテラー&山本がPP獲得 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


上位8台で行われる予選Q3。最終的にポールを獲得したのが山本尚貴(TEAM無限)。午後に行われる決勝Race2のポールスタートを決める。

渾身のアタックを見せて1分37秒963で首位に踊り出たのが、開幕戦の鈴鹿でもPPを獲得した山本。この日唯一の1分37秒台をマークしてレース2のPPを決め、「開幕戦はPP獲りましたがスタートで失敗して、最後はエンジンブローもあったので、気を引き締め直して明日は頑張りたいです。ホンダのホームコースでPPを獲れたこと、そしてブリヂストンタイヤの最後の予選でPPを獲ることができて、本当に光栄に思います」とマシンを降りた直後に喜びを語った。

2番手にはロッテラー、3番手に野尻が続き、一貴が4番手に。可夢偉、オリベイラと続き、ポイントリーダーの石浦は7番となった。8番手には国本が続いている。

引用元:SF予選:王者争い混沌、ロッテラー&山本がPP獲得 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 予選結果 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)
スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 フリー走行結果 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

SF王者候補4人が合同会見「実質、差はない」 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿