【決勝】2015 スーパーフォーミュラ 第5戦 オートポリス(2015.9.13)

今季初優勝の中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)。マシンの上で喜びを爆発させる。

日本国内最高峰フォーミュラレース「スーパーフォーミュラ」2015年シーズンも第5戦目。ここ大分県のオートポリスでスーパーフォーミュラ決勝レースが9月13日(日)に行われた。

スタートでポールの石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)と小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)が牽制し合う傍らを抜けていった中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)が危なげない走りで優勝をもぎ取った。後半、石浦と中嶋が接近する場面もあったが遂に最後まで抜く事は無かった。表彰台3位をなんとか確保した小林だが、長めの給油での20秒のピットストップが響いた。

極端な話、今回のレースはスタートが全てだったと言っても過言ではないだろう。スタートで駆け抜けていった中嶋の、レース終了までタイヤを保たせる走りの安定感は流石と言っていい。

全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦オートポリスは13日、54周の決勝レースが行われ、ランキングリーダーの石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)との接近戦を制した中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)が今季初勝利を挙げた。

 決勝日も青空の覗く天候となったオートポリス。気温20度、路面温度27度というコンディションで、15時からレース開始となった。スタートでは、3番グリッドの一貴が好スタートを決めてホールショット。2番手には順位キープで小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)が続き、ポールシッターの石浦は3番手で1コーナーを抜けていった。

引用元:SF:一貴が石浦との接近戦を制して今季初勝利 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)は今季2度目の表彰台。石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)は2位で着実にポイントを重ね、ランキング首位を守る。

スーパーフォーミュラ第5戦AP 決勝レース結果 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

次戦第6戦スーパーフォーミュラはSUGOにて10月17日・18日に開催される。


2015 全日本選手権SUPER FORMULA 第5戦 決勝ダイジェスト - YouTube

KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿