【決勝】2015 スーパーフォーミュラ 第1戦 鈴鹿(2015.4.19)

三重県・鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ2015年シーズン開幕戦。決勝レースは、4月19日午後3時よりスタートした。

スタートダッシュに成功したPETRONAS TEAM TOM’Sの2台が早くも1-2体制を築くとほぼそのままの状態でゴールしてしまった。ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)の誰も寄せ付けない完璧な走り、スタートに失敗し追いすがる山本尚貴(TEAM無限)をものともしなかった中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)、そして嬉しい表彰台のカーティケヤン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が今回のトップ3だった。最終ラップで白煙を上げる山本尚貴(TEAM無限)のマシン、ガス欠でストップしてしまうロシター(KONDO RACING)と、最終ラップでドラマが次から次へと起こる。最後まで何が起こるか分からない展開だった。


全日本選手権スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿は19日、43周の決勝レースが行われ、好スタートで首位を奪った予選3番手のアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)が優勝を飾った。スーパーフォーミュラ“デビュー戦”とっなた小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)は、9位完走を果たしている。

 午前の走行はダンプコンディションとなった決勝日の鈴鹿だったが、その後、全日本F3や2輪の走行を経て路面は完全にドライへ。薄曇りのもと集まった2万8000人の観客の前で、15時から43周のレースが始まった。

引用元:波乱の開幕戦をロッテラーが制す! 可夢偉は9位完走 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)


スタートを決め、そのままトップを誰にも譲らずにゴールしてしまったアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)。

スタートこそ失敗してしまったものの最終的に3位ゴールで表彰台ゲットのナレイン・カーティケヤン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。

2015年度からスーパーフォーミュラに参戦の小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)、初戦は残念ながら思い切ったタイヤ作戦もふるわず9位完走。

ポールポジションの山本尚貴(TEAM無限)はスタート失敗、しかし最後まで中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)を追いかけていたが、最終ラップにエンジンが息絶えてしまい白煙を上げる。

スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿 決勝レース結果 - スーパーフォーミュラニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

KAWAii mono tUMBLr 更新情報

人気の投稿