【決勝】フォーミュラE 第11戦(最終戦) イギリス・ロンドンePrix(2015.6.28)

フォーミュラE初年度2014-2015シーズンのワールドチャンピオンにネルソン・ピケJr.!ブエミとは得点差わずか1点という僅差だった。

フォーミュラE第11戦は6月28日(日)、イギリス・ロンドンのバタシーパーク内の特設コースで行われた。2014年9月より中国・北京から始まったフォーミュラEは全11戦という長いシーズンを経て、遂に初年度のワールドチャンピオンがこの地にて決定する。

表彰台の優勝サム・バード(ヴァージン)、2位ジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン)、3位ロイック・デュバル(ドラゴン)。

公式予選のポールはステファン・サラザン(ベンチュリ)。決勝でもそのまま2位以下の追撃を振り切ってトップでゴールしたが、エネルギー残量のペナルティを受けてしまいレースタイムに49秒加算するペナルティが課せられて15位となる。繰り上がって優勝はサム・バード(ヴァージン)。セバスチャン・ブエミ(e.ダムス・ルノー)は5位、ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・アプト)は6位、ネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)が7位に入り、ブエミとはわずか1点差でピケJr.がワールドチャンピオンの座に輝いた。

最後まで目を離せない、激しいバトルが続いたフォーミュラE第1シーズンの最終戦。レースを制したのはサム・バード(ヴァージン)だったが、初代チャンピオンには予選で雨に祟られたせいで16番グリッドに沈んだものの、そこから7位にまで挽回したネルソン・ピケJr.が輝いた。前日に行われた第10戦で勝利を収めたセバスチャン・ブエミ(e.ダムス・ルノー)は、5位でゴールしたものの、僅か1ポイントの差で涙を呑んだ。もうひとりタイトルの可能性を残していたルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・アプト)は6位、山本左近はリタイアに終わっている。

引用元:FE最終戦レポート:僅か1ポイント。劇的な決着 - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


FE最終戦決勝結果:ピケが7位で初代王者に - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

フォーミュラE:最終ポイントランキング - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

1コーナーのダンプが一晩のうちに修復され、決勝レースは通常のスタンディング・スタートとなった。しかしこの狭いコースとシケインで、とにかく皆攻めるレースが見応えのあるレースとなった。

この様に見た目はかなり派手なレース展開がこれからも期待されるフォーミュラEだが、レギュレーションの周知がこれからより必要になってくるかと思われる。特に一見さんにとってあまり複雑怪奇な到底理解出来ない様なルールにしないで、出来るだけすぐ理解出来る様なシンプルなルールにするのが好ましい。テレビ観戦の人用に画面表示も正確な、それでいて出来るだけ分かりやすいものにする事も必要かと。

決勝はトゥルーリと絡んでリタイアの山本左近。フリー走行、予選そして決勝と全てクラッシュで終えてしまって、一体何をしに来たのだ。

フォーミュラE最終戦ロンドン予選結果 - 海外フォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿